>
[Amazon] だれかを犠牲にする経済は、もういらない

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

だれかを犠牲にする経済は、もういらない
だれかを犠牲にする経済は、もういらないで自分のブログにレビューを書く

だれかを犠牲にする経済は、もういらない

おすすめ!4 [4](2件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:46933位
  • Amazon価格:¥ 926
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4863100701(ウェッジ)
だれかを犠牲にする経済は、もういらないのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(2件) 4 [4]

JUGEMテーマ:オススメの本世界的ベンチャーキャピタルであるでふたパートナーズ社会長の原丈人氏と、信越化学での経理一筋の金児昭氏との、対談形式を含む本です。原氏の公益資本主義と、金児氏のペコペコ哲学。相反するものですが、その根幹にあるのは、不正やバブルを許さない考えです。特筆すべきは、京都議定書のからくり。何でも金銭化してしまう仕組みと、それによって生み出される歪がわかります。 

これは、原さんと金児さんというビジネスマンの自伝のようなもの。 特に原さんという人の生き方がぶっとんでて、会ってみたいなと思う。 あまりお勧めはしないが、視野が広がる良い本。