>
[Amazon] 日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき
日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りきで自分のブログにレビューを書く

日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

3 [3](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:149015位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 728
  • ISBN/ASIN:4861136164(アイバス出版)
日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りきのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3 [3]

 私達のカウンタースピーチの効用それは、見方によっって大きな評価になるかもしれません。まず理事会の場で反対の対立する意見が出された事によって、理事会は自動的にその当否の調査に入るのだそうです。これは… このレビューの続きを見る

 この言葉は何と戦争中には無かったことばで、戦後になって初めて用いられる様になったというではありませんか。先の大戦の正式というより唯一の本来の呼び名は大東亜戦争です。   JUGEMテーマ:読書  

 ややもすると利己的になる人間が広域社会を作る時、よほどこの利己心をおさえるシステムがないと社会は万人の万人に対する闘いということになるのは当然で、必要となるのがこれを治める強権という事になります。中国に専制が無くならないのはこの為です。   JUGEMテーマ:読書  

 パレードを見て大陸系中国人は反日と抗日琉球を刷り込まれているのか私達を憮然として眺め、意外そうな顔をしていました。韓国人も同様だったと思います。  しかし、明らかに中華系なのに手を振る人たちがいてやはり台湾人なのです。   JUGEMテーマ:読書  

 実は沖縄が全国有数の尊王県であるというと、本土の皆様は意外な思いにうたれる事でしょうがこれは事実です。  例えば、平成26年6月26日に天皇、皇后両陛下が沖縄をご訪問された時には、奉迎歓迎の行事が行わ… このレビューの続きを見る

移設によって政府に協力する辺野古は栄えるのに対し、逆に基地反対左翼に支持を与え返還が実現した宜野湾市普天間は(結果として)経済衰退することになります。この対比は沖縄県民すべての目に鮮やかに映ることでしょう。  このままでは左翼運動の欺瞞性が天下に晒されることになります。   JUGEMテーマ:読書  

小国共同体日本にとどまってはならない。尖閣諸島海底大資源は沖縄の発展にこそ使われるべきであり、中国はそれを支持する。それにはまずは一国二制度。うちの香港だってそうです。見習って下さい。大繁栄していま… このレビューの続きを見る

ジュゴンは、フィリピン、マレーシア、インドネシア、オーストラリアの海域に八万頭、他の海域に二万頭が生息していると言われています。沖縄辺野古北側嘉陽の三頭を取り上げジュゴン全体の保護を叫ぶのは全くお門違いなのです。   JUGEMテーマ:読書  

辺野古シュワブ海兵隊基地は、地元が積極誘致して出来た基地ということです。この誘致策は大成功で、辺野古区は信じ難いくらいに潤いました。   JUGEMテーマ:読書  

戦後米軍基地として整備される前は、旧日本軍の飛行場でした。  戦後無理やり米軍が飛行場にしたというイメージあるならそれは誤りです。(中略)普天間基地のある宜野湾市は、他の市町村の人口増加率を大きく上回り一万余の人口から現在は六、七倍の九万三千人の街に変貌しました。これはどう見ても発展   JUGEMテーマ:読書  

 普天間基地辺野古移設は、在沖米軍の統合整理縮小の一環であって、普天間基地を含む沖縄中南部地区の米軍基地の多くが返還されます。実のところ在沖米軍基地は、大幅に縮小されるのです。   JUGEMテーマ:読書  

 新聞マスコミの援護を受け活動する左翼(中略)  そこで明言できることは、左翼運動の急所は新聞マスコミであることです。これを失えば、彼らはすべてを失うことになります。   JUGEMテーマ:読書  

彼らは戦場にいるのです。  要は、左翼活動家は私達一般人、一般社会に対して革命戦争を遂行中なのだということです。   JUGEMテーマ:読書  

反対運動の本質は、平和運動を装う左翼の革命闘争であり、情報操作によりこれを応援し世論を歪める地元新聞は県民の敵である   JUGEMテーマ:読書  

 和の精神は、あくまでも建設的な方向に向いてこそ有益なのであって、和があればいいというものではないはずです。 面倒なこと、都合の悪いことを避けようという「事なかれ主義」にこれを用いるのは(中略)聖徳太子の定めた憲法十七条の精神に反する事です。   JUGEMテーマ:読書  

関連する商品