>
[Amazon] たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)で自分のブログにレビューを書く

たまごのあかちゃん

おすすめ!4 [4](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:27913位
  • Amazon価格:¥ 972
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4834011925(福音館書店)
たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 4 [4]

 笑い声だろうか? 歌声だろうか? 叫び声だろうか? とにかく聞こえてくる。 生まれたばかりの「たまごのあかちゃん」たちの、 喜びの声だ! みんな、クリクリとした目で笑っている。 ラスト前の見開きでは、「たまごのあかちゃん」たちが未来に向かって行進しているようで清々しさを感じる。  なんだか幸せになれる絵本…… 楽しめるのは、子どもたちばかりじゃない。

1.はたらくくるまなにかな?2.おひさん ☆3.へんなところ ☆4.ぼたもちばあさん(紙芝居)5.たまごのあかちゃん ☆<☆chaury担当> 集まったのは、2歳くらいから4歳くらいの子どもたち。「おひさん」は、… このレビューの続きを見る

「たまごのなかでかくれんぼしている あかちゃんはだあれ? でておいでよ」と呼びかけると、 卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。 幼児向け絵本|小学1-2年生向け絵本|しかけ絵本|外国の絵本|世界の名作|おとなの絵本|遊び絵本|知育絵本

たまごのあかちゃんって題がおもしろいと思いませんか? 卵って赤ちゃんよりも小さいですよねぇ!だって卵から赤ちゃんが生まれるもの…。 絵本の中を読んでもらうとわかるのですが、『この卵の赤ちゃんは?』… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪ 今日は、チル大vol3の学びです。 先日、図書館で「ぞうのたまごのたまごやき」 という絵本を借りて読み聞かせをしました。  このお話は、たまごのすきな王さまのうちに赤ちゃ… このレビューの続きを見る

 本の後ろには、対象年齢として「2〜4歳」とあります。でも、0歳(もうすぐ4ヶ月)の娘はニコニコして眺めています。「しろくまちゃんのほっとけーき」に匹敵するニコニコです。

JUGEMテーマ:育児 くもんのすいせん図書5A-32

こちらも乳児期に大ヒットの1冊。 たまごのなかから次々いろんな赤ちゃんが現れる。 次は誰かな〜?と質問すると、一段とヒートアップ。 子供というのはすごいもので、気に入った絵本の作者の違う作品を見ても、テイストがかなり違っても、すぐに同じ作者だとわかる。

たまごのなかに隠れているあかちゃん。 かめやへび、ぺんぎんなどいろいろなあかちゃんがでてきます 「たまごのなかにかくれているあかちゃん」まで読むと 子どもたちは「でっておいでー」と一緒に言っていますよ お母さんやお父さんと一緒に読めば子どもも嬉しくなっちゃうでしょう。 みんなで一緒に「でっておいでー」を楽しんでください。

次々にページをめくると赤ちゃんがたまごから飛び出してくるのが いいのでしょう。 hinaとmickeyはかなりのお気に入り。 ヘビのページではにょろにょろと一緒になって盛り上がっています。

関連する商品