DB Error: connect failed ワケありな国境―教科書には載っていない! - 武田 知弘 のレビュー全2件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ワケありな国境―教科書には載っていない!

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ワケありな国境―教科書には載っていない!
ワケありな国境―教科書には載っていない!で自分のブログにレビューを書く

ワケありな国境―教科書には載っていない!

3 [3](2件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:401392位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 183
  • ISBN/ASIN:4883926370(彩図社)
ワケありな国境―教科書には載っていない!のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(2件) 3 [3]

 しかしこの戦争では、賠償金を得ることができなかったために、国民の不満が爆発、日比谷で大規模な焼き討ち事件が起こったこともあった。 新聞なども、読売、朝日など現存する大手新聞社も含めて、国民の不満を煽り立てる記事ばかりを掲載していた。日本の領土拡張主義は、指導者からの一方的なものではなく、下からの突き上げやマスコミなどの影響も大きかったのだ。

人民解放軍と国民党軍は海を境に文字通りにらみ合い、激しい砲撃合戦を行なった。この砲撃戦は戦史に残る激しさで、開戦後わずか2時間の間で使われた弾丸はおよそ4万発。この争い全体では、約47万発の弾丸が金門島に打ち込まれた。※これらの弾丸には良質の鋼が使われていたため、金門島の住民は弾丸を拾い、包丁を作るようになった。いまでは、包丁は金門島の名産品である。