DB Error: connect failed イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき - クレイトン・クリステンセン のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)で自分のブログにレビューを書く

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

おすすめ!4.1 [4.1](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1829位
  • Amazon価格:¥ 2,160
  • ユーズド価格:¥ 1,000
  • ISBN/ASIN:4798100234(翔泳社)
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 4.1 [4.1]

イノベーションのジレンマ

●本日の読書? ・「イノベーションのジレンマ」クレイトン・クリステンセン/翔泳社 ISBN : 4-7981-0023-4  知り合いの推薦で、普段は読まないビジネス書に手を出してみる。  ……すみませ… このレビューの続きを見る

 イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

 ひとつのアイディアを見つけたとき、すでに1万人が同じアイディアを考えているという.アイディアがプロダクトやサービスについてのときもあるし、その先のビジョンの場合もある.なんにせよ、アイディアは… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 評判は高いホンダと感じ、手に取った(図書館で予約)。 ■ ライブドアの役員が読んでいる“ネタ本” 10冊 - livedoor ディレクターブログ ■ プレジデントビジョン 鎌倉投信株式会社 代表取… このレビューの続きを見る

持続的技術と、破壊的技術の向き合い方。 今後も何度も読み直す価値あり。 JUGEMテーマ:読書

クリステンセン

14:01:By CHILD RUSH

 

http://www.businessweek.com/technology/content/apr2010/tc20100421_467524.htmIn the new film The Joneses, a fictional marketing company hires four people to pose as a family, move to an upscale neighb… このレビューの続きを見る

イノベーション対する認識を確認するために、整理してみた.以下、ドラッガー氏の『イノベーションと企業家精神』における「知識によるイノベーション」、もしくは、クリステンセン氏の『イノベーションのジレンマ』における「破壊的イノベーション」を軸としてまとめてある. (P.XXX)は『イノベーションと企業家精神』からの引用であり、(ID/P.XXX)は『イノベーションのジレンマ』からの引用である.

「偉大な企業は全てを正しく行うが故に失敗する」という、技術や市場構造の破壊的変化に対してのリーディング企業が抱えるジレンマを明らかにした本です。 非常に多くの事例分析に基づき、破壊的イノベーションに… このレビューの続きを見る

こんにちは、ライフキャリアカウンセラーの太田聖治です。 クリシンに引き続き、同じ時期に受講した技術経営基礎を振り返ります。 技術者のための簡易版経営戦略とも呼べるクラスで、技術イノベーション、経営… このレビューの続きを見る

書評なんてものは書けないので書かないけど、溜まりに溜まっている書籍を片っ端から読みあさっていこうと決めたので、マイルストーン的にエントリを上げていく。

 優良企業は優良であるがゆえに失敗する。本書は、ハードディスク業界における「破壊的イノベーション」の実例などを紹介しながら、それまで優位を保っていた企業がイノベーションに乗り遅れてしまう原因に迫ります。

過去のブログ引用(2005年4月より) かなりの良書。今まで、なんとなく思ってたようなことを理路整然と解明してくれる。いかなる業界の人でも必読といってよいだろう。 顧客の声に傾け、圧倒的な資金力を生か… このレビューの続きを見る

【MOT語るなら先ず読むべし】 技術経営とかMOTとか、この数年でかなりの本がでている。 しかし・・・いい本が少ない。  役に立つこと、興味深いテーマを取りあげている本はある。 しかし・・… このレビューの続きを見る