>
[Amazon] タナトスの双子 1912 (SHYノベルス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

タナトスの双子 1912 (SHYノベルス)
タナトスの双子 1912 (SHYノベルス)で自分のブログにレビューを書く

タナトスの双子 1912

おすすめ!3.8 [3.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:574562位
  • Amazon価格:¥ 961
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4813012078(大洋図書)
タナトスの双子 1912 (SHYノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.8 [3.8]

「軽蔑しているのに、私に従うのか」 時は帝政ロシア末期。オルロフ公爵家の嗣子ユーリは天使のように優美な容姿を持ちながら、近衛師団では切れ者の大尉として知られている。 そして、彼のそばには副官のヴィクト… このレビューの続きを見る

<双子受け><昼ドラ> ?<部下攻め×ツン女王受け> ?<いい人攻め×奔放諦め受け> タナトスの双子 1917 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー ») 和泉 桂 公式あらすじ: タナトスの双子1912→上巻 「… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 「軽蔑しているのに、私に従うのか」 時は帝政ロシア末期。 オルロフ侯爵家の嗣子ユーリは天使のように優美な容姿を持ちながら、近衛師団では切れ者の大尉として知られている。 そ… このレビューの続きを見る

和泉桂「タナトスの双子 1912」 病気がちの母と三人で暮らしている双子の兄弟、ミハイルとユーリ。貧しいながらも幸せに暮らす家族の元に、双子の父親であるオルロフ公爵の遣いが現れ、兄のミハイルを引き取りたい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説 著:和泉桂/イラスト:高階佑 【あらすじ】 「軽蔑しているのに、私に従うのか」 時は帝政ロシア末期。オルロフ公爵家の嗣子ユーリは天使のように優美な容姿を持ちながら、近衛師団では切れ… このレビューの続きを見る

関連する商品