>
[Amazon] 本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)で自分のブログにレビューを書く

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術

おすすめ!3.6 [3.6](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:30929位
  • Amazon価格:¥ 576
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4837976913(三笠書房)
本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.6 [3.6]

本書は、マイクロソフト株式会社元社長である成毛 眞の読書術を書いたものです。この本で紹介するのは、「庶民」から脱するための読書術です。高所得階級の人間になるか、低所得階級の人間になるか--その境目となる… このレビューの続きを見る

元マイクロソフト社長の成毛眞さんが主宰する本のキュレーター勉強会に参加させていただく事になりました。http://d.hatena.ne.jp/founder/20110105/1294206667著書『本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルであ… このレビューの続きを見る

フォトリーディングや速読といった技術習得以前に、ぜひとも読んでおきたい一冊。著者は成毛眞、元マイクロソフト株式会社の社長です。 「この本で紹介するのは『庶民』から脱出するための読書術である。」 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 切れ味のよい論調で、「庶民」をバッサリ。たくさんの本を読んできて、蓄えられているバッファが、ものすごいと感じさせられる。深い思考力、高い集中力を養うためには、とにかく「たくさん読… このレビューの続きを見る

 じつはマイクロソフトの元社長の成毛さんから「キミたちは本について2つ誤解している。ひとつは全部読 まなくちゃいけないと思ってること。もうひとつは読んだことは覚えてなきゃいけないと思ってることだ」とい… このレビューの続きを見る

 著者は元マイクロソフト社長。歯に衣着せぬ物言いに、読んでいてとても痛快でした。まずここを読んだだけで面白そうと思ってしまいました。 『たとえば「趣味は読書。最近読んだ本はハリポタ、セカチュー」… このレビューの続きを見る

266 本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫) 成毛 眞著 JUGEMテーマ:読書 ベストセラー本や、棚に積まれている系の本は あんまり好きでは… このレビューの続きを見る

 先日買ってきたけど、まだブログにUPしてなかったので・・・「本は10冊同時に読め!」著者の成毛さんはたくさんの本を読んでらっしゃるだけに、文章がおもしろかったですハッキリと物を言う方なので、好き… このレビューの続きを見る

 この本は購入してきました〜ッなんだか、よく売れた本なのではございませんか?ここのところ和書から離れていたユメは初めて読みました題名を聞いたことがあったので、それでは立ち読みしてみましょうと(立… このレビューの続きを見る

マイクロソフト日本法人の元社長、成毛真さんの本をフォトリーディングしました。R25に書いてあるのを見て、以前神田昌典さんとの対談CDを聞いていておもしろかったので、速攻でアマゾンで取り寄せました。 … このレビューの続きを見る

本は最後まで読む必要はない、仕事とは直接関係のない本を読め、読書メモはとるな━━これまでの読書術の常識を覆す、画期的読書術! あらゆるジャンルの本からの情報を組み合わせることで、新しいアイデアが生ま… このレビューの続きを見る

「並列読書術」 ベクトルの異なる本を同時に読めば、脳のさまざまな部位hが刺激される。 発想・転換力の強化 → アイデア力のトレーニング しかし、内容が薄いよ、この本(笑) JUGEMテーマ:読書

タイトルに引かれて思わず買ってしまいました。 1冊ずつ本を読んでいくのではなく、 場所ごとに たとえば電車の中、トイレ、リビングと読む本を変え、 1日の中で何冊ものジャンルの違う本を読む 「超並列読… このレビューの続きを見る

多読をすすめる本はたくさんありますが、かなり辛口だと思います。日本はこれからますます格差社会になり、勝ち組と負け組みの二極化になるでしょう、「庶民」から抜け出すには、読者すること、それも誰もが読んだ… このレビューの続きを見る

成毛さんがどんな本から影響を受けたがわかる。 ノウハウ本より、割とビジネススキルかな。 新人ちゃんとか若い人に読んでほしいなぁ。と思う本。 さらさら読めます。

元マイクロソフト日本法人社長の成毛さんの本です。 成毛さんの実行されている『超並列』読みでは、様々な異なる分野の本を同時進行で読むことを薦めています。読む本は別に難しいものでなくてもよく、また読む場… このレビューの続きを見る

 本書は元マイクロソフト代表取締役社長であり、ビジネス界きっての読書家として知られている成毛眞氏の読書のすすめ。はっきり言ってかなり挑戦的な内容となっております。人によっては、読書の仕方、読んでいる… このレビューの続きを見る

 目次に、 まずは「成功本」を捨てよ とあるようにこの本において成功本は唾棄すべき対象です。  しかし、「これは『自分はこのようにやってきた』という本なのだから、成功本と変わらないではないか」という… このレビューの続きを見る

実践してます。 意外と頭はごっちゃにならない。 そして、参考になります。 しかし、この本は「本至上主義」というのが大前提です。 私も本を全く読まない人はやはり 「人間としての質が少し落ちる」 と… このレビューの続きを見る

35歳でマイクロソフト日本法人の社長になった成毛氏の読書術。 本を読まないヤツは一生使われる側の人間で終わる等々、かなり思い切った論調。 同時に10冊と言わないまでも同時に違うジャンルの本を平行して… このレビューの続きを見る

朝立ち読みした本。 how to本、「〜力」というタイトルの本を読むのは× とのことだけど、いまいち理由が論理的でない。「他人のマネばかりしているような者はいつまで経っても庶民にしかなれない」とのこと・・。… このレビューの続きを見る

舌鋒鋭い。 昔から憧れている。本を持ちきれないほど買うことに。 成毛さんは、読んだ本は別荘に送るそうだ。 それも憧れ。 僕の場合、未だに本を買うのにケチる。図書館で借りれば、とか、 事務所で発… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今読んでいます。 この本は、「もっともっと本を読まなくては・・・」と思わせてくれる本です。 ある意味、すごく刺激になります。 オススメです。

 なかなか面白い。 わたしは生真面目な性格が災いして「つまらない本」や「眠くなってきた時」等にも「がんばって読もう」と思考が向いていたのだが,この本に従って少しでもあきた時に次の本へ移行したらトータルは普段の5倍以上早い。 この読書法は採用。  辛口というか,わざと強い言葉を使っているけどちゃんと書籍用にマイルドにしてある。 わたしとしてはアマゾンの書評にあるような不快感は全く感じなかった。

関連する商品