DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 「残業ゼロ」の仕事力 - 吉越 浩一郎 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 「残業ゼロ」の仕事力

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

「残業ゼロ」の仕事力
「残業ゼロ」の仕事力で自分のブログにレビューを書く

「残業ゼロ」の仕事力

おすすめ!3.5 [3.5](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:153001位
  • Amazon価格:¥ 1,436
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4820717138(日本能率協会マネジメントセンター)
「残業ゼロ」の仕事力のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.5 [3.5]

集中力を増すためのヒントを知りたくて読書。『デッドライン仕事術』をさらに大きく人生と仕事というテーマで展開する。life for workではなく、work for lifeを目指すことを勧めている。常に時間を30分程度で区切り、ストップウォッチを携帯して時間を計りながら、作業や勉強をするように意識付けをしてみようと思う。読書時間:約45分JUGEMテーマ:読書

 最近、あまりこのジャンルは手に取らなかったような気がします。ふと、頭の準備運動のつもりで読んでみました。吉越 浩一郎さんの「「残業ゼロ」の仕事力」。こういう本って、結構すぐ読めてしまうのに、大事… このレビューの続きを見る

3.5

残業時間の減らし方

22:17:By

前回、”人生トータルでのワークライフバランスを考える”という記事 を書きましたが、それを実践するにあたって、如何にして残業時間を減らすかを 日々奮闘中です。僕も、仕事沼にはまったことがあり、9時〜終電が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書残業してあたりまえ。 御社はそんな状況になっていないだろうか? 会社の為に残業してるのに、何が悪い!!といった風潮になっていないだろうか? 残業までして仕事をしている。 コレは、良くな… このレビューの続きを見る

 紹介者★:モリバ 貸付OK★:○ コメント: デッドラインによる仕事の管理、がんばるタイム等独自のコンセプトを打ち出す。残業はダメというよりは残業をやらないよう就業時間をひたすらに効率化せよ!という考え。非常に重要な考えであるため、見習っていきたい。

 --------------------- 「残業ゼロ」の仕事力 著者:吉越浩一郎  --------------------- 日本の会社から残業をなくすことなんてできるのかしら? そんな風に思うのは、残業することが「善」だと思って… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 吉越浩一郎著の「残業をしない仕事術」を読んだ。タイトルと表紙の著者の写真のイメージから、さらっとしたソフトなエッセイ風のものだろうと想像していた。 良い意味で見事に裏切られた。 書… このレビューの続きを見る

「早朝会議」 「完全ノー残業」 「がんばるタイム」 で有名な元トリンプ社長著。 日経アソシエを購読してたときによく取り上げられていたので、この会社の 特殊な経営手法は知っていたけど、別にそれを盗む… このレビューの続きを見る

子どもができて「働き方」を変えなければ...と常々考える これまた中古で購入...「なるほど」と目からウロコ 以下備忘録的に引用 残業が常態化している職場は「悪」である理由 1.会社や社員の抱えている問題… このレビューの続きを見る

3.5

「残業ゼロ」の仕事力

19:13:By K020

実際のところ、いきなり残業ゼロは無理。 それに、自分は帰りたくても、社外からの依頼があるときは、泣く泣く居残り。 まぁ、前に比べると早く帰るようになったし、 納期の余裕ももってもらうようにしたので、ほんの少し改善されてきたのかな。

 ある一言がきっかけで、その後の行動が大きく変わることってありませんか?えてして、そんな一言は、他人からしてみれば、びっくりするほど他愛もない言葉だったりして。  で、私にとって最近、自分の行動を… このレビューの続きを見る

今期から毎週金曜日は「ノー残業デー」 まだ不慣れでバタバタしますが、セクレタリMさんの強い呼びかけもあって浸透してきていると思います。若手もシュッと帰ってすばらしい。月曜日は創立記念日の振り替えで休み… このレビューの続きを見る

やっと読み終えた・・・ 吉越さんがトリンプで行った有名な「残業ゼロ」、「早朝会議」など仕組み作りについて書かれている本。もちろん他にも書かれてるんだけど、吉越さんはかなりの合理主義者だと思った。 … このレビューの続きを見る

残業したら負けかなと思うようになった。 仕事には必ずデッドラインをつける。 「問題がない」会社は危険ゾーンにぎやかで活気あふれるオフィスというのは、誰も仕事に集中していない状態なのです。

JUGEMテーマ:読書 感覚が違うなあ というのが正直 確かに世界のスタンダードに近づくべきだし 近づきつつあるとは思うけども 越えられない一線であるようにも思う 国民性 だって勝たなきゃいけない… このレビューの続きを見る

私が勤めている会社でも残業が常態化しています。ちまたでは『ワーク・ライフバランス』を大切にしようなんて言われるようになりましがなかなか周りの人が帰らない→だから俺も帰りづらい。どうしたらいいの??とお… このレビューの続きを見る

トリンプの元社長が書いた本。 社長になってから、残業をなくして労働時間を減らしたのに、5倍にしたという、すごい社長さんです。 日本は残業によって業績を上げてきたと言う人も多いけど、もっと効率を上げ… このレビューの続きを見る

某大手媒体社にてディレクター兼プロデューサーをしている師匠の指示により、「1週間に最低1冊のビジネス書を読む」というのを未だ実行しているわけで、なんというか本代も馬鹿にならないわけで、お金がないのはama… このレビューの続きを見る

デッドラインとかロジカルシンキングなんかがキーワードなんだけど あんまり疑問を抱かずに、この本をサクサク読めちゃう自分も 無意識にデッドラインやロジカルシンキングが身についているってこと? 仕事ぶりを振り返るとあんまり活用してないな(笑

関連する商品