DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ - 海堂 尊 のレビュー全83件 JUGEMブログ

>
[Amazon] チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)で自分のブログにレビューを書く

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ

おすすめ!3.8 [3.8](83件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:323238位
  • Amazon価格:¥ 2,567
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796661611(宝島社)
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(83件) 3.8 [3.8]

【海堂尊 宝島社文庫】 映画公開に先駆けて読んでみました。 非常に読みやすいので、なんで上下巻にしちゃったかなぁと。 ここは一気に読みたいところ。 現役医師が書いたとは思えない読みやすさ。 褒め… このレビューの続きを見る

東城医大病院で結成されたバチスタ手術を専門に行うチーム・バチスタは、 27件成功という実績を築きながらも、3件立て続けて失敗するという事態に見舞われていた。 不定愁訴外来の田口医師は、高階院長から… このレビューの続きを見る

結構以前に読破していた本の感想。いつまでも放っておいても記憶が薄らぐだけなので、1行でも2行でも感想を書いて消化していきます。読んだ順番。1)ジェネラル・ルージュの凱旋(漫画版)2)ジーン・ワルツ3)ジ… このレビューの続きを見る

飛び交う専門用語、病院の派閥・・・本業が医者なんですね。これ取材したのか?凄過ぎる・・・と思っていましたw重く大変な書籍かと思いきや意外にも内容はエンターテイメントに富んでいて読みやすい。新鮮な舞台設定に、キャラクターが特徴的な登場人物。田口と白鳥からの視点の人物考察がおもしろすぎます。奇を衒ったトリックがあるようなストーリーではないのですが白鳥の論理的な考察を追っていくのはかなり楽しめます。

 「このミステリーがすごい」大賞と山本周五郎賞を受賞。このミス大賞では審査員全員一致。ベストセラーで映画化、ドラマ化という高評価、高人気は、やはり伊達ではありませんでした。キャラクタが非常に立っ… このレビューの続きを見る

採点: 5.5点 映画化もされた話題作だったが私には普通だった。一気に読めたところをダラダラと3日ほどかけてしまったくらい。 うーんおもしろいんだけどなんなんだろう…なんか足りない。推理小説目線で読む… このレビューの続きを見る

 チーム・バチスタの栄光  著者 : 海堂尊  受賞歴 : 第4回「このミステリーがすごい!」大賞 受賞         2006年傑作ミステリーベスト10 3位

3.8

Tanzaniaで読んだ本5

12:52:By TRAVEL NOTE

 

 JUGEMテーマ:ミステリめずらしく流行ものを読みました! とはいってもずいぶん前ですよね。 めーっちゃおもしろかったぁ。 著者は現役のお医者様らしいので内容も専門用語がたくさん出て来て… このレビューの続きを見る

映画とかドラマとかあるけど、そもそもバチスタって何なのさーみたいなかんじで読み始めました。ミステリーは好きなのですが、ちょっと現実的な話だったので、わたしはもうちょっとファンタジーな方が好きです。… このレビューの続きを見る

 言わずと知れた話題作。一昨年〜去年あたりの。【粗筋】 東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階… このレビューの続きを見る

これもまた今更〜ですが。 売れに売れて映画化&ドラマ化までされた本の感想を書くっていうね。 かーなーりー前に読んだにもかかわらず今更かよっていうね。 チャレンジといえば聞こえはいいけど割りと暴挙だよね。… このレビューの続きを見る

村上春樹の新作がもうすぐ発売。 7年ぶりの新作かぁ。 確かに、「海辺のカフカ」を読んだのは大学のときだった。 楽しみなり。 それまでに積ん読シリーズをひとつ消化したい。 ということで、ようやく「バチ… このレビューの続きを見る

3.8

今日もだーらだら

20:56:By Furu-Blog

JUGEMテーマ:読書  ちまたで話題になっていたからかどうなのかは忘れてしまったけれど、ちょっと前に読んだ本。いやー、ロジカル・モンスター(だったっけな?)がいい味出してるなぁー。僕はなぜかこういった破天荒なキャラが好きなようだ。自分にはない部分を持っているからなのかな?

「バチスタ」は拡張型心筋症に対する手術術式の一つ。だそう。 要するに心臓手術。一旦心臓を止めて切り取って縫合するらしい。 リスクが高い手術であるが、成功を続けてたチームバチスタ。 でも術死が3例続いたた… このレビューの続きを見る

私は映画もドラマも見ていません。ドラマが面白かった!という友達からこの本を貸してもらいました。 まず、文体が一人称でとても軽い!のに驚き。 そして比喩表現がなんとも頭でっかちと言うか、難しい言葉使って… このレビューの続きを見る

 本日、チーム・バチスタの栄光(上)を読了しました。  内容は、田口にバチスタ手術の連続術死について予備調査をしてほしいという依頼が来る。その依頼を受け、だんだんとその術死の原因を突き止めるため、聞… このレビューの続きを見る

読みやすい。 タイトルに惹かれない。読んでみたら面白かったけれど。『栄光』とか言われると胡散臭くて。

JUGEMテーマ:テレビ全般 映画「チームバチスタの栄光」  原作:海堂尊 出演者: 竹内結子、阿部寛、吉川晃司、佐野史郎、玉山鉄二、 池内博之、田中直樹、田口浩正、井川遥、國村隼 2009年3月2日 月曜日よる9:00から その他のドラマはこちら 

10日、11日と拍手を下さった方、ありがとうございます。 去年やってた連続ドラマが思いのほか面白かったので、遅ればせながら原作を読んでみた。 え〜〜〜?!って感じ。 はっきり言ってガッカリ。 これが… このレビューの続きを見る

今さらかもしれないが、ドラマ化などの話題も多いので読んだ見たのだが、さすがに第4回「このミス」大賞受賞作とあって、とにかく面白かった! 読み始めたら先が気になって仕方がなくなり、ひさしぶりに真夜中の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

海堂尊著(宝島文庫)。 映画にもなったエンタメ小説。あ、一応ミステリ系。 あ、シリーズ作品? え、そうなの? とまあ、そんな世間様の流れからは2、3周は軽く遅れての読書。 今頃になって!? ていうか今更何故!? ……だって、古本屋さんで100円だったんだもの(文庫版)!! ああ、だから知名度がある作品って大好きよ!!

“チーム・バチスタの栄光”という本を読みました。 病院が舞台の小説で、バチスタ手術という心臓手術での連続術死の謎を解明するミステリー小説です。 上下巻になっており、上巻は主に不定愁訴外来の田口医師の活… このレビューの続きを見る

「このミス」大賞受賞、大ベストセラーのこの小説を、ようやく手にした。いや、別に避けていたわけでもないんですが。  舞台は首都圏の端の地方都市(海に面している。どこが想定されているのかなあ)にある大… このレビューの続きを見る

「チームバチスタの栄光」のドラマにハマッてます。 面白いー!!いよいよ来週が犯人発覚のようで絶対みなくちゃ!!楽しみー! ネタバレを知りたいような楽しみはとっておきたいような…。 と、狭間で気持ち… このレビューの続きを見る

これ読みました。 手術シーンはちょっと生々しくてささっと読んでしまったのですが、 なかなか読みごたえがあって面白いです! 謎が深まるばかりで、下巻を読むのが楽しみです☆ JUGEMテーマ:読書 

★★★★☆ ドラマ化されるらしいし、犯人が違うらしいので 興味を示して、購入。 先ほど、上巻・下巻、合わせて一気通読です!! 取引先のメーカー名がでてきた瞬間は思わずニヤリ。 全体的にテンポ良く、面… このレビューの続きを見る

面白い

15:42:By メイモのブログ

JUGEMテーマ:テレビ全般 ブラッディ・マンデイ 初回2時間スペシャル見ました。 ハマりましたよ〜 「週刊少年マガジン」に連載中だということは息子にきいて知りました。 録画していたのを息子と一緒に見て … このレビューの続きを見る

 ビーバップ時代、全力で仲村トオル担(であり、中山ミポリン担)だったわけですが、あれからン十年、まさかこういうポジションにいるとは思いもしなかったわけで。  映画は見たいと思いながら、結局見てなかったので、改めて原作を読んでみよっかなー。

内容紹介 第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、 一気に28万部突破のベストセラー入りを果たした 大人気メディカル・エンターテインメントが、 ついに文庫化です。 東城大学医学部付属病院の … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なかなか面白かった。 スピーディーな展開がよかった。 エンターテイメント性あふれていたと思います。

久しぶりに、読み出して直ぐ引き込まれる本に出会いました。最初に発売され話題になった時にこの表紙は良く本屋で平積みされていたので目に留めてはいましたが、なぜか全く手に取ることはなく、映画化された時も「… このレビューの続きを見る

さて、今回は、 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上・下)』 です。 あらすじ 上巻 東城大学医学部付属病院の?チーム・バチスタ"は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが、原… このレビューの続きを見る

<紹介文> 東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内… このレビューの続きを見る

『チーム・バチスタの栄光』(海堂 尊) 軽快でテンポのよいミステリー。上巻が特にいい。 白鳥技官がひっかき回す下巻もコミカルで面白いけれど、あの辺は割と普通のエンターテイメント小説かなと思った。 … このレビューの続きを見る

うん、よかったね!! 読みやすくていい。 医療関係で、でもわかりやすいからね。 読んでたら医龍を思い出した 笑 医龍は本当にかっこよかったなぁ…! さて本編ですが、田口先生はけっこう好き。 院内政… このレビューの続きを見る

一時期の書店 平積みの勢いはすごかった。 その黄色の山に惹かれて、思わず手に取った。 うん。おもしろい! 上巻と下巻は、別の話(?!)っていうくらい がらっと変わる。 (私は、上巻のリズムがすきですが… このレビューの続きを見る

 外科医の書いた小説ということで、医学生の私は非常に興味深く読みました。専門用語っぽいものも満載でしたが、何とかついていけた。昨今の医療に対する意見とか、大学病院の体質とか、さすが医者が書いてるだけ… このレビューの続きを見る

おもしろかった〜!! 昼行灯だけじゃ激しさがないなと思ってたらすごいのキタw でも信じてくれ、私、本当に今日読んだんだ!! なんか書いてるモノの登場人物の名前が出て来てびびった。 まさかアレとアレがセットで出てくるとは(笑

先週末から今日までで一気に(とはいわないのか)読了。 久しぶりにミステリー本を読んだが、これはおもしろい。 某テレビ局でやっていた医龍のイメージを何となくもっていて、桐生が主役なのかと思ったら、そう… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:趣味 今年の2月公開の映画だったかな?その原作本。 今ごろ?って感じではあったが・・・。 医療テーマって事もあって、抱いていたイメージは「白い巨塔」だったのだが、サスペンス。成功率の低い… このレビューの続きを見る

一泊二日の出張前に、京都駅構内の書店で買った本。もちろん下巻もあります。 でも、結局出張中は読む時間がなくて、まだ積ん読リストです(苦笑)

貸してもらったので、読んでみました。 今、下巻の途中を読んでるので、結末はまだ知りません。 でもこの本、うまい具合に上下巻になってますね。 上と下で面白さがぜんぜん違う^^ 上巻は、非常にクールな… このレビューの続きを見る

表紙は上巻のみですが、上下発売されています。 映画化もされた話題作品です。文庫化を機に…読むつもりもなかったのですが、友人に薦められたので読了。これがスマッシュヒット。 作者のデビュー作と言うことです… このレビューの続きを見る

会社の同僚に薦められて読んだ本。小説はあまり読まない方だけどこれは久々の大ヒット!超面白い!!病院を舞台にしたミステリーで専門用語がポンポン飛び交うがそんなの全然気にせず一気に読める名作。上下巻があ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 映画観てないんですけど。 実家に帰ったらあったので読みました。 うん、退屈させないストーリー展開といい 犯人の隠し具合といい 面白かったです。

当初は、医龍と関係あるんかと思った。 バチスタって流行なのけ?

久しぶりにサスペンス物を読みました。 サスペンスは何故かあまり読むことがなく、橘玲さんの傑作金融サスペンス『マネーロンダリング』以来かもしれません。 著者は現役医師としても活躍中の海堂尊で、この小… このレビューの続きを見る

この本がまだ文庫になる前に本屋で見つけた時は、ノンフィクションものだと思ってました。バチスタ手術をするチームの栄光の話なんだろうなーと。でもミステリーものだったんですね。そんな感じで読んでみました。 … このレビューの続きを見る

第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、一気に28万部突破のベストセラー入りを果たした大人気メディカル・エンターテインメントが、ついに文庫化です。東城大学医学部付属病院の有能な心臓手術チームに起… このレビューの続きを見る

ひさーしぶりに 読書してます。 一気に読みました チーム・バチスタの栄光。 同じシリーズであと二つ出てて、 第三弾の「ジェネラルルージュの凱旋」にいたっては五つ星です☆ これも良かったですよ 近… このレビューの続きを見る

ロジカルモンスター白鳥の登場から、徐々におもしろくなったけれど、読み始めは“これがミステリーの年間1位だったんだぁ・・・”って感じでした。 命を奪いながら生きている人間が、何故人間の命だけは奪っては… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタの栄光(上) 海堂 尊

JUGEMテーマ:モブログ 昨日だったけか。 読み終わった。 中々面白いです。 続きが気になる。 ワクワクwww 近々映画も見に行く予定です一応。 この人の作品でまた気になるものを見つけたのでそれも読むかも☆

うん!なかなか面白かったー 白鳥が阿部寛ってはまり過ぎてていいね。あらかじめ想定して書いたかのようだよね。小太りってとこがなんか違うけど。トリックのあの人と被るけど。 今は「冷たい校舎の時は止まる」… このレビューの続きを見る

久しぶりに本当に夢中になって読んだ本。 登場人物ひとりひとりの個性がすばらしい。

そんな風↓に最近意図せず嘘ばかりついてしまってる奥さんから貸してもらった本。 全体にぐだぐだな感じで、時折ハッと注目してしまう表現との対比がおもしろいです。 上巻だけだとミステリーの要素はないも同然で… このレビューの続きを見る

最近映画になったということで、上下巻を買って読みました。医療サスペンスという、少し珍しい(というか新しい?)分野です。第四回『このミステリーがすごい!』大賞の受賞作です。 この本が著者のデビュー作… このレビューの続きを見る

このミスでも評価されていたはずなのに、全くマークしていなかった為、頭を素通りしていました。 ところがある日、うとうとと睡眠覚醒を彷徨っている時、テレビから「『チーム・バチスタの栄光』は本格医療ミステリ… このレビューの続きを見る

最近もっぱら映画公開で話題の医療テーマのミステリー。 実は前々から本屋の店頭に並んでいたんだけど、 イマイチ興味が湧かなかったってのが最初の印象。 なんか、医局のお堅い話をベースにした内容だと勝… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタの栄光 海堂 尊 オススメ度:3.5点(5点満点) 刊行当初、イイヨという話は聞いていたのですが なんとなく読みそびれておりました。 映画化にあたって阿部ちゃんが出ているので (そし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今日から映画が公開みたいですね。 友人と映画を見に行く予定なので、その前に原作を読んでみました。 「まぁ、面白かったかな?」というのが正直な感想。 それほど爆発的に売れる本とも思… このレビューの続きを見る

たまにはこういうのもいい。 ルールは破られるためにあるのです。そしてルールを破ることが許されるのは、未来に対して、よりよい状態をお返しできるという確信を、個人の責任で引き受ける時なのです 本物には有無を言わせぬ説得力と強制力がある 同じセリフでも、途中のステップをほんの少し端折るだけで、中身は正反対になってしまったりするものだ

JUGEMテーマ:読書 今度映画化される「このミステリーがすごい」大賞受賞作品です。 ドラマ医龍がおもしろかったので、よく似た感じかなと思って読んでみたら違う。 天才外科医が心臓手術のバチスタを自分のチー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 2月9日に公開される映画「チーム・バチスタの栄光」の原作本を読みました。医療系の話だったので、どうなのかな?と思ったのですが、なかなかおもしろかったです。映画観たいですね。

上下まとめて。 いやもうこれ最高。面白かったー! 全てのキャラが立ち過ぎ。 でも突飛過ぎない(一部を除く)から 描写力の上手さかな〜と。 続編に位置づけられている作品も読みたいな。 作者名インプット完了だす。 JUGEMテーマ:読書

ふらっと本屋に立ち寄って思わず購入しました。 日経メディカルで連載されている医学のたまごもおもしろかったし。 土日であっという間に読んでしまいました。 映画ではどんな感じになるんだろうか?映画化されると話がはしょられたりすることが多いし・・・。

バチスタ手術中の患者死亡が医療ミスか否かの調査を任された田口先生の奮闘記。 田口先生ステキすぎ、Ai万能すぎ、白鳥さんぶっ飛びすぎ、高階先生腹黒すぎ!(ステキステキ!)という話でございました。能ある鷹は… このレビューの続きを見る

東城大学医学部附属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の大体手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。 ところが原因不明の連続術中死が発生。 高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口講師に内部調査を… このレビューの続きを見る

現役医師が書いたとあって、さすが臨場感がある。登場人物もクセがあっていい。 中盤あたりで、誰もが想像するであろう殺人トリックをことごとく否定する手法はお見事。私はその時点で、自分が迷路の真っ只中… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  「故意に心臓手術を失敗させた疑いがあるので隠密に調査して欲しい」と内科医の田口は病院長に言い渡された。  ふってわいた内部調査、貧乏くじ。  神経内科外来通称「愚痴外来」とまで… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2007/12/30〜2007/12/31 チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 42おすすめ平… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これは面白いね。  上巻の展開はさほど意外な感じはしない。下巻で白鳥が登場してからの展開が 非常に面白い。白鳥のキャラクターもいいが、ストーリーの展開がスピーディで ズンズン読み進めることができた。  確かにこれは面白かった。

JUGEMテーマ:読書 内容紹介 第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、一気に28万部突破のベストセラー入りを果たした大人気メディカル・エンターテインメントが、ついに文庫化です。東城大学医学部付属… このレビューの続きを見る

会社の子に薦められて、借りてみました。 昨日借りたんですけど・・・今日ほぼ読み終えました。 もうちょっとなんで、直読み終わっちゃいますねー。 想像以上の面白さです。 難しい専門用語も多々あるはずな… このレビューの続きを見る

12月12日(水)、海堂尊のベストセラー小説を映画化した『チーム・バチスタの栄光』クランクアップ報告会が行われ、主演の竹内結子、阿部寛をはじめとする豪華キャストや、監督の中村義洋、原作者の海堂らが出席し… このレビューの続きを見る

話題の本、らしい。図書館で予約したものの、当分回ってきそうにないので買ってみた。文庫版、上下巻それぞれ500円。安いように感じるけど、このページ数&文字の大きさを考えると……一冊にまとめて700円くらいでいいじゃん。 とりあえず、「上」を読み終えた。結構面白い。すぐに「下」を買った。

単行本が出たとき、買おうかどうか迷い、結局購入はしませんでした。 しかし、文庫が出たので、私的に「待望」がピッタリだと思い購入しました 「上」しか読んでいないのですが、テンポよく読めました。 「… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 この本はとっても期待が大きくて、早く読みたかったのですが、 きっと文庫になるからと待っていました(すみません) でで、感想はというと・・・・ あまりに期待しすぎていたかな〜 … このレビューの続きを見る

いやはや予想を超えたおもしろさでした。 特に下巻から。 そーゆー展開できたわけですね。 確かに田口さんだけじゃ行き詰まり感があった。 さらにすごいのは語彙力。 よくもまぁすごい言葉を並べるもので… このレビューの続きを見る

関連する商品