>
[Amazon] はじめての課長の教科書

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

はじめての課長の教科書
はじめての課長の教科書で自分のブログにレビューを書く

はじめての課長の教科書

おすすめ!3.6 [3.6](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:48460位
  • Amazon価格:¥ 1,500
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4887596146(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
はじめての課長の教科書のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.6 [3.6]

JUGEMテーマ:読書 評判が高かったので、気になっていた1冊。 別部署の同僚の方が貸してくださった。感謝! この本は、上と下の人間関係に挟まれ、 それぞれの橋渡し的通訳になる人にお勧めでしょう。 もし立ち読みするのであれば、 各章のポイントがまとめてあるので、読んでみて欲しい。

3.6

はじめての課長の教科書

23:48:By

はじめての課長の教科書 満足度 ★★★ 発売開始3ヶ月で10万部のベストセラーの本 ということで、私は課長でなく、ヒラ社員しかもペーペーですが 読んでみました。 少し読んだことを後悔w というもの、… このレビューの続きを見る

印象にのこったこと 課長というのが、企業のピラミッドの中で、 経営情報と現場情報の交差する、 もっともホットな場所で活躍する存在で、 課長が元気ならば会社も元気という論。 課長の役割 : まず部下を守る!! JUGEMテーマ:ビジネス 

社内の権力闘争と聞くと非常に Negativeなイメージがありますが、 著者はその闘争に勝つ事が重要と述べてます。 何故なら部下の昇進ポスト、課の予算獲得に繋がる 引いては部下のモチベーションUpになる。 また課… このレビューの続きを見る

 はじめての課長の教科書

▼社内政治への理解 キーマンにはギブ&ギブの姿勢で。 社内横断プロジェクトへ献身的に関わる。 ⇒自分がキーマンになる事を目指す。 ▼緩い人脈ネットワークを幅広く形成する。 関係性維持に心理が流れる「強… このレビューの続きを見る

課長の教科書」 何てわかりやすい名前! 続編を作れそうな名前ね。 さて、この本を手にとった理由は、課長はどんな心境・どんな考えかたで自分達の 仕事に接しているのか?という興味を反映して。 ザーッ… このレビューの続きを見る

3.6

はじめての課長の教科書

23:57:By IIJ

現実的で面白い。ベテランの課長からは、親身になって課長とは何かを教わっている感じ。実は私自身、課長に相当する役職についており、部下関係の仕事、仕事の質・自身のスキルアップについて、少し悩みを抱えていたので、大変参考になった。電車の中なんかで気軽に読むのにちょうどよいです。お勧め。

「ひとつ上の視点から仕事を見ること」 これは仕事をする上で気をつけていくことのひとつだと思っている。 副主任なら主任の視点で。 主任なら係長の視点で。 係長ならマネージャーの視点で。 マネージャ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 4月から自分が課長になっている。タダでさえ問題の多いプロジェクトなのに、課長になったおかげで扱う問題の複雑度が更に上がっている。何か参考になるモノはないかと思っていたところに、ド… このレビューの続きを見る

小飼弾氏のブログでかなり勧められていたので面白いかなと思って。 かなり早い段階で買ったんだけど、最近は書店でも平積みの模様。

タイトルが面白いな〜と思っていたところ、サクチンが貸してくれたので読んでみた。自分がその立場に立つと考えたことがないので、課長に限らず管理職っていうポジションについて漠然とした考えもなかったんだけど… このレビューの続きを見る

ご無沙汰しております。ここ3週間ほど死ぬほど忙しくて更新できませんでした。 しかしそんな中でも通勤時間などを使って読んだ本がありました。 それがこの「はじめての課長の教科書」 私自身はまだ係長(の若… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ビジネス書と言うと大体起業家向けか丸の内のMBAホルダー向きまたは新入社員向きの3種類に大別できると私は思っていますが、今回の本はそのどれでもない板ばさみの管理職向けの本です。 私… このレビューの続きを見る

関連する商品