>
[Amazon] もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)
もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)で自分のブログにレビューを書く

もりのなか

おすすめ!3.9 [3.9](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:8673位
  • Amazon価格:¥ 1,080
  • ユーズド価格:¥ 132
  • ISBN/ASIN:4834000168(福音館書店)
もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.9 [3.9]

JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ JUGEMテーマ:童画・絵本 JUGEMテーマ:絵本紹介 「ぼくは、 かみの ぼうしを かぶり、 あたらしい らっぱを もって、もりへ、 さんぽに でかけました。」 すると… このレビューの続きを見る

030/もりのおくのおちゃかいへ いかにも、女子がすきそうな絵の絵本。 お話はとても絵本的。平和な赤ずきんちゃん。 途中で、動物たちが振り向く場面がある。 見開きいっぱいに、動物たちのモノトーンのイラ… このレビューの続きを見る

紙の帽子をかぶり、新しいラッパを持って森へ散歩に出かけた男の子。ラッパの音を聞いて、森でくつろいでいた動物たち――ライオン、ゾウ、クマ、カンガルー、コウノトリ、サル、ウサギ――が次々と散歩に加わって、長… このレビューの続きを見る

もりのなか

16:41:By 『e-ehon』

 「ぼくが森の中へ散歩に行くと、森の中にいた動物達がついてきました。」 紙の帽子をかぶって、おもちゃのラッパをもったぼくの不思議なお話。 白黒で描かれたところが、その不思議さをより引き立てます。 092904

紙の帽子をかぶり、新しいラッパを持って森へ散歩に出かけた男の子。ラッパの音を聞いて、森でくつろい でいた動物たち――ライオン、ゾウ、クマ、カンガルー、コウノトリ、サル、ウサギ――が次々と散歩に加 わって、長い行列ができあがる。ライオンは髪をきれいにとかし、ゾウはセーターに着替え、クマはジャム とピーナッツを持ち、カンガルーはおなかのポケットに赤ちゃんを入れ太鼓を手に…。

大好きな「またもりへ」 お昼寝前に2回読みました ページを開くと白黒の世界なのになぜか子どもたちをひきつけるこの絵本  動物たちの表情もすごくいい この絵本は今年の夏休みも終わる頃、ひとり甲府に資格試… このレビューの続きを見る

 おすすめの本を紹介しています。出版社/著者からの内容紹介紙のぼうしをかぶり、おもちゃのラッパをもったぼくは、森で動物たちといっしょにあそびます……。幼児の心の世界を黒いコンテで鮮やかに描いた絵本の傑作。読んであげるなら:2才から 自分で読むなら:小学低学年から

3.9

もりのなか

12:00:By トトガ御用達

JUGEMテーマ:育児 くもんのすいせん図書2A-32

3.9

もりのなか

13:44:By 読書三昧。

私が一目ぼれして買った絵本。モノクロの無声映画のような、なんともいえないいい雰囲気が全体に漂っている。「またもりのなか」という続編もあって、そのオチで父親が子供に言うセリフが極上。ほのぼのというより、きゅんと胸の切なくなる1冊。

3.9

もりのなか

17:00:By the park of shoegaze

紙のぼうしをかぶり、おもちゃのラッパをもったぼくは、森で動物たちといっしょにあそびます……。 幼児の心の世界を黒いコンテで鮮やかに描いた絵本の傑作。 (amazonより)

森の静けさの中で不思議な物語が淡々と語られます。読み終わったときは、今朝見ただろう夢のように感じられます。 絵は白黒で、字数も少ない文章ですがファンタスティックな雰囲気が十分伝わります。 ベットの中… このレビューの続きを見る

実は前にボランティアで知り合ったおばちゃんが 「おばすて山」のところでそろばん教室をされてるんです。 そこはマスがたくさんいるくらいきれいな川が流れ もうちょっとしたら蛍がたくさん舞うんです。 子供… このレビューの続きを見る

2月28日松野正子氏による第3回目児童文学講座がありました。 今回は、かなりの量の絵本・児童書を紹介されたので、 ここには書ききれません。 一番印象に残った本、というか私の好きな本がこれ。 「もりのなか」でした。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品