DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed デコイ 迷鳥 - 英田 サキ のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)で自分のブログにレビューを書く

デコイ 迷鳥

おすすめ!4.2 [4.2](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:306067位
  • Amazon価格:¥ 929
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4813011772(大洋図書)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 4.2 [4.2]

23日、24日に拍手を下さった方、ありがとうございます。 22日に一周年の記事とうそうその記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。 23日にデコイ-囮鳥-の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。 24… このレビューの続きを見る

  とても長いCDなので、一章ずつ聴ける幸せがあります。こういう雰囲気が大好きな感じなので聴いているだけで、癒されてしまうのでした。 BLでこういうオトコの世界というジャンルで、キャラに私好みな色… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 「あんたにとって、俺はなんなんだ?」 銃を手に意識を取り戻したとき、安見亨はそれまでの記憶を全て失っていた。 俺は誰だ? この銃は……? 自分に怯える安見に名前を教え、優し… このレビューの続きを見る

 記憶喪失からトラウマまで2組のカップリングが出てくる話 ん〜、ちっこい時にあんだけの事があった割には加賀谷とあっさり結ばれちゃったわねぇ? でも、まぁいいかな上下巻です 下の迷鳥はノンストップで読めました、ラストに衝撃展開盛りだくさんっす!

 ◆あらすじ◆ 「俺はお前を信じてる。お前は俺を裏切ったりしねぇよな?」 関東侠和会の那岐には誰にも言っていない過去があった。高仁会前会長の殺人犯を探す最中、過去の亡霊ともいえる男と再び顔を合わせることに… 一方、記憶を失っていた安見は、自分の上司と名乗る男と会い、思いがけない事実に戸惑っていた。自分には火野が必要だ。火野がいなくてはならない。しかし、その関係は偽りのものだった!?

久々にきましたね。英田さん独特の世界観と表現。 ハードすぎず、甘すぎず、一定のスタンスを持ってストイックに良く練られたストーリー展開でした。  以下、ネタバレ含みます。

記憶を取り戻した安見、現役警察官である事実、そして跳ね除けられない犯罪と男に溺れている現状。安見が選んだ結論は…。 一方、笠尾を殺した犯人を突き止めた那岐は、14年前の爆破事件が発端であることを知り自分… このレビューの続きを見る

4.2

デコイ

20:20:By 毒を食らわば…

殺し屋×刑事 インテリやくざ×やくざ とにかく読んでいただきたいのであらすじは略します。 やっと感想を上げることができました。 とても気に入った作品は感想を書くにも時間がかかってしまいます。 それだけ大切… このレビューの続きを見る

4.2

デコイ、迷鳥。

09:36:By sugar coat+α

あー・・・デコイって上下巻完結ものだったんですね・・・。知らなかった!(号泣)終わりそうとは思ったけど、あとがき読んでやっぱ完結なんだと知るorzショック・・・もっと読んでたかったよぉお・・・っ(涙) ひとまず迷鳥… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:趣味 二部作の後半部分。 英田先生のHPでご本人が1巻にあとがきはなく、かつ核心に触れているので先にラストを覗かないように…といったようなことを書かれていたので、今回は本当に先が気になる… このレビューの続きを見る

英田サキ「デコイ 迷鳥」 那岐と加賀谷が追っていた暴力団関係者の殺人事件は、火野と那岐の恐るべき過去の罪に端を発するものだった。ふたつの事件の経緯と真実を知ったかれらは望むと望まざるとに関わらず、それぞれの過去と向き合うことになる。 「デコイ 囮鳥」に続く二作目であり、後編。 ミステリ部分のネタバレが多いので一応折りたたんでおきます。

著:英田サキ/イラスト:奈良千春 bk1│Amazon│楽天ブックス│コミコミ JUGEMテーマ:BL小説 【あらすじ】 「俺はお前を信じてる。お前は俺を裏切ったりしねぇよな?」 関東侠和会の那岐には誰にも言っていない… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品