>
[Amazon] センター前ヒット センター試験でコケない68の法則

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

センター前ヒット センター試験でコケない68の法則
センター前ヒット センター試験でコケない68の法則で自分のブログにレビューを書く

センター前ヒット センター試験でコケない68の法則

3 [3](52件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:225401位
  • Amazon価格:¥ 1,296
  • ユーズド価格:¥ 492
  • ISBN/ASIN:4771110093(高陵社書店)
センター前ヒット センター試験でコケない68の法則のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(52件) 3 [3]

 笠見未央(2014)『センター前ヒット――センター試験でコケない68の法則』(高陵社書店)を読了。ららぽーと海老名で買ったものだが、大概はららぽーと海老名のフードコートで読めたが、まあ間髪入れずに読める読… このレビューの続きを見る

私は3冊本を出してきた。おおむね好評で迎えられたが、悪い評価ももちろん少なからずあった。 ここでは私の本が受けた批判について、1冊につき1つずつ、簡単に答えておきたい。     『… このレビューの続きを見る

  東大志望の生徒ユウイチが、        模試でいつものように高偏差値を出す    タカヒロ先生が、結果をほめる 先生「ユウイチ、君は勉強よくできるねえ。すごいなあ」 生… このレビューの続きを見る

■「吾輩は猫である」を英語に訳せるか?   私は中2の授業で悪戯心を起こし、黒板に”吾輩は猫である”と書き、英訳して下さいと指示した。 どう反応してくるか。 予想した通り、一人の… このレビューの続きを見る

難関進学校は課題が少なく、普通の進学校は課題が多い 難関進学校、つまり東大や京大に1年間で10人以上の合格者を出している高校は概して課題が少ない。生徒を信用し自主性に任せている。自由な環境のため、難関… このレビューの続きを見る

繊細すぎると、進学校でつらい思いをする。 特に中高一貫生の、大人しいタイプの男の子は、ドロップアウトしやすい。 中学受験で、小学生の時にクラスメイトの数百倍勉強したが、難関中学に入れば勝手が違う。小… このレビューの続きを見る

本屋さんには「ビリギャル」のような、突然勉強にめざめ、成績がどん底から急上昇する本が積んである。「大逆転」「下剋上」という派手なタイトルが目に飛び込んでくる。 しかし現実には、真面目に課題をこなし暗… このレビューの続きを見る

2月3日午後1時、私立中学の合格発表だ。 中学受験に落ちた時、親子はどんな心境になるのか? 合格発表に直接足を運んで、自分の受験番号がない時、5分間ぐらいは意識が真っ白になり朦朧とする。記憶が飛ぶ… このレビューの続きを見る

私が小学校教育を受けたのは広島県。 日教組が強いところだ。   被爆地なので平和教育も盛んで、部落解放同盟の勢力も強く、狭山事件を題材にした人権学習もたびたび行われていた。   自分… このレビューの続きを見る

英語ができる受験生が、センター英語で「こける」原因は、他の科目に気が回り過ぎ、英語が勉強不足になるからだ。 センター2ヶ月前になると、理科社会の勉強に比重がかかる。 実は、理科社会という暗記教科の… このレビューの続きを見る

センター試験後には、成績を踏まえた、先生と親と本人をまじえた三者面談がある。2次の出願先を決める「人生決定会議」である。 高校の先生は過去のデータを持ち出し、余命を宣告する医者のように、客観的に志望… このレビューの続きを見る

センターで失敗した時、2次で挽回できるか、判断の決め手になるのは唯一「文章力」だ。 2次試験は「文章力」勝負だ。英語は和訳に要約に英作文、数学は途中経過と式、国語は論述と、2次試験はたっぷり書く力が… このレビューの続きを見る

センター試験は全国区の戦いである。超難関校から普通の高校まで、いろんな立場の高校生が受験する。 だが悲しいことに、超難関校の生徒がどんな勉強をしているか、全国の高校生は知らない。センター試験勉強のス… このレビューの続きを見る

『センター前ヒット』は勉強法の本である。 だけど勉強法の本は、和田秀樹氏がもはや極めつくしてしまった。大学受験勉強法に積んである本の半分は和田氏の本である。両も質も圧倒的で、何を書いても和田秀樹に… このレビューの続きを見る

マカオから香港に戻った3日目の昼は「九記」の牛バラ麺の予定。 香港で一番うまい麺、いや日本のラーメンを含めても、最高の麺の1つと言っても過言でないくらいの、丼ごと食べて… このレビューの続きを見る

マカオ・世界遺産セナド広場近くの路地 2日目はフェリーでマカオに移動。 マカオの夕食は店選びに苦労した。5泊のうちマカオは1泊だけ。マカオの料理を食べる機会は1日だけしかない。 マカオは… このレビューの続きを見る

マカオ「リスボアホテル」のカジノ 深セン駅。2年前に地下鉄が誕生 2年前に撮った広州の電話スタンド 携帯の普及で、今回の旅行では電話スタンドは見つからなかった 塾生の大学1年生、大阪大学… このレビューの続きを見る

9月1日、私とコウタロウは大喧嘩した。 原因は遅刻だった。   コウタロウは9月1日、塾に17時に来る予定だった。早朝からのアメフト練習終了後、岡山駅から新幹線で来ることになっていた。 アメフト… このレビューの続きを見る

いよいよ登場、北京ダック。 アヒルの脂が白い皿に滴っているのが、お分かりいただけるだろう。 欣圖軒の北京ダックは予約制。私も前もってメールで予約しておいた。 北京ダックは人工的に肥ら… このレビューの続きを見る

上海の代表料理。紅燒元蹄 「九記」で牛バラ麺を食べ損なったあと、タクシーで湾仔の「香港老上海飯店」に移動して、上海料理を食べに行く。 「上海料理」とはどんな料理か"Wikipedia"で調… このレビューの続きを見る

深セン。右が深セン駅、正面が香港との「国境」の建物 左が羅湖商業城 中国の経済特区・深センへ行ってきた。深センは香港から電車で50分。 もちろん香港はイギリスから返還されたので、香港も… このレビューの続きを見る

インターコンチネンタルホテルのバー。ガラス越しに香港の夜景 写真ではよく伝わらず恐縮だが、未来都市のような絶景 麻生首相が通っている、東京のどんなバーにも負けない景色 私は民主党支持者だが、麻生首… このレビューの続きを見る

香港・ランガムプレイス・オフィスタワー 汚い下町に忽然と現われる、近代的ビル 香港のホテルはどこにしようか迷った。すごく迷った。 私一人なら安宿でもいいが、初香港のK君やD君に、いきなり… このレビューの続きを見る

香港・ハッピーバレー競馬場 ビクトリアピークで、100万ドルの夜景に感激した。ここはいつもながら凄い。K君とD君に香港で一番見せたかった景色だ。2人とも感動してくれた。よかった。 私は海外… このレビューの続きを見る

滿福樓の「蜜汁叉燒」 香港・マカオでも「ミシュラン」が発売された。残念ながら、今回の旅行で訪れたレストランの中で、星を得たレストランはなかった。 香港のレストランの層の厚さを思い知らされると… このレビューの続きを見る

香港に着いて最初の食事は「羅富記粥麺専家」で中国粥とワンタン麺。ここはお粥とワンタン麺の専門店。中国粥とワンタン麺こそ、香港の日常食の2大巨頭である。 実はK君とD君が、香港の中国粥とワンタ… このレビューの続きを見る

「蒜茸蒸海中蝦」中エビのニンニク蒸し ニンニクは魔法の野菜である。韓国の焼肉も、イタリアのペペロンチーノのようなガーリック系のパスタも、ニンニクの偉大さが際立つ食べ物である。 焼肉屋やイタリア料… このレビューの続きを見る

『センター前ヒット』の国語の章で、私は現代文への重い門戸を開こうとした。 現代文が苦手な人は難しい本を読まない。現代文の参考書なんて、いちばん忌み嫌うタイプの本だ。必然的に現代文の参考書は、現代文が… このレビューの続きを見る

センター試験の勉強法を読んでいると、手あかがついた常套句が多い。 「きちんとノートを見ておこう」 「しっかりメモを取る習慣をつけよう」 「ちゃんと知識を整理するよう心がけよう」 「きちんと」「し… このレビューの続きを見る

『センター前ヒット』の数学の章は、数学が苦手な受験生に向けて書いた。 いきなり本音を書くが、数学は才能である。 数学が苦手な受験生と、難関高校のトップレベルの生徒は、そこらのオッサンとノーベル賞学… このレビューの続きを見る

私の塾では、センター対策で、社会に取りかかる時期が遅い。 2次試験に社会が課される東大・京大。一橋など難関大学は別にして、他塾の生徒が7月・8月から社会に時間を取るのとは対照的に、うちの塾生は夏に社会に… このレビューの続きを見る

センター英語の長文問題は、満点が当たり前だそうだ。 むかしTwitterで、塾生のセンターの長文で伸び悩んでいると愚痴ったら、難関私学に通う高校生から「長文問題満点は当たり前」と返された嫌な思い出がある。 … このレビューの続きを見る

「塾をやめてください」 私は塾講師として2度、親に退塾を告げたことがある。 1回目は、素行不良の女子中学生に対してだった。夏休みに髪を金髪に染めてきたので、「その髪型では塾に入れない」と叱って帰した… このレビューの続きを見る

小5後半からガクンと成績が落ちる子供がいる。 今日はそんな子供についての話。 1年に数回、なぜか私のところに家庭教師の依頼が来る。 「今大手塾に通っていますが、成績が伸びません。小3から塾に通わせ… このレビューの続きを見る

新刊『センター前ヒット センターでコケない68の法則』の目次を掲載する。センター直前の受験生の悩みのツボをつく項目をズラッと並べた。 「この本があったから合格できた!」と感謝される内容だと自負してい… このレビューの続きを見る

コウタロウはイギリスのロンドンから電車で1時間半、カンタベリーのケント大学にいる。 留学期間は2014年4月から1年。ちょうど10月で中間地点を過ぎた頃である。 彼は知的刺激を熟成する閑静な環境で学んでいる。… このレビューの続きを見る

コウタロウはアメフトという、青春を賭けられる宝を見つけた。 しかし私はコウタロウの現状を頼もしく思う一方で、一橋大学を不合格にしたことへの慙愧の念が日増しに強くなった。私が見込んで、6年間手塩にかけ… このレビューの続きを見る

萩という町がある。 かつて松下村塾があり、幕末の志士を生んだ萩は、古い町並みが現存し、高杉晋作が生きていた150年前にタイムスリップしても、あまり変化はないと思わせるたたずまいを見せる。武家屋敷の土塀が… このレビューの続きを見る

うちの塾は小さな塾だ。だから、塾長の私と生徒の結びつきが強い。高校卒業して大学生・社会人になっても交流がある塾生は多い。コウタロウも勿論その一人だった。 しかもコウタロウとは、時々会って「コウタロウ… このレビューの続きを見る

わが塾の生徒で、岡山大学法学部1年コウタロウの軌跡を書いた記事です。 初めての方は、以下のバックナンバーに目を通してから、本編をご覧ください。 (1)私の理想の生徒http://usjuku.jugem.jp/?eid=1335&nbs… このレビューの続きを見る

コウタロウは単語を暗記し続けた。2000語を2週間で暗記しなければ、大学生なのに髪をバッサリ刈られる。こんな恐ろしい塾から普通の若者は逃げるが、コウタロウは逃げるどころかガッツリ食らいついてきた。 アメ… このレビューの続きを見る

新しい本『センター前ヒット センターでコケない68の法則』を10月29日に発売することになった。 センター試験の受験生が直前に読んで「この本に出会ってよかった」と思える本だと、強く自負する。 ところ… このレビューの続きを見る

私はクラシック音楽が好きで、特にオーケストラとピアノ曲をよく聴くが、授業と指揮はよく似ていると思う。 指揮者も教師も統率力が求められ、目の前のたくさんの人間を言葉や指揮棒でコントロールしなければなら… このレビューの続きを見る

教師は、生徒を絶対に信用してはならぬ。 といっても、生徒が教師を裏切るとか、生徒に対して常に疑心暗鬼を持ち続けろとか、そんな深い陰険な意味ではなくて、生徒の記憶力を信用してはならぬ、という意味である… このレビューの続きを見る

いったい、先生1・生徒2の、1対2の個別指導というのはどうなのだろうか。 講師も生徒も、やりにくくないか。 たとえば、1人は勉強ができる素直で真面目な子、1人は勉強が苦手な子、それに講師3人の小さな空間… このレビューの続きを見る

確率は数学とは別科目のようなポジションで、独立王国のような存在だ。だから確率だけ苦手な人もいれば、確率だけできる人もいる。 ということは、確率が苦手でも解き方にめざめれば、一気に征服できる可能性が強… このレビューの続きを見る

短期間で英語整序問題対策、内容・分量ともにおススメ 英語の整序問題(整序英作文)を出題する大学が増えてきた。 センターでも、関関同立(同志社は除いて)でもよく出題される。 整序問題とは、たとえばこ… このレビューの続きを見る

英作文が大好きになる、たった100の例文 竹岡広信は文章が上手い 竹岡広信氏は、いわずと知れた「ドラゴン桜」の英語教師のモデルである。 「ドラゴン・イングリッシュ」は竹岡氏の代表作で、短い英文を10… このレビューの続きを見る

いまさら誰もが絶賛している「DUO」について語るのは野暮な気もするが、「DUO」は評判になるだけあって、素晴らしい本である。単なる英単語・英熟語集の範疇を超え、また無味乾燥な基本例文集でもない、現代… このレビューの続きを見る

アレルギーとアトピー 実はコウタロウ君は、生まれた時から極めて重度の食物アレルギーだ。それに加えアトピー皮膚炎を患っている。コウタロウ君が食べられるものは限られ、反応を起こすと腹を下し、最悪の場合… このレビューの続きを見る

1年後に受験を控えた、小4から塾生のK君は、私が高校部を開くことを決意し、最初の広告を入れた日の朝に、真っ先に馳せ参じてくれ、いっしょに大学受験を戦うことになりました。 K君は都会の高校生のよう… このレビューの続きを見る

岡山大学アメリカンフットボール部BADGERSのプリンス 背番号7 コウタロウシリーズ最終回。コウタロウ自身が書いた文章を掲載する。前回コウタロウが書いた、高3の大学受験編はここに掲載している。今回はコ… このレビューの続きを見る