>
[Amazon] 花の慟哭 (竹書房ラヴァーズ文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

花の慟哭 (竹書房ラヴァーズ文庫)
花の慟哭 (竹書房ラヴァーズ文庫)で自分のブログにレビューを書く

花の慟哭

3.1 [3.1](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:564069位
  • Amazon価格:¥ 649
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4812439531(竹書房)
花の慟哭 (竹書房ラヴァーズ文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.1 [3.1]

生まれつき特異体質である巴は離れ小島の研究所で隔離されて育ってきた。 身体を調べられ、毎日怯えながら生活しているのだ。 しかしある日、その研究所が破壊され、侵入して来た男、須王と出会う。 優雅で柔らかな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説  「巴…、巴…、信じられない、俺は夢を見ているのか…?」 「花の残像」の続編です。 続編と言うよりは、残像と慟哭の二冊でひとつのお話と言っていいと思います。なので、かならず「花… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 「君のいない人生がどれだけつらいか、頭がおかしくなりそうなこの気持ちが、君にはわかる?」特異体質のせいで、幼い頃から研究所で育ってきた巴は、その研究所を破壊しにやっ… このレビューの続きを見る

<シリーズ・スピンオフ:凍る月 漆黒の情人/凍る月 紅の契り/凍る月 ~灰色の衝動~> <前作:花の残像> <甘々><ファンタジー><獣人攻め×捕食者受け><紳士攻め×けなげ受け> あらすじ:前作からの続き。 … このレビューの続きを見る

花の慟哭

11:23:By 水中雑草園

 前回エライところで待て、次号!だった夜光さんの獣人シリーズです〜。 いやあ、前作は確か私長期熟成モードだったんですけど、さすがに今回はそんなに寝かせておけないよ…。 巴ちゃんがっっ…!!とか叫ん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 「君のいない人生がどれだけ辛いか、頭がおかしくなりそうなこの気持ちが、君にはわかる?」 特異体質のせいで、幼い頃から研究所で隔離されて育ってきた巴は、その研究所を破壊し… このレビューの続きを見る

花の慟哭

16:07:By 水中雑草園

 前回エライところで待て、次号!だった夜光さんの獣人シリーズです〜。 いやあ、前作は確か私長期熟成モードだったんですけど、さすがに今回はそんなに寝かせておけないよ…。 巴ちゃんがっっ…!!とか叫ん… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品