DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed イノセント・ゲリラの祝祭 - 海堂 尊 のレビュー全27件 JUGEMブログ

>
[Amazon] イノセント・ゲリラの祝祭

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

イノセント・ゲリラの祝祭
イノセント・ゲリラの祝祭で自分のブログにレビューを書く

イノセント・ゲリラの祝祭

おすすめ!3.3 [3.3](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:101198位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796666761(宝島社)
イノセント・ゲリラの祝祭のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.3 [3.3]

【海堂尊 宝島社】 藤原伊織の小説みたいなタイトルな、白鳥&田口シリーズ第4弾。 田口先生がついに厚労省に殴りこみ?というような内容紹介がありますけど、殴りこみというより、差し出されたというか、生… このレビューの続きを見る

官僚批判、各界の派閥争い、、、 結論あり気の審議会、問題のなすりつけ合い、、、   患者のための医療からは程遠いシステムをみせつけられる。   チームバチスタ、ナイチンゲー… このレビューの続きを見る

妻共々著者の作品にはまっています。 本書は「チーム・バチスタの栄光」から続いているシリーズです。 厚生省の役人、コードネーム火喰い鳥の白鳥と、愚痴外来の田口先生のコンビとしての出番が少な目なのがち… このレビューの続きを見る

映画化、テレビドラマ化もされた第4回『このミス』大賞受賞作の『チーム・バチスタの栄光』は累計320万部突破、続編の『ナイチンゲールの沈黙』も140万部を突破し、驚異の新人と謳われる海堂尊。彼の原点でもある「… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】登場大学医学部附属病院の不定愁訴外来を担当する田口公平は、高階病院長に呼ばれ、とある会議に参加することになった。高階病院長の依頼にはろくなものがないと感じていた田口であったが、その… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review 「イノセント・ゲリラの祝祭」(宝島社):海堂尊 この話は設定が病院の中ということではないので少し雰囲気が違います。 普通の田口、白鳥のシリーズと思って読むとイメージが違… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタの栄光」の最後の方で登場し、 他の海堂さんの本の中でも折に触れて登場してきた「エーアイ(Ai、死亡時画像検査)」、 ひいては日本の解剖実態がメインのテーマ。 日本の医療は世界的に見… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「イノセント・ゲリラの祝祭(上)(下)」海堂尊/宝島社文庫  海堂尊週間ですな。だって読みやすいんだもん。一冊三時間くらい、二冊で二日で読めて仕舞うんだもん。サクサク読んでます。  と… このレビューの続きを見る

あいにく雨のの3連休で 本でも読もうか・・・・? なんかなんもやる気がしない。 競馬は東京11R を買っては見たものの 当たる気もしない。   【ケイアイテンジンが1着に来たら 御大尽】 イノセント〜は、今… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタ シリーズ 4冊目。 (私が読んだ4冊目という意味なので、この順番かどうかは未確認です) 内容的には、チーム・バチスタはすでに終わっていて その後のいろいろな新しい問題みたいな (うまく説… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 東城大学医学部付属病院4階。 万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。 「お願いがありまして…」そう言… このレビューの続きを見る

 同じテーマの作品がずっと続くので、そろそろおなかいっぱいかも、と思いつつ この作者さんの場合、小説を書くことより、そのテーマを描くことが主題なんだろうな〜と思い 何かに納得してしまったり。 と、解説を読んで尚更強く思いました。 現実でも作品の中でも是非突っ走って行って欲しいものです。

JUGEMテーマ:読書 白鳥、田口コンビの海堂 尊「イノセント・ゲリラの祝祭」を読みました。 なかなか、難しい問題です。

東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長の”ささやかな”お願いは、厚生労働省主催の会議出席。依頼主は、厚生労働省役人にてロジカル・モンスター、白鳥圭… このレビューの続きを見る

上巻で敷かれていた伏線がついに爆発しました。 医療行政のあり方、行く先を見せられて怖くなる一面もありました。 見所は間違いなく息もつかせない論理展開の場面でしょう。 徹底した論理武装もここまでくると… このレビューの続きを見る

あの「チーム・バチスタの栄光」でのゴールデン(?)ペア、田口・白鳥シリーズ第四弾! 遂に文庫化されました! 今回の舞台は病院メインではなく、なんと霞ヶ関。 医療モラルの問題を各視点からの意見をぶつけ合わ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  『このミス』大賞シリーズ 『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』 『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続く 田口・白鳥シリーズ最新刊! 厚生労働省をブッつぶせ! 医療… このレビューの続きを見る

小説だと思って読んでると 展開が悪くて読みすすめるのが 大変だった。 読み終わるのに1ヶ月以上もかかってしまった。 うーん…

JUGEMテーマ:読書  海堂尊著『イノセント・ゲリラの祝祭』を読了。  万年講師の田口が、厚労省の変人役人・白鳥の招待を受けて、なんとかいう長い名前の検討会に出席することになるのだが。  『チーム・バチスタの栄光』はおもしろいと思ったんだけどなぁ。いつまで追いかけようか、このシリーズ。とりあえず、図書館で見かけたから借りてきたわけだけど。  以下、ネタバレ感想。

 作者は現役の勤務医。忙しい中、執筆活動も頑張ってます。厚生労働省の内部事情とか詳細に描かれています。私は役人の白鳥さんが好き。映画だと阿部寛さんですね。是非この作品も映画化してほしいです。

JUGEMテーマ:オススメの本 GW、相変わらずの新幹線&電車移動で、帰省しました☆★ そんな時に絶対必要になのが、もう5年目のお付き合いとなるiPodと やっぱり、長い時間を共に過ごせる、本ですよね。 本当はハード… このレビューの続きを見る

黄色:○ 青:× 赤:◎ だったので、どうしようかなーと悩んでてついうっかり買ってしまいました。 結論としては面白かったです。 小説というよりはほとんどノンフィクションなんじゃないかなあという気がし… このレビューの続きを見る

今回は田口先生が活躍するってどっかで見たんですけど、相変わらず田口は狂言回し(笑) それでも白鳥と関わったせいか修羅場をくぐり抜けて来たせいか、まあどっちもでしょうけど前より攻撃の手が増えてました… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容紹介 映画化、テレビドラマ化もされた第4回『このミス』大賞受賞作の『チーム・バチスタの栄光』は累計320万部突破、続編の『ナイチンゲールの沈黙』も140万部を突破し、驚異の新人と謳わ… このレビューの続きを見る

3.3

イノセントゲリラの祝祭

23:31:By

  今までの3作とは登場人物は同じですが、まったくベクトルの違う作品。だから評価がすごく難しいです。  他の方も書かれているようにミステリーではありません。だからミステリーだと思って読むとが… このレビューの続きを見る

『チーム・バチスタの栄光』ドラマの放送が始まりましたね。 映画のほうは、「そのうちテレビで放送するよね・・」と考えて見ていないのですが、 ドラマのほうは、「犯人は原作と違うらしい」という言葉につられて… このレビューの続きを見る

関連する商品