>
[Amazon] そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)
そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)で自分のブログにレビューを書く

そのケータイはXX(エクスクロス)で

3.2 [3.2](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:505507位
  • Amazon価格:¥ 853
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796640967(宝島社)
そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.2 [3.2]

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 旅行で訪れた山奥の温泉地、そこは怪しい村だった―。 女子大生しよりと愛子を次々に襲う恐怖の事件。 今すぐ脱出しなければ片目、片腕、片脚を奪われ、“生き神”とし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 失恋の傷を癒そうと温泉旅行に誘われたしより。 そこは、とんでもない村だった。 未知の相手の言葉を信用すべきか否か! 疑心暗鬼の中、しよりは一体誰を信じるのか!! すごね、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  積ん読にしたままでいるうちに、映画化されて、番外編まで出てしまい ました。映画を観に行くかもしれないので、予備知識として読んでおくこ とにしました。それにしても、『魔境伝… このレビューの続きを見る

映画になるらしく、その宣伝をテレビで見て興味を持った。 コンビニで売っていたので買ってみた。 読んでみた感想はなかなか面白かった。 エンターテイメントだなと思う。 どこに執着するのだろうという興味で… このレビューの続きを見る

彼氏と別れ傷心旅行に来たしよりと愛子。 その村では「生き神」伝説と言うものがあり、 しよりは次の「生き神」として村人に狙われ逃げ惑い、 愛子は仕事の同僚に命を狙われ逃げる。 それぞれ2人の視点から物語は展開し、物語はエクスクロスのように交錯する。 謎が謎を呼び、それは疑心が疑心を生み 何を信じてよいのかわからなくなるそんな物語。

活字中毒の波がやってきました。 やっぱり秋って読書の秋なのかな。 久々にホラー小説。 何でもそう。 追いかけられる時の心理って怖い。 この主人公は訳あって 村人たちに追いかけられるんだけど、 … このレビューの続きを見る

付き合っていた男性が二股をかけていると知って、別れてしまったしおり。 彼女は最近知り合った友人愛子の誘いに乗って、山奥の温泉へと傷心旅行に向かった。 不気味な温泉村。 薄気味悪く無愛想な村人達。 そ… このレビューの続きを見る

・・・「インパクト」という点で、この著者に勝てる本はなかなかないと思う。 『このミステリーがすごい!大賞』第1回隠し玉(どんな賞よ?)の、 「そのケータイはXX(エクスクロス)で」が、なんと映画化決定… このレビューの続きを見る

スピード感たっぷりでしたね。 いろんな方が評しているように, マンガ感覚なのです。 とくに戦闘シーンの描写がおおく 細かい! 読んでいて, みんな怪しくて 誰がだましてるの〜〜〜と 読みふけっちゃいました。

関連する商品