>
[Amazon] ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)
ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)で自分のブログにレビューを書く

ゴーストハント1 旧校舎怪談

おすすめ!3.6 [3.6](32件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:207325位
  • Amazon価格:¥ 1,039
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4840135940(メディアファクトリー)
ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(32件) 3.6 [3.6]

『鬼談百景』の後すぐに読もうとして 積み置いたままになっていた『残穢』をようやく。 以前鬼談百景ちょっと物足りなーい、などと抜かしていたおおばかものが居たが 平身低頭スミマセンである。大変よく効く薬… このレビューの続きを見る

―あらすじ(「BOOK」データベースより)― 取り壊すと必ず事故が起こると噂されている木造の旧校舎。高校1年生の麻衣はひょんなことから、調査に訪れた「渋谷サイキックリサーチ/SPR」所長・ナルの手伝いをするはめ… このレビューの続きを見る

小野不由美「ゴーストハント」最っっ高におもしろいです!!昨日7巻まで読破しました。おもしろすぎた・・・あまりにも面白かったので今度感想をみっちり書きます。

読んだ。 

JUGEMテーマ:読書 本棚のどこか、もしくは押入れのどこかに一番最初に出版された講談社X文庫版が……ありました。この新版1巻は「悪霊がいっぱい!?」に相当するかな。ちゃんと少女小説から、ライトノベルになってて、懐かしくもあり新鮮でもあった。 X文庫版を持っているので買うの迷ってたんだけど、けっこう手が入ってるみたいなので全部買いなおすのもいいかもなあ。

久々の読書記録。 以下、ネタバレあり。

「十二国記」の小野不由美の初期シリーズが、 大幅加筆の上まさかの復活。 つか20年も前の作品なんすね、これ。

旧校舎に潜むものは、心。 『ゴーストハント? 旧校舎怪談』 小野不由美 ダ・ヴィンチで特集を見てしまい、 ついついたまらず手を出してしまいました…^^; 本当はホラーとか苦手だから自分の家の本棚に増… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  取り壊そうとすると祟りがあると言われる古い木造の旧校舎。 そこに新しい建物を建てたいのだが、祟りがあると困るからと頼まれてやってきたのは17歳の顔がカッコいいゴーストハンター。 … このレビューの続きを見る

『十二国記』『屍鬼』の作者である、あの小野 不由美の出世作・悪霊シリーズだが、ティーンズ文庫と思うとどうも尻込みしてしまっていた。 それが大幅に改正されて再出版されたので、ついに手に取った。とは云え裏… このレビューの続きを見る

取り壊すと必ず事故が起こると噂されている木造の旧校舎。高校1年生の麻衣はひょんなことから、調査に訪れた「渋谷サイキックリサーチ/SPR」所長・ナルの手伝いをするはめに。彼女を待っていたのは数々の謎の現象だった。旧校舎に巣食っているのは戦没者の霊なのか、それとも―?麻衣とナルが出逢い、物語の出発点となったシリーズ第1巻。全編にわたり入念なリライトが施された完全版。

JUGEMテーマ:読書  ナルこと渋谷一也率いる〈渋谷サイキックリサーチ/SPR〉の活躍を描いた、小野不由美のホラー小説シリーズの総称。89年刊行の第1弾『悪霊がいっぱい!?』(講談社)から92年のシリーズ… このレビューの続きを見る

ナルとジーン。

16:09:By

友達に借りました。 漫画はすぐに読めたんだけど、小説の方を読むのに時間かかってしまった。 ※ネタバレ 最終巻。 まさかの展開!!衝撃でした。 ナル切ないよー。その可能性は全く考えてなかったかな。 名推理の… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 取り壊すと必ず事故が起こると噂されている木造の旧校舎。高校1年生の麻衣はひょんなことから、調査に訪れた「渋谷サイキックリサーチ/SPR」所長・ナルの手伝いをするはめに。彼… このレビューの続きを見る

 絶版になったゴーストハントがリライト版として登場です。 今回は漫画版ゴーストハントのいなだ詩穂さんが表紙を担当されているようです。 著者の小野不由美さんに惹かれて読みました。 うーん。 全体的なノ… このレビューの続きを見る

実は先月には買っていたのですが、山積みにしていたコミックの間にはまっていて、すっかりと読むのを忘れてしまっていました。寝間のお伴にしようと思っていたのですよ。稲川怪談風にね。稲川怪談ファンにとって、もやは稲川さんの声と怪談は子守歌や睡眠導入剤なのでwお陰で、MP3に入れて会社で聞いていると、睡魔に襲われることが度々。それでも聞きたい怪談話。ま、それは置いておいて。

ゴーストハント1 旧校舎怪談 小野不由美 メディアファクトリー ゴーストハントシリーズ第1弾。 ずっと絶版になっていた悪霊シリーズがリライトされて単行本化。アニメで知ってから復刊を待ち続けていた身としては嬉しい限りです。やったああ。続きも早く読みたいなー。 それにしても冒頭の怪談が怖かった…。

いろいろまとめ

21:31:By 曇+晴

思ってたより文章が軽くてびっくり。麻衣の一人称だったんですねー綾子のエピソードがあって嬉しかったなあ。ぼーさんの見所はまだ先かな。漫画の最終巻をことあるごとに読み返してるので、なんだか切なくて仕方な… このレビューの続きを見る

3.6

ゴーストハント

23:49:By ::: Eat in :::

屍鬼や十二国記だけじゃないんだ小野不由美さんはっ。゚(゚´Д`゚)゚。 小学生の頃から大好きな作品です。 セーラームーン読むために買ってたなかよし。で連載してたこの漫画が好きだったのだよ。 中学の頃は、原作の… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [話題商品] 買取価格:¥700 * 2010年12月3日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

小野不由美著(メディアファクトリー)。 小野先生といえば、『十二国記』シリーズの方が有名なのかな? それとも今をときめく『屍鬼』の方かな? しかし、きっとこのシリーズ好きの方も多いに違いないよ!! やったね、… このレビューの続きを見る

 指先の発疹が水ぶくれになってきた。キー打つの痛い。スクロールもうまく行かない。手のひらのは潰れて水が超しみる。皮膚科行きたいけど行けない(涙)。今無理矢理つぶしてしまった。痛さは少しマシになっ… このレビューの続きを見る

 屍鬼や十二国記でおなじみの小野不由美さんのゴーストハントが全編リライトで単行本化ですってw ホラーですけど是非読んでいただきたい一冊です!

【商品内容】 [話題商品] 買取価格:¥800 * 2010年11月27日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点… このレビューの続きを見る

 取り壊そうとすると必ず事故が起こると言われている、木造建ての旧校舎。高校一年生の谷山麻衣は、調査のために旧校舎を訪れていた渋谷サイキックリサーチ――SPRの所長である渋谷一也の助手をすることに。しかし、… このレビューの続きを見る

 「ゴーストハント1 旧校舎怪談」 小野不由美 著 小野先生の初期作、悪霊シリーズ。 これというのが、絶版になって、久しく手に取ることができない作品であった・・・。 人生で初めて、復刊ドットコムにお願… このレビューの続きを見る

更新しました。宇宙の単位の5です。一応シリーズもの…なんですが、4をあげたのが3年も前…うそだろ。しかも5の書き始めも3年前です。実はこのサイトで一番多く感想やお言葉をいただいているのが宇宙の単位なんですが… このレビューの続きを見る

取り壊すと必ず事故が起こると噂されている木造の旧校舎。 高校一年生の麻衣はひょんなことから、調査に訪れた<渋谷サイキックリサーチ/SPR>所長・ナルの手伝いをするはめに。彼女を待っていたのは数々の謎の… このレビューの続きを見る

長らく復刊が待望されてきたホラー長編『ゴーストハント(悪霊)シリーズ』が全編リライトで初の単行本化!全7巻刊行予定。  取り壊すと必ず事故が起きると噂されている木造の旧校舎。高校1年生の麻衣はひょんな… このレビューの続きを見る

小野不由美さんの「ゴーストハント」が、全編リライトで単行本になるそうです。 「ゴーストハント」はむかーし「なかよし」でマンガを読んでからずっと気になっていたのですが、そうかぁ…全編リライトか……ということで、買うか買うまいか思案中。 単行本だと、通勤に持って行けないからなぁ…。 しかし私が現役で「なかよし」読んでたのとか……いったい、十何年前だろう;;

サンホラの予約しにメイトにいったら 棚に2冊ほどありました。 ざっと読んだところ、 細かい設定部分がかなり追加されている感じです。 これからじっくり読む! ______________________________________… このレビューの続きを見る

十二国記の新刊は、とんと出る気配なく今年も終わりそうですが……。 ゴーストハントシリーズが、復刊するそうで! (ダ・ヴィンチの11月号にはすでに載っていたみたい。チェックしてなかった!) ホラーは苦手なわ… このレビューの続きを見る

関連する商品