>
[Amazon] 雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)
雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)で自分のブログにレビューを書く

雪屋のロッスさん

おすすめ!3.5 [3.5](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:730323位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4840114935(メディアファクトリー)
雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.5 [3.5]

読了

05:03:By THE RED NOTEBOOK

読了 

読み始める 

(→2/13) 

  雪屋のロッスさん         いしいしんじ  「さいわいなことに、雪はいずれ溶けます。 はかないようですが、そこが雪のいいところです」 ロッスさんは、そういって笑いました。 物語作家いしいし… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 「さいわいなことに、雪はいずれ溶けます。はかないようですが、そこが雪のいいところです」ロッスさんは、そういって笑いました。物語作家いしいしんじが描く、さまざまな人たち、それぞれの営み。あなたは、何をする人ですか?

なぞタクシー、調律師、大泥棒、棺桶セールスマン、風呂屋、 図書館司書、象使い、床屋、警察官、コック、ボクシング選手、 クリーニング屋、雪屋、似顔絵描き、プロバスケット選手、 果物屋、ポリバケツ、犬散… このレビューの続きを見る

大工さんの大半は宇宙人です。 この一言でトリコになってしまう。いしいしんじ大好き。 プラネタリウムの館長さんとか路面電車の運転手とか、いろんな職業の人間を描くいしいしんじによる、職業人の掌編小説が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 短編30作からなる短編集。 短編も短編 2ページで終わっている話もあるくらい どれもが絵本のようなお話で、絵は全くないのに可愛らしい絵が頭の中に浮かんでくるようなお話ばかりです。 とても心が和やかな気持ちになりました とても短い話ばかりだけど、読み終わった時の満足感は充分あります

ロッスさんは、造雪機に乗って雪を作る有名な雪屋です。 クリスマスイブの朝、広場に雪を作ってやるのが仕事でした。 しかし、あるこじきが「雪を作るのをやめろ」と騒ぎ出した。 ちょっといい話や、ちょっと… このレビューの続きを見る

【★★★★☆】 いしいしんじがいろんな国のいろんな職業の人を描いた本。 主人公は象使いから、風呂屋の夫妻、王子さまから、時には人ではない「旧街道のトマー」だったり・・・ ありえない設定なのに、情景が頭の… このレビューの続きを見る

「さいわいなことに、雪はいずれ溶けます。はかないようですが、そこが雪のいいところです」ロッスさんは、そういって笑いました。雪屋のロッスさん、大泥棒の前田さん、似顔絵描きのローばあさん、サラリーマンの… このレビューの続きを見る

やわらかそうで、固そうで、優しそうで、残酷な。 『物語』って言葉にしっくりくる30篇のお話。 新聞か雑誌で紹介されているのを見て心魅かれたこのタイトル。 ・・・・・・雪屋のロッスさん、大泥棒の前田さん… このレビューの続きを見る

3.5

徒然曜日

14:11:By Pelog ジキル篇

以前、いしいしんじと対談した中島らもが「かなしいくらい頭のいい人」と評していたが、「かなしいくらい優しい人」でもあると思う。 こんなお話、絶対いい人じゃないと書けない。

久しぶりに好きな感じの本を発見しました。 いしいしんじさんの「雪屋のロッスさん」。 文章がなんかこう優しい感じですきです。 30もの短編集なので手軽に読めるのもまたいいです。 偶然にも、この中に、銭湯を営むご夫婦のお話を見つけて なんだかじっくり読んでしまいました。 お湯を沸かす薪の燃える音までやさしく聞こえるお話でした。

お風呂屋の島田夫妻、大泥棒の前田さん、棺桶セールスマンのスミッツ氏、ポリバケツの青木青兵など、さまざまな人(?)の仕事と暮らしを描く短編集。 不思議な話に驚き、のどかな話に微笑み、悲しい話に立… このレビューの続きを見る

雪屋のロッスさん

20:56:By たちばな

なんとも…すてきな…童話のような

関連する商品