>
[Amazon] [テメレア戦記] I 気高き王家の翼

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

[テメレア戦記] I 気高き王家の翼
[テメレア戦記] I 気高き王家の翼で自分のブログにレビューを書く

[テメレア戦記] I 気高き王家の翼

おすすめ!3.8 [3.8](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:707640位
  • 定価:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 18
  • ISBN/ASIN:4789732266(ヴィレッジブックス)
[テメレア戦記] I 気高き王家の翼のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.8 [3.8]

JUGEMテーマ:読書  ★★★★(4/5) あらすじ テメレア―それは誉れ高きドラゴン。 漆黒の翼はためかせ、この世に舞い降りた。 清廉なる海軍将校ローレンスと深き絆を結びしその竜は、高貴なる血がため、苛烈… このレビューの続きを見る

3.8

奥多摩の桜

18:16:By ニクキュウ手帖

 今年は海外小説の当たり年なのか、面白い作品に巡り合えることが多いようです。翻訳ものの歴史ファンタジーは初めてでしたが、舞台となる近代欧州の歴史が頭に入っていればもっと面白く感じると思います。歴… このレビューの続きを見る

今年も学童の「そうめん大会+かき氷」が開催されました。参加者数は、たぶん100名超えていたような……。三男の保育園のクラス委員会と日程が重なったために、親子で遊ぶことは出来ず仕舞いでしたが、そうめん1… このレビューの続きを見る

内容紹介 時は19世紀初頭、ナポレオン戦争のさなか。当時、空中戦にはドラゴンが使われていた。 主人公「テメレア」は、世界でも数頭しか存在しない、皇族のみが騎乗を許される希少種のドラゴン。 孵化寸前、フ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ナポレオン戦争の時代を舞台とした、ファンタジー小説。ドラゴンとその乗り手の関係性を常に強調している。 現実世界の戦争に、もしドラゴンが使われていたら?という設定も面白いが、きっと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 1ヶ月くらい前に読んだのですが、感想忘れてました。 期待して読みましたが、熱中する所までは行かず、と言った感じですか。 あれだけの知性を持ったドラゴンが敵方とはいえ同志と死闘を… このレビューの続きを見る

舞台は19世紀初頭のヨーロッパ。フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトは、全欧州の覇権を握るべく、最大の敵国であるイギリス侵攻の機会をうかがっていた。 そんな緊張状態の最中、ウィル・ローレンス率いる英国艦… このレビューの続きを見る

あっという間に読んじゃった 物語はナポレオン全盛期の頃、英国とフランスの両国が対立する中に始まります。 戦いは海軍、空軍によって編成されています。その空軍が使う空飛ぶ乗り物が、飛行機ではなく、ドラゴ… このレビューの続きを見る

というわけで何とか読み終えました、昨日、というか今日の朝3時まで掛かって。途中でどうにも焦点が合わなくなってくる自分の目に苛つきながら、一冊の小説に3日も掛かってしまうのはなんだか悔しい気がして頑張り… このレビューの続きを見る

関連する商品