>
[Amazon] タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)
タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)で自分のブログにレビューを書く

タビと道づれ 1

おすすめ!3.9 [3.9](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:195109位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:486127379X(マッグガーデン)
タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.9 [3.9]

3.9

やっときた!

00:18:By srock.record

 書けるようになったよ! 綾瀬です。久しぶりにきました。 勉強の方もやりたいことがみつかり、小説も新ネタが浮かびました。 よかった。マジで。 Dancing Under The Rain更新しようと思えばできるんだけど(… このレビューの続きを見る

忘れないうちに

21:01:By pblog

 ここに更新しておこう

アマゾンや雑誌、ブログなどの紹介やレビューを読んで、本を手に取る前に勝手にストーリーをつくってしまい、実際かなり違っていて拍子抜けしたことってありませんか?私が悪いんですけど…。この漫画もそうでした。… このレビューの続きを見る

同じく今日買ったもの。 これは良い作品だよ本当に。こんなに良い漫画久しぶりに読んだ。「ARIA」 の作者、天野こずえ先生も絶賛してる作品なんだって。全体的には爽やかな 印象の作品。切なさや不思議さ、未… このレビューの続きを見る

タビは航ちゃんに会う為に電車に乗った。 着いた先は昔住んでいた町、緒道。 見慣れた町は同じ一日を繰り返す不思議な世界へ変貌を遂げていた。 そんな町の中で、繰り返しに気づいているのは警官のニシムラさん… このレビューの続きを見る

 前作が江戸時代なので、現代のファンタジーというのはどうだろうと思いつつ読んでみた。最初は少し違和感があったが、段々作者らしさが見えてきて、やはりこの作者は好きだなと再認識。少々夢見がち過ぎるけれど、それがこの作者の魅力なんだと思います。次巻が楽しみです。

 ある夏の同じ一日を永遠に繰り返す街と、列車からその街に降り立った少女、タビのお話。コメディ中心だった伊賀ずきんとはまた打って変わって、すごくクリアな線とノスタルジックな雰囲気が印象的な作品なのだ… このレビューの続きを見る

店主による適当紹介 会いたい人がいる町へ……主人公の少女が一人で電車にのって辿り着いた懐かしい場所では 『同じ一日を繰り返す』 不思議な現象が起きていた。 町の人たちのほとんどが 『同じ一日を繰り返して… このレビューの続きを見る

タビと道づれ 1巻 たなかのか著、ブレイドコミックス/マッグガーデン 「ほい 同じアイスをわけあったら『友達』だ!」 「ARIA」の帯で宣伝してたので気になっていた作品。 本屋に何故かサイン本が置… このレビューの続きを見る

●あらすじ 「君は――君の、望むものは何ですか?」 そう聞かれて、少女タビが願ったのは「航ちゃんに会いたい」。 願いのままに、幼馴染と会うためにかつて住んでいた街へ降り立ったタビ。 しかし、その… このレビューの続きを見る

私の大大大好きなARIAの天野こずえ先生が大絶賛していた この作品「タビと道づれ」。 帯も天野先生が書いていらっしゃってて、もう即買いでしたよっ!! なんとも普通な普通じゃない世界。 ちょっと田… このレビューの続きを見る

関連する商品