>
[Amazon] 翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走
翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走で自分のブログにレビューを書く

翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走

3 [3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:192619位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 260
  • ISBN/ASIN:4819112732(産経新聞出版)
翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3 [3]

尖閣を狙う中国に対する抑止力がきちんと機能していれば、何の支障もない。(中略)  しかし反基地派は、抑止力をいかに維持するかという問いに納得できる答えを出していない。   JUGEMテーマ:読書  

 沖縄出身らしい50代ほどの男性が近づいてきた。 「尖閣諸島が問題になっているが、もともと、沖縄は中国なんだよ。福建省の離島なんだ」   JUGEMテーマ:読書  

米陸軍の那覇港湾施設(那覇軍港)を浦添埠頭地区に移設する計画だ。  普天間飛行場の辺野古移設と同様に、海域を埋め立て、米軍施設を「県内移設」する計画なのだが、翁長氏は容認している。辺野古移設に反対しながら、浦添移設を容認するのはダブルスタンダードだという批判の声もあるが、県紙はほとんど報じない。   JUGEMテーマ:読書