>
[Amazon] 船に乗れ!(2) 独奏

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

船に乗れ!(2) 独奏
船に乗れ!(2) 独奏で自分のブログにレビューを書く

船に乗れ!(2) 独奏

3.2 [3.2](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:945472位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4861766818(ジャイブ)
船に乗れ!(2) 独奏のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.2 [3.2]

 【あらすじ】 高校の音楽科に進んだ津島サトルは2年生になった。恋人である南とも上手くいっており、学生生活にプライベートに充実した日々を送るサトル。しかし、そんな彼の周囲では色々な変化が起こり始… このレビューの続きを見る

『船に乗れ!』全3巻を読了しました。 すげー。ぐいぐい読まされた。 闘うような練習風景に読んでいても力が入ります。 高校3年間のお話ですが、きゃぴきゃぴした青春はどこへやら。 後半はどーんと人生の苦悶を突き付けられまくりです。 疲れましたが良い本でした。 ブランデンブルグ協奏曲にはまりました。↓こんなバージョンもあるよ。 JUGEMテーマ:Book review 

あけまして、と書くにはあまりに……なので自粛。ともあれ年が変わりました。寒いですねえ、風邪ひいてませんか。佐世保も何度となく雪景色の朝を迎えてます。ぶるぶる。そんな昨年末、とり憑かれたように読んだ『船… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 続巻待望の青春音楽小説、「光と影」のさらに色濃い第2楽章へ。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

JUGEMテーマ:読書 

 シリーズ二巻目。  一巻目を読んだときも、語り手が紡ぐ言葉の端々に暗鬱さがありましたが、この巻で一気にそれが前面に出てきました。  これは私だ、というような親近感はないし、シンクロすることもなかっ… このレビューの続きを見る

実は・・・日曜日一日で読了していたのですが・・・内容が内容だけに投稿するとなると難しい・・・。(汗)第一巻冒頭、そして結末でも、何やら暗い未来を暗示するような表現がありました。ショボクレたサラリーマ… このレビューの続きを見る

3.2

船に乗れ

15:18:By

 今呼んでいる本です 面白い… 作者の方は私と同年代の人、自分の青春時代を、書いているようです もともと本の紹介をしている番組で見て、やっと図書館で順番がきたのですが、もしかしたら買った方が良かっ… このレビューの続きを見る

3.2

『船に乗れ!』

14:33:By B*C

音楽高校を舞台にした青春小説。主人公が過去を回想しながら進んでいく。どこか哀しみを秘めた語り口で、読者をひきつける。作品の中にはクラシックが常に流れている。その臨場感がいい。まず音楽があって、その傍… このレビューの続きを見る

音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも二流の音楽学校に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイオリン専攻の南枝里子に恋をす… このレビューの続きを見る

船に乗れ!

14:09:By 受賞本

 船に乗れ!  著者 : 藤谷治  受賞歴 : 2010年本屋大賞 ノミネート

オペラ『魔笛』鑑賞のデートをしたサトルと枝里子は、 2年になり親密さを深めていきます。しかし、サトルに ふってわいたドイツへの短期留学が、2人の運命を 決定的に変えてしまうのでした。 挫折感を伴いドイツか… このレビューの続きを見る

 あらすじ: 音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイ… このレビューの続きを見る

関連する商品