DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ナイチンゲールの沈黙 - 海堂 尊 のレビュー全62件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ナイチンゲールの沈黙

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ナイチンゲールの沈黙
ナイチンゲールの沈黙で自分のブログにレビューを書く

ナイチンゲールの沈黙

3.2 [3.2](62件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:345120位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796654755(宝島社)
ナイチンゲールの沈黙のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(62件) 3.2 [3.2]

ナイチンゲールが歌うとき、真実が暴かれる。 『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊 先日テレビで映画「ジェネラルルージュの凱旋」をやっていて、 そういえばバチスタシリーズの最終巻が本屋に並んでたなーと思… このレビューの続きを見る

  言っておきますけど、この小説を読む前にシリーズの元となる チーム・バチスタの栄光読んでね。 この本先に読んだらおもしろさが半減しますよ。 バチスタ読んだ人なら、この小説の解説なんていらないでし… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 不定愁訴外来担当の田口のもとに、網膜芽腫になり、目を摘出しなければならなくなった子供たちがやってくることになった。彼らのメンタルケアを担当するのだ。ただ、それだけならばまだ良かっ… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタ シリーズ2冊目 シリーズって、言ってもいいよね? 多分…。 バチスタの時と違って、犯人(?)が最初の方から予測できました。 それでも、おもしろかったです。 私の様に、ショタ属性のある腐の… このレビューの続きを見る

■まぁ要は全然進んでないよ(お手上げ侍 土日で多少復活 しかし…未だにゼミのことが気がかりでならない。いや、例の「レジュメ貸して」もだけど…なんか嫌な予感が…なんかまた発表回ってくるんじゃね?っていう順… このレビューの続きを見る

 「ナイチンゲールの沈黙」  海堂尊 著 ----------------------------------------------------

3.2

田口・白鳥シリーズ

08:00:By B*C

一歩踏み入れるととんでもない。チーム・バチスタをきっかけに、田口・白鳥シリーズはもちろん、あっという間に海堂尊を読破してしまうことになる。とっかかりはチーム・バチスタを気に入るかどうか。そこをクリアすればすんなり。 『イノセント・ゲリラの祝祭』、作者は実はこういうものをてっとりばやくやりたかったのかな。

JUGEMテーマ:読書 <あらすじ> 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書ナイチンゲールの沈黙東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜担当は、眼球に発生する癌一網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子どもたち眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心… このレビューの続きを見る

どうしても、「チームバチスタの栄光」と比べてしまいますが、 私はこれはこれで面白かった。 ミステリーというより、ファンタジー要素が強いような。 歌で映像を伝えるとか、本当ならスゴイことだと思うんだけど… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ   東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。 担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。 眼球を摘出されて… このレビューの続きを見る

3.2

10冊目。

10:48:By ただの日記

 

Novel;2

23:40:By D.D.

 ジェネラル・ルージュの凱旋を読んで感じた「?」は巻末のオマケ解説にあった物語の時系列を示した表を見て発覚。

『チーム・バチスタの栄光』は 映画を観たので、 原作を読まずに、こちらから手に取ってみた。 小説原作の映画が最近多いけれど、 どちらか、しか、触れないな。 小説だけ、か、映画だけ。 あらすじ知って… このレビューの続きを見る

意外にもトンデモな内容だった。 面白かったけど。

今更ですが、『チーム・バチスタの栄光』を読み、 そのおもしろさにはまりました 1週間で4冊。 海堂尊さんの本を読みまくってます。 キャラの立ち方もおもしろいし、 東城大学医学部を中心とした世界を、色ん… このレビューの続きを見る

相変わらず、キャラがものすごく立ってます。この方の本は。 前回の「チームバチスタの栄光」とはガラリと雰囲気を変えて、小児科病棟でのお話で、しかも病院外で殺人事件がおきます。 犯人がどうの、の問題… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「チーム・バチスタの栄光」のバチスタシリーズ第2弾「ナイチンゲールの沈黙」を読みました。やはり、おもしろいです。

 

第二段。思えばこんなにはまってしまうなんて夢にも思いませんでしたよ。誰が予言したでしょうか?そら授業そっちのけで話してるわけだ。 さてさて。今回は白鳥が出張った場面が少なく、(それが茉莉には物足りな… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院、小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は眼球を摘出される子供たち。秘めた能力を持った彼女の歌が、後に起きる事件の秘密を解くキーワードに、田口と白鳥も加わり思いもかけない展開を見せ… このレビューの続きを見る

ナイチンゲールの沈黙 著者/海堂尊 網膜芽種――レティノブラストーマ。小児に発生する眼球の癌で、治療方法は眼球摘出だ。術前のレティノ患者の精神的負担を和らげるため、不定愁訴外来の田口は二人の少年を診… このレビューの続きを見る

「チームバチスタの栄光」の続編・・・と言っても舞台と登場人物が同じで違う話。 田口先生と白鳥さんのシリーズ第二弾。 ずっしりと重い単行本で、読み応えありました〜。 なかなか面白かった。 医療現場が舞台な… このレビューの続きを見る

   「チーム・バチスタの栄光」に続く田口・白鳥シリーズ第2弾。 前作よりもまどろっこしい気がした。 多少イライラするくらい事件が始まるまでが長い! 登場人物は多いし、漢字や専門用語が多くて読みにくい!が、気になってどんどん読んでしまう。 結末は、どうも違和感と納得いかない点もあるけど、まぁ〜こんなもんかな。 氷姫がいつ登場するのか気になるからシリーズは読み続けるだろうな。

おもしろかった…!! 「チームバチスタの栄光」を読んだ時は続編が出るとは全く思ってなかったけど。 登場人物が一回で終わってしまう人たちだと思ってた。 すみません、田口先生! でも今回は新しくいろんな人た… このレビューの続きを見る

3.2

ナイチンゲールの沈黙

23:04:By Sign

歌を聴いて何か画像が頭の中に浮かぶことってありますか?

なんつーか、全体的に中途半端な感じが。 小夜の能力についてもそうだけど 最後の安易な展開はどうなのよ とちょっと思った。

JUGEMテーマ:日記・一般  『バチスタ〜』と比較してしまう。なんだか途中まで読んでたら、ひょっとして?と 犯人が予想できてしまって・・・・。ずるして最後のほうを読んでしまった。それで やっぱし・・・・と思ったら読み進める気が失せてきた。面白い部分もあるんだけど、 全体を通して考えると『バチスタ〜』のようなスピードが感じられない。もう一作読んで みようかな?とは思う。

バチスタの続編が出ていたのは知っていましたが、文庫が出るまでは・・と思ったら出てました♪しかし、タイミングよくハードカバーで借りちゃったので、購入は延期。初めてバチスタを読んだ衝撃の記憶もまだ新しいま… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 第4回『このミス』大賞受賞作、25万部突破のベストセラー『チーム・バチスタの栄光』に続くメディカル・エンターテインメント第2弾! バチスタ・スキャンダルから9ヵ月後、愚痴外来田… このレビューの続きを見る

Amazon.co.jp ウィジェット 映画化された『チーム・バチスタの栄光』の作者によるメディカル・エンターテイメント第2弾。 読んでいるうちになんとなく犯人の見当がついてしまうのですが、 読み始めると止… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  海堂尊著『ナイチンゲールの沈黙』を読了。  ようやく図書館で巡り会えたのでかっさらって――もとい、借りてきました。  東城大医学部付属病院小児科の看護師・浜田小夜が受け持つ患者の中… このレビューの続きを見る

まだ途中ですが この本もオススメの1冊です。 チームバチスタの〜  続編なんですが 作者 海堂 尊先生が、ますますのってきたようです。 暇があれば一気に読んでしまいたい本です。 JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/5/11〜2008/5/13 [表紙折り返しより] 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタ〜」で活躍、田口・白鳥のシリーズの第2弾です。 色々なところで見ていた通り、「バチスタ〜」よりはミステリーとしてのインパクトは薄かったです。新しいキャラクターが多い分、ストーリーは散漫になった印象がありました。その分、田口の同期、島津や速水、白鳥の同期・警察庁の加納と出向先の部下・玉村など、個性的なキャラクター 満載で、キャラの勢いで読みきったと言う感じです。

ネタバレかなぁ。 泣きながら一気に読みました!! ウソです なんかねぇ、今回の登場人物はじれったいの。 なんかあの電脳紙芝居男。 あいつもそこ気付よ!!って言うくらい疎い。 ソレ… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポート… このレビューの続きを見る

『チームバチスタの栄光』の読み応えに甚く満足をしたので(過去ログ)、早速シリーズのその次『ナイチンゲールの沈黙』をamazonでクリクリッ。 読み終えて解ったことには、これはちっともどこにも「本格」という修… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタの栄光」の続編。 レティノという眼球を摘出しなければ治らない癌におかされた子供と小児病棟を舞台に、不定愁訴外来の田口と厚生省の白鳥が再び謎解きに。 という内容だが・・・・無理に続編… このレビューの続きを見る

ナイチンゲールの沈黙

11:11:By

チームバチスタの著者の第2作です。 これを読む前にジェネラル・ルージュを読んだので あぁ・・・そういうことね。 ここにつながるのね。 そんなことを感じつつ読む。 途中で展開のまどろこさにいらいら… このレビューの続きを見る

読了。 田口&白鳥シリーズ。 - - - 「メディカル」より「ファンタジー」な感じがしたのと 前作が面白かったことを含め、某作品を彷彿とさせたキャラクターの名称があったり 謎にグイグイ引きこまれる! って感じではなかったので星ふたつ。 - - - しかしジェネラルが格好良かったので次作の 「ジェネラル・ルージュの凱旋」は読むしかない。

1月9日読了。 まんまとはまってしまった2作目。 こうなることがわかっていたから1作目は文庫になるまで待っていたのに、 2作目は我慢ができませんでした。 ハードカバーは高くて場所をとるんだってば!! … このレビューの続きを見る

「チムバチスタの栄光」のシリーズ…みたいな。 これは結構最初から事件がありそうな雰囲気で。 おもしろいし、ほかのも読んでいきたいなぁとは思うんですけどね。 それはミステリとしての「読みたい」で… このレビューの続きを見る

あらすじ 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 チーム・バチスタと同じく文庫を待とうと思っていた本ですが、 古本やで半額だったので確保。 でも期待しずぎた感がありますね〜 看護師が主役だったら、もっと看護師ならではの視点が… このレビューの続きを見る

去年か、おととしか…… このミス1位「チームバチスタの栄光」の続編。 ちなみに、チームバチスタの栄光は来年映画になるとか。 とりいそぎ。感想はのちほど。 http://tkj.jp/kaidou/ 以下、追記(12/20) … このレビューの続きを見る

3.2

ナイチンゲールの沈黙

23:34:By

JUGEMテーマ:読書 チームバチスタがおもしろかったから買ってみた。単行本は好きじゃないけど。 うーん、チームバチスタほどおもしろくなかった・・・。 歌が脳波を制御して、歌い手が思ってることが見えるって、 もう素人にはわからない世界でした。 3作目もあるらしいが買おうかどうか・・・ 一方、映画は来年2月9日封切りのようで! これはおもしろそうです。

ナイチンゲールの沈黙

15:10:By Days

チーム・バチスタの栄光 の続編。 おもしろすぎる。次もあるので、ちょっと時間をおいて読みたい。

《あらすじ》 東城大学の付属病院小児科病棟には眼球に発生する癌で入院している子供たちがいた。この患者を担当する看護師・浜田小夜は、人気シンガー水落冴子のシークレット・ライブに行ったことから、倒れた冴… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。 担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。 眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、 子供たちのメンタ… このレビューの続きを見る

再び登場!東城大学付属病院に勤務する田口医師、そして「火喰い鳥」・白鳥。 バラバラ殺人事件を解決。 どうしてここまでバラバラにしなければならないのなかぁと ちょっとだけ 疑問。動機も判るような判らないような・・・ 作者は 現役の勤務医。さすが! 医療現場は表現がリアル。

出版社 / 著者からの内容紹介 第4回『このミス』大賞受賞作、25万部突破のベストセラー『チーム・バチスタの栄光』に続くメディカル・エンターテインメント第2弾! バチスタ・スキャンダルから9ヵ月後、愚痴外来田… このレビューの続きを見る

チームバチスタ、第2弾。 ファンタジー要素有。 犯人が誰かとか、どういういきさつで事件が起こったか? というよりも小夜の歌声の秘密は何なんだ?ということのほうが 気になった。 前作も思いましたが、白鳥さんが出てくると主人公がボヤける気がします。

こんばんはー(・∀・) この本は、病院の本屋さんにて購入しました。 海堂尊さんの本は読んだこと無かったんですけど、 表紙とタイトルに惹かれてしまいまして…(´∀`* “東城大学医学部付属病院・小児科病… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポート… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタの栄光」につぐシリーズ2弾め。 「チーム・バチスタ」は、ばりばりの医療ミステリー。現役の医師が書いてるだけあって医学用語が沢山出てきて、お話もそういう感じ。 だけど、この「ナイチン… このレビューの続きを見る

小児科病棟に勤務する看護師浜田小夜は、眼球の摘出をしなければならない子どもたちメンタルケアのため、不定愁訴外来・田口公平のもとを訪れる。 タイトルからしておもいきりネタバレなのはいいんだろうか…。 … このレビューの続きを見る

東城大学医学部付病院・小児科に勤務する浜田小夜。 担当は、眼球に発生する癌――網膜麦腫(レティノブラストーマ)の子供たち。 眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルヘルス… このレビューの続きを見る

―愚痴外来田口&ロジカル・モンスター白鳥コンビが帰ってきた!― 執筆ペース速すぎませんかのシリーズ第二巻! とはいっても、でたのは結構前なんですが読むのをダラダラと延ばしてしまい、ようやく読み終わりま… このレビューの続きを見る

まぁまぁなんじゃないのぉ? 期待せずに読んだのでそれなりに楽しめました。昭和の漫画を読んでいるようなこっぱずかしさと、病院の躍動感は今回もいい魅力になっているのではないかしら。 冷静に読み直せば(最初に読むときは常に興奮状態である)いろいろと突っ込みどころはある。以下ネタばれで。

関連する商品