DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 - ダニエル・ピンク のレビュー全41件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代で自分のブログにレビューを書く

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

おすすめ!3.5 [3.5](41件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:6346位
  • Amazon価格:¥ 2,052
  • ユーズド価格:¥ 267
  • ISBN/ASIN:4837956661(三笠書房)
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(41件) 3.5 [3.5]

ハイコンセプトの6つのセンス six senses ハイコンセプトの6つのセンスとは、美的感覚や感情的・精神的要求に応えるために必要な6つの資質。機能でなく「デザイン」、議論より「物語」、個別より「全体の調和」、論理でなく「共感」、まじめだけでなく「遊び心」、モノより「生きがい」の6つ。

塵肺魔乳婆

20:07:By J L G 2

陣羽今入姥、

    作家のダニエル・ピンク氏が語る「人生を変えた1つの助言」 http://www.lifehacker.jp/2014/07/140703danielpink.html ピンク氏は文章を書く過程を人生に例えて、 なぜ計画を立てるよりも実際… このレビューの続きを見る

ゆるキャラの中でもひときわ人気・話題性のある「くまもん」。ついに海外に進出し、自動車のMINIとコラボして「くまもん MINI」を発表しました。 ■「くまモンMINI」もらったモン 英の自動車工場訪問 htt… このレビューの続きを見る

というわけで話題ののぺヤングタラコ味を食べてみたのですが… 焼きそばというよりもタラコスパゲティに近いですが、意外と美味しかったです。 そして、ぺヤングは「和風焼き蕎麦」味というのも発売して… このレビューの続きを見る

これまで仕事をしてきて、「チームの雰囲気をよくするためには、こういう要素が必要だよなあ」と感じたものが5つほどありました。 そして、それらが偶然(というか強引に)「あ」で始まるということを発見し… このレビューの続きを見る

(1)Google (2)ライフネット生命 (3)速水もこみち この3つの共通点、なんだか分かりますでしょうか? それは、すべて「ちょっと変わったかたちで」ネットで話題になったことがあるという点です。 超有… このレビューの続きを見る

(1)Google (2)ライフネット生命 (3)速水もこみち この3つの共通点、なんだか分かりますでしょうか? それは、すべて「ちょっと変わったかたちで」ネットで話題になったことがあるという点です。 超有… このレビューの続きを見る

日本に残る神話の1つに「天岩戸(あまのいわと)」という話があります。 簡単に紹介すると、以下の通りです。 太陽神アマテラスは、弟のスサノオが乱暴狼藉の限りを尽くすので、それを嘆き悲しんで天岩… このレビューの続きを見る

ダニエル・ピンク

15:28:By CHILD RUSH

 

先日、こんなつぶやきをしました。 「ブログとかを見ていると毎年必ず何名かはいるのだけど、×『実務補修』→○『実務補習』なので注意してね。」 「『誤字が多くても、文章の中身さえよければいいじゃん』… このレビューの続きを見る

以前も紹介した「ハイ・コンセプト」では、これから重要になる要素の1つとして「遊び心」が挙げられています。 詳しくは本書をお読みいただきたいのですが、「遊び心」に関連して最近自分がおもしろいと思っ… このレビューの続きを見る

あと、期待して読んでみたけれど、これは空振り。ドラッカーのナレッジワーカー(知識階級)の時代から、新たな人材像が求められるようになり、それは論理的な左脳ではなく、全体像を把握して感性のある右脳型とな… このレビューの続きを見る

豊かさ、アジア、オートメーションに翻弄されている世の中では、「左脳主導思考」は必要であるが、もはやそれだけでは不十分であり、私たちは「右脳主導思考」に磨きをかけて、「ハイ・コンセプト、ハイ・タッチ」… このレビューの続きを見る

 今日も語った。本当はどうなりたい?本当はどうありたい?制限がないならば。(笑)__________________________ 今日の詩!↓↓↓http://www.youtube.com/watch?v=7qiwmBtcnH4木蓮の涙… このレビューの続きを見る

21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思った時に何をしなければならないか。本書はこの「100万ドルの価値がある質問」に初めて真っ正 面から答えを示したアメリカの大ベストセラーである。1.この… このレビューの続きを見る

21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思った時に何をしなければならないか。本書はこの「100万ドルの価値がある質問」に初めて真っ正 面から答えを示したアメリカの大ベストセラーである。1.この… このレビューの続きを見る

僕の研究会では、今度「寸劇プレゼンテーション」というものをやろうと思っています(5,6,7月は既にテーマが決まっているので、8月以降を予定)。 これは、ただ説明するだけのプレゼンではダメで、プレゼンの… このレビューの続きを見る

先日、下記のブログで「TED」というサイトの存在を知りました。 多くの素晴らしく良質な講演・プレゼンテーション動画がアップされています。(ビルゲイツもいますね) TED.comは、最高レベルの英語学習コ… このレビューの続きを見る

 読んだのはかなり以前なんだけど、ときたま読みかえしてます。価値観の大きく変遷している時代において、次に必要とされる素養について紹介されています。これからの起こりうる(すでに起こってるけど)危機… このレビューの続きを見る

 久々に3時間くらいかけてじっくりとフォトりました。それだけ時間をかけても十分にもとが取れる情報量の多さ・有用さに溢れております。かなりの良書。はっきり言えば、神田昌典さんも勝間和代さんも述べている… このレビューの続きを見る

デザイン系?

22:57:By いつかの夢

仕事の参考に渡され、今半分くらい読んだところ。 結構興味深い。(が、反発したくなるところはそれなりにある) 機能だけではなくデザイン性が差別化を図るキーワードだ だから右脳も使え ルーティーンワークは… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:転職活動  人事異動2日目。様々な事情が分かってきました。まず、私のいる部署。今期はいいのですが、来期数字が落ちます。固定取引先との契約が終わり、更新が出来ないということであります… このレビューの続きを見る

今後もメシを食っていくために、考えなければならない懸念材料 「インド等の発展途上国」→低賃金で同じ作業を行うことが出来る。 「オートメーション化」→会計士や弁護士の仕事ですら、コンピュータで行える。 特に「… このレビューの続きを見る

タイトル:ハイコンセプト 著者名:ダニエル・ピンク ページ数:349P 読む目的:おススメらしいので 読んだ時間:150分 読んだ感想を一言:デザイン、物語、調和、共感、遊び心、生きがい。 足りないところ強… このレビューの続きを見る

直感でこの本を選んでました。 なぜか、未来のことが最近は気になります。それは、日本の将来が明るくないからなのでしょうか? 自己防衛のためにそうしているのか? 正直わかりません。 でも、今後自分で責… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス いわゆる左脳より右脳という主張。 第4の波・・・コンセプチャルな社会 ・よその国、発展途上国が仕事を奪う ・コンピューター、ロボットが仕事を奪う ・反復性のあるものは価値を… このレビューの続きを見る

この本は、将来を勝ち得たい人は読むべき本です! 今後、「ルーティンワーク」的な仕事は どんどん「コンピュータ」と「安い労働力」に奪われて行きます。 伝票計算やデータの受け渡しは、パソコンで出来るし… このレビューの続きを見る

とても読みやすかったです。 これからは、「ハイ・コンセプト(これまでの思考の殻を破った 新しいことを考え出す人」の時代になるということが 前半に述べられています。 後半には、これから求められる6… このレビューの続きを見る

今更ながら、読んでみました。この手の本は(流行もあるので)数年経つと意味をなさない場合がありますが、まぁ、読んでみようと。 私自身が本書で書かれているその対象職能である「デザイナー」なので、「言わ… このレビューの続きを見る

情報社会が進んで、早くも次の時代へと移り変わってる中、今後どうなっていくのか、けっこういいこと書いてました。 要するに、中国インドの発展とコンピュータの発達で、 これからの仕事の形を考えないといけ… このレビューの続きを見る

訳者解説─これからの日本人にとって必読の教則本 大前研一 はじめに 「専門力」ではない「総合力」の時代! 第1部 「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)」の時代 1 なぜ「右脳タイプ」が成… このレビューの続きを見る

■ 「答えのない世界」を生き抜く鉄則:ITpro 2006年に刊行されたこともあり、 今の時代を捉えた名著だと思う。 「ハイ・コンセプト」と名付けることもあり、 考え方のシフトを感じた。 特に「"論理"よりは"共… このレビューの続きを見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇ ◇◇   よりよく生きるためのキャリアデザイン実践 ◇◇     ━━━━━━━━ 2007年6月6日より発行 Vol.022 ━━━━━━ キャリアデザイン、ライフサイクルデザイン… とても大… このレビューの続きを見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇ ◇◇   よりよく生きるためのキャリアデザイン実践 ◇◇     ━━━━━━━━ 2007年6月6日より発行 Vol.021 ━━━━━━ キャリアデザイン、ライフサイクルデザイン… とても大… このレビューの続きを見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇ ◇◇   よりよく生きるためのキャリアデザイン実践 ◇◇     ━━━━━━━━ 2007年6月6日より発行 Vol.020 ━━━━━━ キャリアデザイン、ライフサイクルデザイン… とても大… このレビューの続きを見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇ ◇◇   よりよく生きるためのキャリアデザイン実践 ◇◇     ━━━━━━━━ 2007年6月6日より発行 Vol.019 ━━━━━━ キャリアデザイン、ライフサイクルデザイン… とても大… このレビューの続きを見る

これからの時代をどう考えるかの一助になる本だ。 どうなるかは、もちろんなってみないとわからないが、 確かに「新しいことを考え出す人の時代」というのは、 冷静に考えれば至極真っ当な考えだと思う。 ダ… このレビューの続きを見る

格差社会で生き残る為の5つの能力 2007-6-28 7:17:00 by favre21 「21世紀型のモチベーションアップを考える」で、これからの時代は右脳的付加価値が重要になるのではないかと述べた。そこで、この元ネタで… このレビューの続きを見る

出版社/著者からの内容紹介 21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思った時に何をしなければならないか。本書はこの「100万ドルの価値がある質問」に初めて真っ正面から答えを示したアメリカの大ベストセラーである大前研一

本を読む前に、先に著者ダニエル・ピンクの講演を聞いた。 2006年11月。セントルイスで行われた国際コーチ連盟年次大会での基調講演でのことだった。 「なるほど!」と思い、帰国後、本を手にして読むまで時… このレビューの続きを見る