DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 檻の外 - 木原 音瀬 のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 檻の外 (Holly NOVELS)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

檻の外 (Holly NOVELS)
檻の外 (Holly NOVELS)で自分のブログにレビューを書く

檻の外

おすすめ!3.9 [3.9](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:103236位
  • Amazon価格:¥ 926
  • ユーズド価格:¥ 205
  • ISBN/ASIN:4883862984(蒼竜社)
檻の外 (Holly NOVELS)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.9 [3.9]

 痴漢の冤罪で実刑判決を受けた堂野。収監されたくせ者ばかりの雑居房で人間不信極まった堂野は、同部屋の喜多川の無垢な優しさに救われる。 それは母親に請われるまま殺人犯として服役する喜多川の、生まれて… このレビューの続きを見る

木原音瀬さんの「箱の中」と「檻の外」を最後まで読んだ。 んーなんというか、すっごく暗いな話だった、うん。 特に「箱の中」で描かれた刑務所の生活は絶望感に覆われていて読みづらかったな〜  … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 堂野崇文(どうの・たかふみ)は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。 入れられた雑居房は、喜多川圭や芝、柿崎、三橋といっ… このレビューの続きを見る

堂野崇文は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。入れられた雑居房は、喜多川圭や芝、柿崎、三橋といった殺人や詐欺を犯した癖のある男たちと一緒で、堂野には… このレビューの続きを見る

木原音瀬:檻の外

21:17:By

明日〜と言っておいて一週間以上も放置していました。 見に来てくださっている方も居る中、申し訳ないです。 今週もあまりきちんと更新できそうにないので、日々予約更新にしておこうかと。 今から書くのでどれ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説  『箱の中』と続編。 ここまで泣くとは思っていませんでした。 感想 ↓ ↓

 下と同じ作者。 友達に勧められた作品。 チカンの容疑者にされちゃって無実なのにムショに入れられてしまう主人公の話。 私が今まで読んでたBLはファンタジ以下略。 重い・・・・何これ重い・・・・ 受け… このレビューの続きを見る

 箱の中で少し生意気なことを書いてしまったように思います。予想以上でした・・・箱の中だけで終わらず、絶対檻の外を読んで欲しい。読み終わったら、寂しいけどあたたかい気分になれます。思い出すと泣けてくる以下がっつりネタばれ感想です。

 『箱の中』と『檻の外』、両方の感想。 …ちなみに作者名のところに(自動的に)イラストレーターの名前が入ってしまっている。 作者は木原音瀬です。 『箱の中』 最初のほうではそりゃあもう痛くて参った。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説 右手が痺れてくる。片手で、何十キロもある男を支えているのは無理だった。しかも風で喜多川の体が揺れる。 喜多川の下に、暗い川の水面が見えた。欄干を掴んでいる左手まで痺れてきて、堂… このレビューの続きを見る

堂野は痴漢に間違われて逮捕された。 正義を信じ、冤罪を訴え続け、最高裁まで争うが、有罪判決を受けてしまう。 刑務所に収容され、入れられた雑居房は喜多川や芝、柿崎、三橋といった癖のある男たちばかりで、堂… このレビューの続きを見る

読後、何も手付かず状態になりました。 忙しい時期には読まない事をまずはお勧めしたい。 数年越しに再会した堂野と喜多川だったが、堂野にはすでに新しい家庭があり、4歳になる子供まで居る。 目の前に現れた… このレビューの続きを見る

3.9

檻の外

02:57:By ぱんつのなかみ

かなしいことは、ホントにホントにたくさんあるけど、それでもうれしい…。こうなって、よかった…の一言で済まされない感は満載だけど、それでも…よかった。「自分が愛している人が自分を愛してくれている、こんなし… このレビューの続きを見る

「箱の中」の続編。 題名のまま「檻の外」つまり出所後の話。 「箱の中」と一緒に書かれていた「脆弱な詐欺師」で堂野を探していた喜多川。 その中で堂野の行方がわかり会いに行き、二人が遭遇するところから… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品