>
[Amazon] 「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方
「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方で自分のブログにレビューを書く

「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方

おすすめ!4.3 [4.3](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:40606位
  • Amazon価格:¥ 1,400
  • ユーズド価格:¥ 78
  • ISBN/ASIN:486276018X(英治出版)
「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 4.3 [4.3]

本日は、新潟県ワーク・ライフ・バランス推進セミナーの講師として、 認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹さんが新潟市にお越しくださったので、 新潟のNPO有志で歓迎会を行わせて頂きました。 駒崎さ… このレビューの続きを見る

発行部数 調査中 Amazonでの紹介文(内容説明・あらすじ) その小さなアクションが、世界を変える!元ITベンチャー経営者が、東京の下町で始めた「病児保育サービス」が全国に拡大。「自分たちの街を変え… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  これは、病児保育を起業した若い起業家の自伝というか。まだ20代だけあって、ちょっと小説風なところもあったなあ。 それにしても、本当に役所が無能に見えるのが何ともいえない。そして、役所にアイデアのおいしいとこもってかれた!と地団駄する筆者に、一喝する先輩がかっこいい。

JUGEMテーマ:ビジネス■社会起業家ってなんだ?■今回は久々の書評です。最近は当たり前のように聞くようになった社会起業家。いわゆるソーシャルコミュニティにおけるビジネスモデルを確立した者のことを指すものなのだが、では、一体現時点で社会企業家として活躍されている方がどのような経緯で社会起業家になったのか?という疑問にストレートに応えている書籍である。 

 『社会起業』という言葉を初めて聞いたその次の日に手にとった本。この本で私はArchitecture for Humanityとの運命的な出逢いをしました。ずいぶん前に読んだ本だからあまり内容は覚えてないけれどすごく分か… このレビューの続きを見る

著者の強い想い、さまざまな困難や挫折、たくさんの出会いや支え。フローレンスがどのように生れ、どのような道をたどってきたのかが、著者の率直なオープンな言葉で語れていて、まさにタイトルにあるように、社会起業家の「生き方」が描かれています。社会問題の解決にいったい心理学はどれだけ役に立ってきたのだろう。

自分の価値観を見つめなおし、本当にやりたいことを見つけ、そこで見つけた事業(社会企業)が成長していく過程、特にスタートから事業が軌道に乗っていくまでの過程を追体験するように読むことができます。 本… このレビューの続きを見る

なんか見たことのある顔、聞いたことのある名前だと思っていたら、大学のひとつ下で会ったことがあるやつだった。こんなことをしていたとはつゆ知らず。病児保育サービスをなぜ始め、いくたの障害(お役所)を乗り… このレビューの続きを見る

「病児保育問題」というちょっと聞き慣れない社会問題を解決するために 立ち上げたNPO法人フローレンスの代表駒崎氏の立ち上げ当時の苦労が綴られている。 病児保育問題の詳細については、本書に譲るが、働… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 社会企業家というものを初めて知った本。 できたら便利、あったら便利、を追求するという考え方は、ネットビジネスにも通じる。

JUGEMテーマ:読書 P.62より。集中力が切れて、すぐ向こうの棚のグラビア写真集が気になりはじめる。 こんな軽妙な語り口で、途中途中で妙な共感を誘い、 思わず引きこまれてしまうが、テーマは堅い。 個人的に… このレビューの続きを見る

『社会起業家』 ・・・って言葉は岡山ではそこまで浸透してないみたい。 自分の言葉で説明すると「地域や社会の課題・問題をビジネスを通じて解決させる起業家」ってとこかな。 イノベーターの普及率から… このレビューの続きを見る

著者の駒崎さんは大学の先輩ということになるのか。もちろん面識はないが。自分の体験を元に「社会企業家」について簡易な文体で述べた本だが、「自分が本当にやりたいことは何か」という根本的なところからアイデ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 207 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 昨年、ジョン・ウッドの本に続き、 目からウロコになった本。 社会起業やNPOの 一般的なイメージが一気に変わった本。 … このレビューの続きを見る

News WeeK日本版で、「日本を変える社会起業家100人」に選出された(著)NPO法人フローレンス代表理事駒崎弘樹 IT企業の社長から、ある事をキッカケに育児サポート事業(NPO)を起こし、社会起業家として活動さ… このレビューの続きを見る

ワークライフバランスとか、育児とか、今まですっごくビジネスや事業にしにくい事柄だと思っていました。だからせいぜい、自分のブログで情報発信をしたり、企業の働き方について、ワークライフバランス・コンサル… このレビューの続きを見る

以前はNPOというものに、かなり胡散臭いイメージを抱いていた。 うがった見方だが、”人の役に立つことをする”という大義名分に 安易に逃げ込んで、自分が本当にしたいことを探すのを放棄していたり、 社会に出て勝… このレビューの続きを見る

駒崎さんにちょうど1年前とあるところで会ったことがあります。 社会起業家である彼がなぜどのように考えてこのNPOを立ち上げたのか というプレゼンを聞きました。 素晴らしかった、感動しました。 しかし、… このレビューの続きを見る

また良書と出会いました。 さすが、英治出版。 そして著者の駒崎さんに感服。 こういう若い方がいらっしゃることだけで とても安心しますね。 自分の人生の考え方や、社会に貢献することとはどういうことか… このレビューの続きを見る

関連する商品