>
[Amazon] 船に乗れ!〈1〉合奏と協奏

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏で自分のブログにレビューを書く

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏

おすすめ!3.6 [3.6](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:554021位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:486176579X(ジャイブ)
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.6 [3.6]

 【あらすじ】 音楽家の一家に育ち、幼い頃からチェロを弾くことを楽しんできた津島サトルは、新生学園大学付属高校の音楽科へと進むことになった。本来ならば学芸大学に進み音楽科への道を目指していたので… このレビューの続きを見る

『船に乗れ!』全3巻を読了しました。 すげー。ぐいぐい読まされた。 闘うような練習風景に読んでいても力が入ります。 高校3年間のお話ですが、きゃぴきゃぴした青春はどこへやら。 後半はどーんと人生の苦悶を突き付けられまくりです。 疲れましたが良い本でした。 ブランデンブルグ協奏曲にはまりました。↓こんなバージョンもあるよ。 JUGEMテーマ:Book review 

あけまして、と書くにはあまりに……なので自粛。ともあれ年が変わりました。寒いですねえ、風邪ひいてませんか。佐世保も何度となく雪景色の朝を迎えてます。ぶるぶる。そんな昨年末、とり憑かれたように読んだ『船… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ● 船に乗れ! / 藤谷治  ● JIVE  ● 各1680円  ● 3冊トータルでの評価 ☆☆☆☆ 音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。 不本意な… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と… このレビューの続きを見る

3.6

船に乗れ!

08:55:By colored-world

今年、一番の本だと思う本です。三部作で、総計1000ページほどのボリュームですが、次に次に、どんどん読めてしまう、そんな内容でした。「今」の僕と、「今はもういない昔」の僕と、それぞれの一人称で話が進… このレビューの続きを見る

3.6

カルテット!

13:58:By The Samantha Times

あらすじ: 「そこにぼくの音楽があるんです!」家族、初恋、音楽…。心温まる涙と感動の青春&家族物語。 ヴァイオリン少年とその家族がカルテットを組むという音楽&家族小説。 ヴァイオリンの才能がある少年… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。 不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み… このレビューの続きを見る

読む前の印象を、激しく覆された物語でした。 青春音楽物語という帯の詠い文句から、友人たちと衝突したり力を合わせたりしながら主人公が成長していくような、 疾走感のある爽やかな物語なんだろうなと思ってい… このレビューの続きを見る

 音楽一家に生まれ、自身もピアノとチェロを学んできた津島サトル。芸高の受験に失敗し、三流と呼ばれる新生学園大学付属高校音楽科にチェロ専攻として進学するが、そこは音楽科だけが例外の女子校だった。  極… このレビューの続きを見る

3.6

船に乗れ

15:18:By

 今呼んでいる本です 面白い… 作者の方は私と同年代の人、自分の青春時代を、書いているようです もともと本の紹介をしている番組で見て、やっと図書館で順番がきたのですが、もしかしたら買った方が良かっ… このレビューの続きを見る

これも新聞の広告で存在を知った本です。第3巻の広告で「ベストセラー」と書いてあったかな?単純明快なヘタウマ風味のイラストが表紙で、いかにも楽しめそうです。表紙の下の方に書名と思われるドイツ語が書かれて… このレビューの続きを見る

3.6

『船に乗れ!』

14:32:By B*C

音楽高校を舞台にした青春小説。主人公が過去を回想しながら進んでいく。どこか哀しみを秘めた語り口で、読者をひきつける。作品の中にはクラシックが常に流れている。その臨場感がいい。まず音楽があって、その傍… このレビューの続きを見る

船に乗れ!

14:09:By 受賞本

 船に乗れ!  著者 : 藤谷治  受賞歴 : 2010年本屋大賞 ノミネート

 「『のだめカンタービレ』より面白い、青春オーケストラ小説」という 触れ込みで興味を持ち、読み始めました。そういう人も多いのでは? 祖父の代からの音楽一家に生まれた津島サトルは、チェロを学び 芸高… このレビューの続きを見る

最近、「吹奏楽」「バンド」「青春」ものの小説というキーワード検索の方が多いので まずは吹奏楽小説のおすすめ一覧でも。 ★船に乗れ! 最近の吹奏楽部ものの中では一番おすすめ。 青春小説というくくりでもと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 一言で言うと、私立高校の音楽科を舞台にした青春小説。久しぶりに一気読みをしてしまった。主人公は、チェロを専攻するちょっとインテリぶった津島サトル。 表向きには、高校に入学した彼… このレビューの続きを見る

音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも二流の音楽学校に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイオリン専攻の南枝里子に恋をす… このレビューの続きを見る

 二小節でピチカートひとつ鳴らしただけで僕は汗を流した。心の中は焦りで一杯だった。これはやばい。僕は弓を構えなおしながら一瞬で思った。これは、弾けりゃあいいってもんじゃないぞ!(第三章より)  「の… このレビューの続きを見る

あらすじ 音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイオリン… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、そこで、フル… このレビューの続きを見る

関連する商品