>
[Amazon] カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleep

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleep
カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleepで自分のブログにレビューを書く

カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleep

3 [3](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1024138位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4840116008(メディアファクトリー)
カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleepのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3 [3]

廃墟マニアの大学生男子二人。ちょっと好意を寄せている同級生の女の子の実家近くにある廃工場に行きたいことを口実に、彼女の実家に行くことになる。かなりのお金持ちらしいけれど、父親も母親も姿を表さず、皆そ… このレビューの続きを見る

3

カクレカラクリ

10:06:By くねくね式

廃墟マニアの大学生二人は、同級生の実家である鈴鳴村にやってきます。そこで聞いたのは120年後に動くように作られた隠れ絡繰が今年動くというウワサ。 彼らは隠れ絡繰の謎を解くべく話を聞きはじめます・・・! 相変わらず登場人物がちょっとぶっ飛んでいるというか、色んな方向に超越してるんですよねぇ。 からくりの謎も、壮大でした。

カクレカラクリ An Automaton in Long Sleep 森博嗣 メディアファクトリー/講談社ノベルス/MF文庫ダ・ヴィンチ 夏休み気分満載のお話。 読んでいるとわくわくしてきます。 タイトルの響きも好き。 120年の時間を越えて届いたメッセージに 何かこれいいなあ、と思った。

3

カクレカラクリ

10:13:By marshmallo

空に浮かんでいる星と同じで、見ている者には綺麗だけれど、近くで見れば、必ず重さのある物体なのだ。人がそれぞれに抱えているものの重さなんて、本人以外には理解できない。いくら言葉にして伝えても、軽くなることはない。 カクレカラクリ/森博嗣

ドラマ化したとは。 寡聞にして知らなかったです。 森博嗣は好きな筈なんだけど この作品には読んでいてあまり気持ちが入らなかった。 廃墟探索、村の伝説や、隠れたからくりを探すという点で きっと自分が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:趣味 終わり方が面白い まさか知っていたとは…

コカコーラ120周年を記念してかかれたそうで(笑)。 いやぁー。 なんかこの仕組みというかカラクリというか、 スケールがでがい!! けどあっけない(笑)。 出てくる人たちが森さんの他の本と比べると普通の人って感じでした。 まぁ結構すごいけど。 JUGEMテーマ:読書

古いものマニアの工学部生、郡司朋成と栗城洋輔は 憧れの同級生、真知花梨の故郷、鈴鳴にやってきた。 そして真知から、故郷に伝わる隠れ絡繰りの伝説を聞かされ――。 コカコーラ120周年記念小説。 爽やかでした。 それはもうコカコーラのように。 私、コーラ飲めないんですけどね。 ミステリ的要素は薄い気がするけど、 森博嗣の本はネタバレしちゃいけんと思うので、

廃墟マニアの郡司朋成と栗城洋輔は、同じ大学に通う真知花梨に招かれて鈴鳴村にやって来た。その地にある廃墟施設を探検するためだ。だが彼らを待ち受けていたのは奇妙な伝説だった。鈴鳴村にはかつて天才絡繰り師… このレビューの続きを見る

 「青子の本棚」にUPしました。 「僕はね、隠れ絡繰りが見つかってほしいとは、正直思っていない。密かに隠れていたからこそ、今まで長くこうして語り継がれたんだ。絡繰りとは、元来そういうものなんだよ。… このレビューの続きを見る

    あべちゃんが好きです。 でも、くまの方がもっと好きです! というわけで。{何} 昨日、図書館で「カクレカラクリ」、借りて来た(・∀・) あと、「てるてる坊主の照子さん」の上巻下… このレビューの続きを見る

関連する商品

  • ZOKU

    ZOKU

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均40