>
[Amazon] ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)
ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ブレイクスルー・トライアル

3.1 [3.1](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:475798位
  • Amazon価格:¥ 49,662
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796668276(宝島社)
ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.1 [3.1]

第5回『このミス』大賞に輝いた本作は、「金庫破りサスペンス」の現代版。門脇と丹羽は、1億円の賞金のため、大イベント〈ブレークスルー・トライアル〉への参加を決めた。ミッションは、最新セキュリティ・システ… このレビューの続きを見る

 読み始めたのは・・・なんかずいぶん前な気がする。半分も読まずに放置してあったのを、昨日一気に読み切りました。読んでみればこれまたあっという間で、面白かった。なんで止まってたんだろ。間もなく、続… このレビューの続きを見る

以下感想

伊園旬著「ブレイクスルートライアル」宝島社文庫562円(税別)第5回このミス大賞受賞作。ちょっとこの触れ込みにだまされた感じ。前半は面白かった。主人公門脇と友達の丹羽がセキュリティを突破するイベント… このレビューの続きを見る

伊園旬「ブレイクスルー・トライアル」を読了。 舞台は現代。 最先端のセキュリティが施された研究施設への進入・脱出することが出来れば1億円!というトライアルが開催されることになった! 主人公の門脇雄介は… このレビューの続きを見る

伊園旬「ブレイクスルー・トライアル」読了しました。 某IT企業が企画した “最先端セキュリティを施した自社研究所から指定のマーカーを持ち出せれば1億円進呈” というイベントに、大学時代の友人丹羽とともに参… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 セキュリティ会社がその技術を駆使して警備を行っているIT研究所。 そこでは、その内部に侵入し、無事にミッションをクリアできたら、 1億円を手にすることができるという一大イベントが行われ… このレビューの続きを見る

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090616_294159.html 発売が近づきにわかに賑わいを見せている「E-P1」(自分だけ?) カメラ上部には 「OLYMPUS PEN Since 1959 E-P1」の文字が... マイクロフォーサ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これも「このミス」大賞作品。 IT研究所に侵入しミッションをクリアすれば1億円が手に入る一大イベントが開催され、 主人公門脇とその学生時代の友人丹羽がいかにして それらのトライアルをクリ… このレビューの続きを見る

難攻不落のセキュリティを誇る研究所の攻略イベント、ブレイクスルー・トライアル。一定時間内に所定のマーカーを手に入れ帰還を果たせば懸賞金一億円!とある事情を抱えた門脇と丹羽も参加を決意、知力を尽くして… このレビューの続きを見る

関連する商品