DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか - トーマス ギロビッチ のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生ま...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)
人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)で自分のブログにレビューを書く

人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:154711位
  • Amazon価格:¥ 3,132
  • ユーズド価格:¥ 686
  • ISBN/ASIN:4788504480(新曜社)
人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

単行本: 356ページ 出版社: 新曜社 (1993/06) ISBN-10: 4788504480 ISBN-13: 978-4788504486 発売日: 1993/06 商品の寸法: 19 x 13.8 x 3 cm

世の中の迷信、誤信があまりに多い。 実際には他に原因があることさえも まったく違う因果関係をつくってしまうのはなぜか? 人間してしまう思い込みの強さを 数々のエピソードから分析整理していて とても分かりやすい一冊。 「思い込み」の恐ろしさに気づきます。

勝間さんおススメの本。値段が高いが内容も最高な内容。超能力や定説、デタラメ療法やジンクスなどを検証する。読んで損は無いどころか、絶対に読んだ方がイイ。

人間がいかに迷信や誤信をしてしまうのかということを多くの事例で解説している本です。 何もないところに何かを見ようとしたり、思い込みが激しいのは、人間が持ったあやうさの1つだと思いますが、この本を読むと、人間ってなんて不確定な生き物なんだと思えてしまいます。

えせ健康法、宗教、誤ったデータ、スポーツ新聞の見出し、 誇大広告などをなぜ信じてしまうのか? ということについて書かれています。 期待や先入観を持ったうえでデータを読み取ると、 結果が捻じ曲げられ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 人はいとも簡単に騙されるのはなぜか、ということを、 論理的に、そしてユーモアをもって説明してくれた。 自問すべきこと ・「2x2分割の他の3つの部分は?」(選択しなかった選択肢を選択… このレビューの続きを見る

関連する商品