>
[Amazon] 読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)で自分のブログにレビューを書く

読むだけですっきりわかる日本史

おすすめ!3.5 [3.5](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:860位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796663991(宝島社)
読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:趣味 読むだけですっきりわかる 日本史 後藤武士   現在の・・・寝る前本   日本史は・・・なかなか先に進まない   でも、このシリーズ、制覇したくなる

3.5

ハッピー!!

05:02:By Jiboomy

 あz座椅子が糞っぽいけど…

受験は世界史を選択、日本史を軽視して真面目に勉強しなかったことを今更ながら反省しています。NHK大河ドラマ「平清盛」を見ていると、登場人物の名前は知っていても時代背景がよく分からない。自国の歴史の知識… このレビューの続きを見る

 教科書よりわかりやすい日本史の通史です。日本史の苦手な人やもう一度日本史をおさらいしたい人にぴったりです。

風邪は引いても今年の大河だけは逃さず見たい。 どれくらいこのドラマを気に入ったのかというと、 公式サイトを欠かさずチェックしてる自分に気づいたことですかね。 ラストフレンズの時もそうだったし。 いつの… このレビューの続きを見る

図書館にはまる

20:51:By c'mon let's go.

 図書館に住みたい。最近私の中で流行っているのが、子供向けの本を読むこと。歴史って子供の頃、全く興味がなくて、本を読んでいても全然頭に入っていなかったようです。大人になって、人間の人生が歴史にな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書受験しようかな〜 とブログに書いてから早2年半・・・  通訳案内士試験、とうとう先月受験してきました。 (結局今年まで放置してました) といっても受験を決めて対策勉強に本腰を入れ始… このレビューの続きを見る

もともと歴史好きだけど、 学生と呼ばれなくなって○年・・・。 忘れたことも多いし、あたらしい発見や解釈もあるし、おさらいに。 文章がやさしくて、ほんとに読むだけですっきりわかります(笑) 学生時代にはわ… このレビューの続きを見る

幕末の志士がよく分からなくて買った本。 初めは文体が気になってしょうがなくて。 たとえば、室町文化のページでは  また絵画では中国と禅の影響を受けた水墨画が盛んになった。  黒一色の墨で絵を描くあ… このレビューの続きを見る

 今日は授業プランの発表でした。 私はもちろん日本史がテーマですよ!(地歴の中からプランを作る授業なので、日本史でも世界史でも地理でもよい) なんかね、「あなたが日本史が大好きなことは十分伝わるけ… このレビューの続きを見る

 うわー!書いてた記事が投稿ボタン押したら消えた!!!泣くぞ!!!えーっとあれです単純明快に風邪引きました…いや、まだ風邪気味っていう程度なんですけど…のどの痛み+体のだるさ+寒気っていう3コンボ!… このレビューの続きを見る

3.5

日々勉強

09:17:By お酒と育児の日々

齢43にして日本史の勉強をするとは思いませんでした。 うちのむすめは小学校5年生なんですが、一応塾には通っておりまして 2学期からは社会は歴史の授業が始まりました。 おいら大学は日本史受験ということ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介  学校での歴史のお勉強は、記号ばっかりでさっぱりわからん もう一度歴史の勉強したいけど、教科書はちょっと・・・という社会人のみなさま。 そういった人に読んでもらいたいのが、… このレビューの続きを見る

  mikuが通ってる塾は、市内にたくさんあるような 有名な塾ではなく、町に一つだけある、 小さな塾。 だけど、学年で10位以内の子が5〜6人いるらしい。 でもって、土曜日なんかは、 2時間ほど勉強をみてく… このレビューの続きを見る

ぶらっと寄った駅の本屋で大々的に陳列してあったので手に取ってみる。近頃、自分の歴史無知ぶりに不安というかTVとか見てても歴史ものとかよく分からなくて残念に思ってたからサクっと丸っと日本史を学べそうでい… このレビューの続きを見る

後藤武士

ワタシは結構歴史好き。何せ物覚えが人一倍悪いので、年号とか覚えなければならないと思うとイヤなのだが、歴史の醍醐味は何と言っても「事実は小説より奇なり」なところ。 この本はまあ言ってみれば、昔使ってい… このレビューの続きを見る