>
[Amazon] どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集
どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集で自分のブログにレビューを書く

どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集

おすすめ!3.5 [3.5](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:大型本
  • Amazonランキング:257831位
  • Amazon価格:¥ 4,104
  • ユーズド価格:¥ 2,765
  • ISBN/ASIN:4763011308(求龍堂)
どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.5 [3.5]

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 「現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス展」に行って来ました。 「アントニオ・ロペス展」公式サイト http://www.antonio-lopez.jp/ Bunkamuraザ・ミュ… このレビューの続きを見る

六本木ヒルズADギャラリーで開催中の 「巧術2.52」に行って来ました。 レントゲンヴェルケの池内務氏キュレーションによる展覧会「巧術」が、馬喰町ラディウムで開催された「巧術2.51」に続き六本木ヒルズ… このレビューの続きを見る

ひさしぶりに欲しいと思った画集。 表題でもある連作の三番目、表紙の女性が髑髏と濃厚な接吻を交わしつつどこも見ていない絵がとても好き。 この方の絵は血なまぐさいようなそうでもないような。血の匂いというよりは、夥しく流され尽くした血がその場にとどまり半固形になっているような手触りを感じて、つまり嗅覚ではなく触覚が刺激されている。

久しぶりにこういった絵画作品集で衝動買いをしてしまった。。。個人的にこの人の作品を見て思うのはまるで「ザ・ワールド」で時を止められたかのような、また、空間を切っとったかのような空気感を感じる。絵の精… このレビューの続きを見る

関連する商品