>
[Amazon] リバーズ・エッジ (Wonderland comics)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

リバーズ・エッジ (Wonderland comics)
リバーズ・エッジ (Wonderland comics)で自分のブログにレビューを書く

リバーズ・エッジ

おすすめ!3.6 [3.6](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:49614位
  • ユーズド価格:¥ 830
  • ISBN/ASIN:4796616691(宝島社)
リバーズ・エッジ (Wonderland comics)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.6 [3.6]

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

 友達に借りて読んだのですが、すっごく良かった。後味も良くないし、正しくもないし、どうしようもないけど、読み終わった後に残る沢山のきもちわるさと少しの愛しさ。私の心に確かに何かが残る感じ。私も購… このレビューの続きを見る

 

車窓から、どこに焦点を合わせるでも無く、言うなれば空気を、ずーっとぼーっと眺めていて、日本は東から西まで、おしなべて、平坦。やっぱり、平坦な戦場なんだと思った。それだって、視点ひとつで、変わる景色ではあるのだけれども。

 1か月ぶりに更新したと思ったら今更こんなベタな傑作を持ってくる、ってちょっと恥ずかしいんだけど久しぶりに読み返したらすごく琴線に触れてしまったので。高校生かなんかの頃に読んだときは全然良さが解ら… このレビューの続きを見る

たしか17くらいの時クラスのちょっと不良っぽいやつから借りて授業中に読んだのが初めて。なので、内容も相まって自分の中で青春(ほぼなかったけど)の一冊といえばなんとなくこれな感じ。当時は山田くんにかなり… このレビューの続きを見る

昔読んだ時は重く感じて苦手だった。 意味も分からなかった。 今、読んでみると昔よりもよく分かる。 よかった。 JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

 過食をしても、そこそこの量であれば吐き切るために使うエネルギーも時間もその日一日を台無しにしてしまうほどではないかもしれない。だけど私は、それこそ胃が破裂しそうになるまで食べるのを止められない… このレビューの続きを見る

岡崎京子さんのおはなしは へらへらしていて かなしいけどかなしくなくて とってもフツ−で そこがとってもすきなのですが リバ−ズ・エッジは中身が表面にでてきちゃったかんじがしたから すごくすきとはいえないけ… このレビューの続きを見る

 岡崎京子の最高傑作と言えばこの『リバーズ・エッジ』というのは間違いないようですが、それだけにこの作品は様々な観点からの解釈がネット上にたくさん存在しております。確かにと思うものもあれば、そうかなぁ… このレビューの続きを見る

気温32度。先週に比べて、それほど下がっているわけでもない、のだけれど、お盆を過ぎてから突然、そこから何かが抜かれてしまったような気がするのだ。夏姿の季節の、内側で何か一つ、失われたような。あるいは、… このレビューの続きを見る

傑作ぞろいと言われる岡崎京子作品のなかでも、 誰もが「代表作」と言い切る作品。 90年代はじめの「都会」に生きる高校生たちの姿を描く。 久しぶりに読み返してみたら、やはりすごかったです。 むちゃく… このレビューの続きを見る

対象を最も引き立てるためには、対極のものを側に置けばいい。 たとえば、白を引き立てたいとするならば効果的に黒を使うとか。 それと同じように、肉体的な絶頂期にある自らの「生」を、精神的には未成熟である… このレビューの続きを見る

 「もしかしてもうあたしは  すでに死んでて  でもそれを知らずに  生きてんのかなぁと思った」 広くゆっくりと澱み、臭い河。その河を跨ぐ橋の上に、この作品のキーワードが何度も繰り返される。実… このレビューの続きを見る

わたし達の住んでいる街には 河が流れていて それはもう河口にほど近く 広くゆっくりとよどみ、臭い かわらにある地上げされたままの場所には セイタカアワダチソウが おいしげっていて よくネコの死骸が… このレビューの続きを見る

関連する商品