DB Error: connect failed 四日間の奇蹟 - 浅倉 卓弥 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 四日間の奇蹟 (宝島社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

四日間の奇蹟 (宝島社文庫)
四日間の奇蹟 (宝島社文庫)で自分のブログにレビューを書く

四日間の奇蹟

おすすめ!4 [4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:172385位
  • Amazon価格:¥ 745
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796638431(宝島社)
四日間の奇蹟 (宝島社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 4 [4]

4

四日間の奇跡

23:06:By 小説の名残

JUGEMテーマ:小説全般  小説を買い始めるきっかけになった本です。 僕の本の選び方は結構独特で 周りに同じ選び方をしてる人が少ないんですけど。 その選び方になったのもこの四日間の奇跡という本の影響が… このレビューの続きを見る

第1回「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作品である浅倉卓弥著の「四日間の奇跡」を読みました。 知的障害を持った少女千織と、千織の両親が殺された事件で左手薬指を失ってもうピアノが弾けなくなった悲しき… このレビューの続きを見る

四日間の奇蹟

13:21:By 受賞本

 四日間の奇蹟  著者 : 浅倉卓弥  受賞歴 : 第1回「このミステリーがすごい!」大賞 受賞

第1回『このミステリーがすごい!』大賞の金賞受賞作品ということで、「ミステリ」なのかなと思っていたのですが、ミステリというよりはどちらかというとSFに近いような内容。でも、SFというのともちょっと違い、別… このレビューの続きを見る

   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 夢を断たれたピアニストと哀しい過去を引きずる療養所の女性職員、そして脳に障害を持つ少女が織り成す愛の奇蹟を描いたファンタジー。  ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ やっと読み終わった〜´`; 敬… このレビューの続きを見る

『4日間の奇跡』 2003年発売 著者:朝倉卓弥 ●あらすじ 20代半ばの元ピアニストの男と15歳の言葉が片言のピアノを弾く女の子は二人で、各地の施設でピアノを弾いてまわっていた。 男は左手の… このレビューの続きを見る

これも小樽の古本屋で見つけた代物です。半額くらいかな 偶然家に映画のDVDがあって、暇つぶしに見たのですがものすごくいいなぁと思っていた作品だったので、原作で読めてよかったです 読みながら映画を思い浮… このレビューの続きを見る

浅倉卓弥

四日間の奇蹟 浅倉 卓弥 基本的に再読しない私が再読してみましたシリーズそのよん 笑 まあ最初の4ページくらいで内容も結末も全部思い出してしまったんですが、それでもやっぱりすごく好きだったー さらさ… このレビューの続きを見る

この本は私の感想どうのというより、とにかく皆さんにお薦めしたい本です。 奇跡な物語っていうだけで、感動物だと思うのはちょっと浅いです。 これは違うのです。 文庫化もされたので、是非読んでみてね。 今日から映画も公開ですね。 見に行きたい〜 ランキング参加しています。 よかったら↓ぽちっとお願いします。

魂が入れ替わってしまうお話。 最初の方はやや単調かなーと思ったんですが。 後半部分はけっこうよかったです。

ファンタジーでしたね・・ 不覚にも朝の電車の中で うるっと きてしまって・・ その日は、なぜか晴れ晴れとした気持ちで 仕事が出来ました! しかし、このお話の中で使われる テーマ?っていうのかな … このレビューの続きを見る

4

#4 四日間の奇蹟

21:52:By

 某有名作家の小説とおなじ話だけれど、私はこっちのほうが好きだ。説明をすべて会話の中に入れてしまうのを随分強引だなと思ったけれど、実際には誰かから話を聞いているのだからこっちのほうがリアルか、と思い直した。真理子のキャラクターがちょっと鬱陶しくもあるけれど、彼女に語らせるしか方法がないから仕方ない。最後は2人とも助かればいいのにと思ったけれど希望のある結末でよかった。

関連する商品