>
[Amazon] ビター×スイート (ビーボーイコミックス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)で自分のブログにレビューを書く

ビター×スイート

3 [3](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4862632971(リブレ出版)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3 [3]

今回はアルクさんのコミックスです。アルクさんの本に関しては、読んだ順に感想を書いているので、これが3番目に読んだアルク作品になります。表題作は、カフェが舞台です。人づきあいが苦手な孤独な主人公・三日… このレビューの続きを見る

 猿喰山がすこぶる評判がよいようなので ずーっと気になっていたんだけど こっちとどっちに手を出すかかなり迷ってこっちにしました。 う〜ん。 やっぱり絵が苦手、て思ったけど、 表紙のカラーイラストより… このレビューの続きを見る

 一杯のコーヒーを楽しみに孤独に過ごす寡黙な青年・三日月。 そんな静かな日常に快活なイケメン・村山が現れ突然の告白――。 村山との出会いは三日月の人生をコーヒーのように甘く、 時に苦い味わいで彩ってい… このレビューの続きを見る

この本だいっすき。いつか書こういつか書こうと思っていたんだけどやっと書ける、中々に衝撃的な出会いだったと思う。とにかく物凄い泣いた短編集。 なんだろう、とにかく何コレ!?って思ったくらい私的には衝撃だ… このレビューの続きを見る

読み始めてすぐ、こ…これは!!!キタ!!! 割と色んなレビューで「文学っぽい」「モノローグがいい」という評判は聞いてたんですが、予想以上のトキメキですよ。 対人恐怖症な三日月ちゃんやストーリーに相応し… このレビューの続きを見る

一杯のコーヒーを楽しみに孤独に過ごす寡黙な青年・三日月。そんな静かな日常に快活なイケメン・村山が現れ、突然の告白。 村山との出会いは三日月の人生をコーヒーのように甘く、時に苦い味わいで彩っていき…。 … このレビューの続きを見る

遙々アルク「ビター×スイート」 同じ喫茶店に通う、寡黙すぎる男と饒舌すぎる男の話。二人が言葉を交わすようになり、付き合うようになり、という展開が超短編シリーズで描かれている。独特の調子と絵柄は鳩山育子… このレビューの続きを見る

んんん……?? わたし、このひとの作風、苦手だな……。絵に癖がありすぎるし……。お話も……なんか……読んで気持ちよくなる感じじゃないし……。悪くないけど……。うーん……。

内気で人付き合いが苦手で孤独な青年・三日月が、一杯のコーヒーを楽しみに立ち寄る店で出会った男、村山。顔も人あたりもよく、自分とは正反対に思われる村山に突然告白され、戸惑うばかりの三日月だが…。 内気… このレビューの続きを見る

PC・携帯対応>>[Amazon]│[楽天ブックス] 【あらすじ】 一杯のコーヒーを楽しみに孤独に過ごす寡黙な青年・三日月。そんな静かな日常に快活なイケメン・村山が現れ突然の告白――。村山との出会いは三日月の人生をコーヒーのように甘く、時に苦い味わいで彩っていき…。描き下ろし大量収録の著者初単行本。

関連する商品