>
[Amazon] イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)
イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)で自分のブログにレビューを書く

イノセント・ゲリラの祝祭

おすすめ!3.8 [3.8](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:39571位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:479667361X(宝島社)
イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.8 [3.8]

社会に咲く一輪の激しい花、医療。 『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊 田口先生がついに東京に進出します!笑 いや、内容的にはかなりヘビー。 海堂さんの官僚嫌い感が激しく前面に押し出されています… このレビューの続きを見る

「ジェネラル・ルージュの凱旋」がものすごく気に入ったので、この本も楽しみに読んだのですが、正直言ってやや期待はずれでした。この小説に出てくる厚生省の研究会については、かなり実話に基づいたものだそうな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  「チーム・バチスタ」シリーズ。「バチスタ」のような推理ミステリーでもなく、「ナイチンゲール」のようなファンタジーミステリーでもなく、「ジェネラル」のようなヒューマンミステリ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 白鳥、田口コンビの海堂 尊「イノセント・ゲリラの祝祭」を読みました。 なかなか、難しい問題です。

不定愁訴外来担当の田口と、 厚生労働省の変人役人・白鳥が乗り込んだ、 厚労省の「医療事故調査委員会」。 官僚、医師、法医学者、弁護士、被害者の会など、 さまざまな思惑がからみ、グダグダなこの会議を… このレビューの続きを見る

不毛地帯を読んだ後だからか、すいすいと読めた。 しかし、いろんなキャラクターの人が出てきますね。 彦根先生、あぁ、濃い。

最近、報道番組でも、死因究明制度、監察医制度などを取り上げられているのを観ました。一貫した海堂作品のテーマであるAi。解説にも書いてありましたが、海堂作品が与えている影響は大きいですね。

 グッチーと白鳥さんのコンビが今度は、厚生省だけでなく、警察や司法を巻き込んだ戦いに挑む。今回は病院の外で繰り広げられる展開だったけど、今の医療問題をベースにしっかり扱っていて、本当に読み応えが… このレビューの続きを見る

上巻で敷かれていた伏線がついに爆発しました。 医療行政のあり方、行く先を見せられて怖くなる一面もありました。 見所は間違いなく息もつかせない論理展開の場面でしょう。 徹底した論理武装もここまでくると… このレビューの続きを見る

関連する商品