DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ジェネラル・ルージュの凱旋 - 海堂 尊 のレビュー全59件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ジェネラル・ルージュの凱旋

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ジェネラル・ルージュの凱旋
ジェネラル・ルージュの凱旋で自分のブログにレビューを書く

ジェネラル・ルージュの凱旋

おすすめ!3.6 [3.6](59件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:94822位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796657541(宝島社)
ジェネラル・ルージュの凱旋のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(59件) 3.6 [3.6]

【海堂尊 宝島社】 ナイチンゲールに登場した、ジェネラルこと速水が主役。 田口&白鳥シリーズって書いてるけどこれはもう間違いなく、将軍が持ってった。 ついでにいうと、ついにミステリーじゃなくなった… このレビューの続きを見る

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009) 監督: 中村義洋 原作: 海堂尊 音楽: 佐藤直紀 出演: 竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子 テレビドラマの方で見ていたため、だいたいのストーリーがわかってし… このレビューの続きを見る

彼は人かそれとも神か。 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 海堂尊 海堂作品を読むきっかけとなった映画の原作です^^ やっぱり速水先生かっこいい!笑 時間軸は前作、『ナイチンゲールの沈黙』と同じです… このレビューの続きを見る

時系列的には、「チーム・バチスタの栄光」の直後の物語のはず・・・ なのに、まさかの読み残し! 最新に近いものばかり読んでいて、 久しぶりに初期の方の作品を読むと、非常に新鮮。 医療の現状は相変わら… このレビューの続きを見る

 流行りものはそれなりにいいから流行ると思っていますが、バチスタは出遅れた感があって手を出していませんでした。(友達からも絶対はまるから、って言われてたのに)普段私が読む本よりは、ノリは軽め、で… このレビューの続きを見る

  チーム・バチスタの栄光のシリーズだから、先にバチスタ読んでくださいね。 じゃないとおもしろさは半減ですよ。 「ナイチンゲールの沈黙」はあまり社会性がなかったのに対して、本書は、救急医療と病院の… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】不定愁訴外来担当の医者であり、リスクマネジメント委員長でもある田口のもとに、内部告発の文書が届いた。内容は、旧迷宮センター部長の速水晃一が特定の業者と癒着しているというのだ。内容が… このレビューの続きを見る

これはいろいろな意味で、非常に僕のツボにはまった小説でした。まず、この小説が扱っているのが救急医療の問題で、この本の主人公速水が推し進めようとしているのがドクターヘリ。これは、昔仕事で消防の立場から… このレビューの続きを見る

将軍、らしく

22:58:By log-0

ふいに気になって借りてきた「ジェネラル・ルージュの凱旋」(海堂尊・著)を読み終えた。個人的に、医療と推理が融合したこういった類の話を読むのは恐らく初めて。舞台が病院で、登場してくる人物のほとんどが医… このレビューの続きを見る

■「あいつは主役にしかなれない男だ」※by主役 もうこの読了後に絵を描くのが恒例行事になりつつある(需要のないことに全力 とりあえず精神的にも今日は色々疲れたし明日は急遽バイトの面接(?)入れられたの… このレビューの続きを見る

田口・白鳥シリーズ3作目。 やっぱこのシリーズおもしろいなぁ。 驚いたのが、2作目とほぼ同時進行だったということ。 あの事件の裏でこんなことになってたとはね。 そして驚いたことがもう一つ。氷姫の登場。 イ… このレビューの続きを見る

3.6

田口・白鳥シリーズ

08:00:By B*C

一歩踏み入れるととんでもない。チーム・バチスタをきっかけに、田口・白鳥シリーズはもちろん、あっという間に海堂尊を読破してしまうことになる。とっかかりはチーム・バチスタを気に入るかどうか。そこをクリアすればすんなり。 『イノセント・ゲリラの祝祭』、作者は実はこういうものをてっとりばやくやりたかったのかな。

JUGEMテーマ:読書

   バチスタ、ナイチンゲールに続くこの「ジェネラル・ルージュの凱旋」は救命救急センターが舞台。 面白いのはナイチンゲールと並行した時間枠のストーリーってこと。 ナイチンゲールを読み返したくなった… このレビューの続きを見る

久々に、本でも読もうということで、今話題の?海堂尊の本を一気読みしました、1日1冊くらいのペースで。(笑) まあ、今更ってーいわれそうですが。(笑) 読んだ本は、以下の4作。 ・チーム・バチスタの栄… このレビューの続きを見る

 今、映画してます「ジェネラルルージュの凱旋」図書館で予約してたのですが、タイミングよく手元に届きました。速水かっこいいです。映画では、好きな俳優さんの一人である、堺雅人さんがキャスティングされ… このレビューの続きを見る

ずっと気になっていて、やっと本を手に入れ、読み始めている。 前作同様、あっという間に読み終わりそう。。 でも、映画となると、やっぱり原作と違って、原作の方が面白い、となる傾向に私の感覚ではあるのだけれども、でも、映画は絶対に見ようと思う作品。 テンプレを変えてみたのだけれども、写真までスキンがかかっちゃってる。。。 直すのはめんどくさいので、暫くはこのままで。。。

3.6

血まみれ将軍

12:15:By 調整中。

 映画を見に行きたくて行きたくてたまらないのですが、どうしても見に行けないので、『ジュネラル・ルージュの凱旋』の原作を読みました。 チームバチスタすら読んで居ないのですが、自分が想像していたより… このレビューの続きを見る

速水先生と聞いて。 『チーム・バチスタの栄光』のほうが面白い。話に入り込めなかった。『ナイチンゲールの沈黙』を読んでいないせいか? 気が向いたら読んでみようかなあ…… 文章が薄い。同じ表現が何度も出てきて目に付いた。 にしても速水部長かっこよすぎだろww

『ナイチンゲールの沈黙』と同時並行で 起こった事件。 『ナイチンゲール・・・』の場面もちらほらと 書かれていて、面白い読み方ができる。 内容は、断然こちらのほうが面白い。 医療の現場にいる者、 事務方、第三者、 いろんな立場の人間の言い分や。 現場にいる人でなければ書けない世界。 これからどう広がっていくのか、 次回作にまたまた期待。。

ジェネラル・ルージュの凱旋 著者/海堂尊 田口先生は「ナイチンゲール」の裏でさらに忙しかった。 「ナイチンゲールの沈黙」と同時期に東城大学医学部付属病院で発覚した問題。救急救命センター部長・速水… このレビューの続きを見る

そこまで深くないといえば深くないが、 エンターテイメントとしては最高。久々のヒットだ。 これはバチスタシリーズの二作目「ナイチンゲールの沈黙」と 時系列が並行して進んでいる。裏になっていて、時々両作品… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 さて、ミーハーな私は 話題作が大好き。 有名なモノには一通り手を付けたいんです。 人の部屋に合ったこの本を勝手に読み始めました。 前作の「チーム・バチスタの栄光」面白かったで… このレビューの続きを見る

今更ですが、『チーム・バチスタの栄光』を読み、 そのおもしろさにはまりました 1週間で4冊。 海堂尊さんの本を読みまくってます。 キャラの立ち方もおもしろいし、 東城大学医学部を中心とした世界を、色ん… このレビューの続きを見る

病院の関係した殺人事件シリーズかと思ったら 普通に病院の話だった。 前作のナイチンゲール沈黙と同じ時間で行なわれた話なので 前作読んだらすぐ読むべきでした。 先生の名前が始めはちんぷんかんぷんで 損… このレビューの続きを見る

田口・白鳥シリーズ第3弾。茉莉は結構おもしろかったと思いますよ。ただ、残念なのは思いのほか田口・白鳥が活躍してなかったこと。(まぁね、バチスタと比べたらね。)速水や佐藤ちゃん(佐藤ちゃんが好きになった!… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 第4回『このミス』大賞&28万部突破『チーム・バチスタの栄光』、15万部突破『ナイチンゲールの沈黙』に続く田口・白鳥コンビ最新刊。

目標:海堂作品全読破。 いちおうこれは昨年の内に読み終わってました。一室に閉じこもってなにをやってるのかと思っていた将軍速水。最後は潔かったです。カッコいいです。これが現実だったらどうなん?ていう… このレビューの続きを見る

最初に書いた作品より読みやすいのは当たり前にしても、バチスタよりもかなり面白かった。好みの問題もあるかもしれないけど。 今回は犯人探しと言っても、ほとんど最初から答えが出てるので、むしろそのやり取りや… このレビューの続きを見る

「ジェネラル・ルージュの凱旋」読了。 結局。 文庫化されるのが待ち切れずに買っちまったい。 「ナイチンゲールの沈黙」よりは。 納得して読めました。 「チーム・バチスタ」の次に。 これが映画化され… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」の続編。 順番通りに読み進めてきたので、ばっちりです。 ナイチンゲールの沈黙と同時進行で進められているこのお話、「あぁ〜、あの場面の裏では・・・ね。」… このレビューの続きを見る

★★★★☆ バチスタシリーズ第三弾。 救急センターを中心とした小説。 おりしも、ある妊婦さんがたらいまわしに された挙句亡くなってしまった、そんな事故が 現実にあり、ニュースになっていたので なおさらのめりこんでいった。 この本に登場する、速水医師のような、 使命感に燃える医師に出会ってみたい そう思わせられた一冊だった。

1月23日

20:14:By まかろぐ。

読了。 シリーズ3作目。

『チーム・バチスタの栄光』ドラマの放送が始まりましたね。 映画のほうは、「そのうちテレビで放送するよね・・」と考えて見ていないのですが、 ドラマのほうは、「犯人は原作と違うらしい」という言葉につられて… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 第4回『このミス』大賞受賞作&28万部突破の『チーム・バチスタの栄光』、15万部のベストセラー『ナイチンゲールの沈黙』に続く、大人気・田口&白鳥シリーズ第3弾の舞台は、救命救急センター。 医療問題、収賄事件、大災害パニック…あらゆる要素がつまった、 シリーズ最高傑作のメディカル・エンターテインメント!

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/9/26〜2008/9/28 [カバー折り返し部分より] 桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読了。  バチスタスキャンダルから九ヶ月。東城大医学部付属病院に伝説の歌姫が緊急入院した 頃、田口に匿名の内部告発書が届いていた。そこには… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 第4回『このミス』大賞受賞作&28万部突破の『チーム・バチスタの栄光』、15万部のベストセラー『ナイチンゲールの沈黙』に続く、大人気・田口&白鳥シリーズ第3弾の舞台は、救命救… このレビューの続きを見る

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。 それは救命救急センター部長・速水晃一が特定業者と癒着し… このレビューの続きを見る

海堂 尊 氏の ナイチンゲール〜に続くバチスタシリーズ 第3弾。 何しろテンポがいいので、一気に読めます。 会話の場面が多いので、難しい医療の話もなんかわかった気がするのは私だけ・・・? 驚きなのは、こ… このレビューの続きを見る

田口・白鳥シリーズ(?)第3弾。 っていうか、このシリーズは別に二人が探偵役ってわけでもないので、シリーズ名は微妙…。 前作に比べると、格段に面白かったこの作品。 ジェネラル・ルージュ(血塗られ将軍… このレビューの続きを見る

3.6

0328

22:27:By WeBLOG

読んだタイミングが良かった。 どばばばばばーーーーーっという展開で、 ミステリーだとかそんなもん関係なしで 医療エンタテイメントとしての秀作。 終盤なんだか泣きそうになりながら読んでしまった。 こう… このレビューの続きを見る

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着し… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタの栄光など 不定愁訴外来、田口先生のシリーズです。 「ナイチンゲールの沈黙」と対になる一冊。 それぞれの話は独立していますが、 この方の本は、発売順(=執筆順?)に読むのが 楽しいかもしれない。全部がつながっておりますから。 一番華やかな主人公と言う気がする。 派手な話でした。なんとなく。

《あらすじ》 東城大学医学部付属病院救命救急センター部長の速水が特定の業者と癒着しているという告発文が田口の元に届く。リスクマネジメント委員会委員長として調査する羽目になった田口は、救命救急センター… このレビューの続きを見る

「ナイチンゲールの沈黙」と同時期に起こった事件のお話。 といってもまぁやっぱり事件?ミステリ?とちょっと疑問だったり。 でも一応謎解きっていみではちゃんとしたミステリ。 なんだかリアルで説得力があって。 医者って大変だよな、と今更思う。 JUGEMテーマ:読書

まあまあ、かも。 「ナイチンゲールの沈黙」と同時進行で起きていたもう一つの事件の話。事件の多い病院だよ。医療メーカーとの癒着問題なので人死にはないけど。 医者って人種は趣味に入れ込む人が多いと聞く… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一… このレビューの続きを見る

ナイチンゲールを読まずして、この本読みました。 それなりにおもしろかったけど・・・ チーム・バチスタのイメージが強かったせいか どこがミステリー?というイメージは否定できません。 医療関係エンタメ小説とでも言えばいいのかな?

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、 伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、 不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、 一枚の怪文書が届いていた。 それは救命救急センター部長の速水晃一が 特… このレビューの続きを見る

東城大学付属病院に歌姫が 緊急入院。そんな時期に田口医師の元へ 匿名の告発文書が・・・、そして「火喰い鳥」・白鳥の登場。 読んでいくうちに 分かってくるのだけれど コレは 「ナイチンゲールの沈黙」と同時… このレビューの続きを見る

救急病院に大量の負傷者が運び込まれてくるクライマックスが圧巻。 --- 二匹目のドジョウ、という手法を踊る大捜査線級に使いこなしている作家がいるとしたら、それは海藤尊だと思う。 使い方あってるかな、… このレビューの続きを見る

この1ヶ月間で海堂 尊氏の3部作を,新刊の『ジェネラル・ルージュの凱旋』(赤)からさかのぼりつつ読んだ. 「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した第1作の『チーム・バチスタの栄光』(黄),第2作… このレビューの続きを見る

うわ〜ん、残念! 何が残念って、「ナイチンゲールの沈黙」読了から時間経ちすぎ! しかも感想書いてないし! 覚えてないこといっぱいだし! 再読したくても、図書館では貸し出し中だし! あまりにも残念す… このレビューの続きを見る

(あらすじ)  桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が… このレビューの続きを見る

オレンジ病棟のジェネラル速水が吼える。メディカルエンターテイメント第三弾 すでにミステリではカケラもありません。 とはじめに明記しておいてほしい(笑) 謎解き要素は皆無で、単純な医療問題提起ヒロイ… このレビューの続きを見る

『バチスタ』『ナイチンゲール』に続く田口・白鳥コンビが活躍する大学病院を舞台にしたミステリー小説の3作目。 今回のお話は、前作の『ナイチンゲールの沈黙』のウラで起こっていた別の事件、ということになって… このレビューの続きを見る

 評価は2500円。  チーム・バチスタの栄光・ナイチンゲールの憂鬱・螺鈿迷宮に続く4作目。螺鈿迷宮は番外編という位置付けらしいので、実質は3作目か。  バチスタが本格医療ミステリ・ナイチンゲール… このレビューの続きを見る

関連する商品