>
[Amazon] フェルメール 光の王国 (翼の王国books)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)
フェルメール 光の王国 (翼の王国books)で自分のブログにレビューを書く

フェルメール 光の王国

3 [3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:72541位
  • Amazon価格:¥ 2,376
  • ユーズド価格:¥ 950
  • ISBN/ASIN:4863240406(木楽舎)
フェルメール 光の王国 (翼の王国books)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3 [3]

フェルメール・センター銀座で開催中の福岡伸一監修「フェルメール 光の王国展」のチケットプレゼント(5組10名様)実施中です。 フェルメール・センター銀座 http://www.vermeer-center-ginza.com/ 足掛… このレビューの続きを見る

フェルメール・センター銀座で1月20日より開催される 福岡伸一監修「フェルメール 光の王国展」に行って来ました。 フェルメール・センター銀座 Vermeer Center Ginza 足掛け4年にわたって世界中のフェル… このレビューの続きを見る

2012年1月20日(金)にオープンするフェルメール・センター銀座。分子生物学者である福岡伸一先生監修の「フェルメール光の王国展」が開催されます。 フェルメール・センター銀座 Vermeer Center Ginza フ… このレビューの続きを見る

「フェルメール・センター銀座」が来年(2012年)1月20日(金)にオープンします。 フェルメールの故郷オランダ・デルフトにある施設「フェルメール・センター・デルフト」と正式提携。フェルメールの魅力を… このレビューの続きを見る

光の王国

09:29:By ベビーサイン手帖

 生物学者の福岡伸一がフェルメールの絵画をたずねて旅をする。 彼にかかれば光の粒子も動的平衡。 絵が描かれた当時のフェルメールやその周囲の人物たちの相間を 推測しながらのエッセイです。 その時代の人たちが、それぞれの方法で 光の一瞬をとらえようとしていた、その情熱と生き方に 探究心とか、あらまほしき生き方を見る気がします。 翼の王国に連載されてたんですって。

2011年11月15日に行われた東京都美術館リニューアルオープンに関する記者発表会の様子は、以前こちらの記事でお伝えしました。美術館ロゴを初めてデザインされた吉岡徳仁さんのお話も盛り沢山。 その記事に掲載… このレビューの続きを見る

京都市美術館で開催中の 「フェルメールからのラブレター コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ」展に行って来ました。 「フェルメールからのラブレター展」公式サイト htt… このレビューの続きを見る

関連する商品