DB Error: connect failed 自虐の詩 - 業田 良家 のレビュー全5件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)
自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)で自分のブログにレビューを書く

自虐の詩

おすすめ!4.2 [4.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:43070位
  • Amazon価格:¥ 608
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4812401275(竹書房)
自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4.2 [4.2]

JUGEMテーマ:日記・一般<読書日記> 今年106冊目、「自虐の詩 下」(業田 良家著)を読了しました。 下巻は読まないつもりでしたが、”いつもブログ読んでいます”さんに、最後まで読むことをお勧められ読むことに… このレビューの続きを見る

東京へ向う高速バスの中、iPadで「自虐の詩」を観てみました タイトルだけをみると、「なんだ?」と思う作品ですよねタイトルで変な先入観を持たなかったのが良かったですなね。とても面白かったです見た後に何か残るか?と言われれば、何も残りませんが面白かったです。ですので、何も見ず何の先入観もなく見てみてください。

4.2

自虐の

17:06:By ゴーゴーイサナ

剛速球につきささりました。最後は涙がとまりません。ソウルフルな近鉄のチャンステーマが聞こえてきそうです。ザッツオオサカシタマチソウルタウン!それは淋しいチャルメラなラッパの音ですが、メロディは陽気で、なつかしくて優しいです。

笑いの本質は、一般的な感覚との"ズレ"にあると、お笑い芸人の誰かが言っていた。この作品において、そのズレは、ものすごく効果的な演出になっている。後半に進むに従って、ズレはギャグとして機能しつつも、キャ… このレビューの続きを見る

漫画も読みます。 って、最近は読んでないけど。 この本は、評判が良くて良くて「へーそうなの」って思ってて、結婚後にやっと読んだんだけど、正直、上巻を読破するのが辛くて(笑)なんとか我慢して読みきっ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品