DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed トーマの心臓 Lost heart for Thoma - 森 博嗣, 萩尾 望都 のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)で自分のブログにレビューを書く

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

2.9 [2.9](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:653558位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4840128677(メディアファクトリー)
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 2.9 [2.9]

2.9

トーマの心臓

13:29:By 本の虫

男性の著者が書くとこうなるのかなぁ?な『トーマの心臓』。 なんか、ファンが書いた感はいなめないなぁっと。 舞台が日本やったり、 ユーリが委員長でなかったり、 保険医が女性だったり、 色々とちょこちょこ変… このレビューの続きを見る

最近読んだ本

11:56:By Personal Pulse

トーマの心臓

12:20:By よそゆき

冬の朝、ひとりの少年が死んだ。 それが寄宿舎に波紋を拡げていく。 オスカーと同室のユーリに、少年からの手紙が届き、 そして死んだ少年とよく似た転校生、エーリクの出現によって、 ユーリは心の均衡を失っ… このレビューの続きを見る

かの有名な萩尾望都の『トーマの心臓』。 実は読んだことがないのである。1度は読んでみたいと思いつつも今更読むのもなと思っていたら、なんと森博嗣がノベライズしたと云うのでさっそく読んでみた。 事前にちらり… このレビューの続きを見る

あの『トーマの心臓』が、小説になったというので、原作を読んだのは、もうずっとずっと前なのですが、興味があり読んでみました。読み始めて原作の世界が思い出されてきたのですが、少しだけ違和感があるなと思っ… このレビューの続きを見る

森トーマ

23:14:By いわし

 読んだーーーなんで日本なの?最後までその意図はよくわからなかったけど、意味はないんじゃないかと思う事する。どうやら、原作トーマは色んな人の視点から描かれていて、森トーマオリジナルのストーリーも… このレビューの続きを見る

森博嗣が小説化してる! 今日、本屋で偶然見つけた。 漫画から小説化されるのは珍しいような。 森博嗣と萩尾茂都・・・。 どうもうまくつながらない。 文庫になれば読んでみようかなあ。

2.9

検討中

22:42:By totte chitte

ごめんね、まだ買ってないんです。 森☆博☆嗣によるトーマの心臓。 だれか買わないかなー、と思って(笑) 購入を逡巡したのは表紙が正直ちょっと・・・   だったから。 文庫まで待ってみよっかな、と思ってしまったの。 今出ている愛蔵版と同じ装丁だったら即買いだったのになあ。 とっても読みたい気持ちはあるんですけどね。

 いつも通りのドライな感じの文章なんですが、 原作の世界感にどれくらい忠実なのかが、 気になるところです。 ボーイズ・ラブといって良いんでしょうか、 この登場人物の設定は、作者オリジナルでは なかなか無いです(と、思いましたが)。 作者が、萩尾望都の対する尊敬が感じられます。

ご存知でしたか

21:00:By

  森/博/嗣によって小説化されましたね。 やっぱ・・・読みたいよねぇ。 もっと早く記事にするつもりだったのに、忘れてました。 最近活字離れしてまして。だめだ。

 マンガでも小説でも映画でも。いいものはいい。面白くないものは面白くない。そういう考え方をする渓さんは、特に小説派でもマンガ派でも映画化大賛成派でもない。でも、小説で読んで出来上がってるイメージ… このレビューの続きを見る

9. トーマの心臓 / 森博嗣良かった。生きてて良かったよ。まさか森博嗣が萩尾望都をノベライズ化するなんて夢にも思っていなかった。情報を知ってから、半年楽しみにした甲斐がありました。本当に良かった。オスカ… このレビューの続きを見る

ただいま読書中・・・

17:54:By

 書き下ろしイラストとおまけ、、、応募者全プレという企画についついひっかかちまいました。 BLの元祖? 腐女子の始まり? 萩尾望都さんファンにぶん殴られそうですが、ここから今のBLが始まったといっても過言ではないと思います。 まだ読み終わっていないので、 感想は書けませんが これはこれ!で映画になった作品同様 別物だと頭を切り換えて、読んでいくことが大事だと思います。

とりあえず読了。あーなんか、読み終わって、なんだか涙がでてきました。この小説に感動した、、、とかではなくなんだか悔しくて。これは森博嗣の小説なんだ。あの『トーマの心臓』ではない、そう思っていても、や… このレビューの続きを見る

トーマの心臓&森博嗣

09:04:By

「トーマの心臓」を小説化! こう聞いて、萩尾望都さまファンの私は 「やめて〜〜!!」と思う。 が! あの「森博嗣さん」が書いたとなると話は別。 これは是非読まなければ。 カバーと扉絵にはモーさまによる描き下ろし。 はぁ〜美しい〜。。。 森さんにとってモーさまとは。 「作家森博嗣·が創作者として崇拝する唯一の存在」 だそうです。 ちなみに彼の愛犬の名前は「トーマ(都馬)!」

関連する商品