>
[Amazon] ビロードのうさぎ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ビロードのうさぎ
ビロードのうさぎで自分のブログにレビューを書く

ビロードのうさぎ

おすすめ!4.3 [4.3](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:4421位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 629
  • ISBN/ASIN:4893094084(ブロンズ新社)
ビロードのうさぎのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 4.3 [4.3]

初見は声に出して絵本を読むのが好きだ。 しかも感情をたっぷり入れて読むのが好きだ。 この本はどんなもんかしらず読み始め、途中で声がつまり、泣いてしまった。 うさぎの気持ちになってしまって、大きく… このレビューの続きを見る

4.3

ビロードのうさぎ

00:51:By 『e-ehon』

 絵がとてもきれいです!!文字が多いですが感動です!   09nj512

「寒いですね〜」(と、おきまりのご挨拶) お元気ですか? 私の方では夫婦ともども風邪っぴきになってしまいました・・・(・_・、) ノドは全然痛くないのに鼻がぐずぐずです。 鼻をかみすぎて鼻の下がカッサカサ(泣… このレビューの続きを見る

ある日、ぼうやのもとにやってきたビロードのうさぎ。 たくさんのおもちゃにかこまれて、部屋のすみで小さくなっていたうさぎは、「子どもに愛されたおもちゃは いつかほんものになれる」ことを知ります。やがて、… このレビューの続きを見る

ビロードのうさぎ

02:54:By 絵本記録

クリスマスにぼうやの元へやってきたビロードのうさぎ。こどもに心から愛されたおもちゃだけがなることができる「ほんもの」になる日を夢みてうさぎはぼうやと長い時間を過ごします。幸せな日々が続いたあと突然、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪ 【あらすじ】  クリスマスにぼうやのもとにやってきたビロードのうさぎ。 はじめは目新しくても、 ただのぬいぐるみのうさぎは すぐに忘れられたおもちゃとなり、おもち… このレビューの続きを見る

 おすすめの本を紹介しています。 出版社/著者からの内容紹介 ある日、ぼうやのもとにやってきた ビロードのうさぎ。 たくさんのおもちゃにかこまれて 部屋のすみで小さくなっていたうさぎは 「子どもに愛されたおもちゃは いつかほんものになれる」 ことを知ります。 やがて、ぼうやといっしょにすごすようになった ビロードのうさぎに まほうがおとずれて…。

JUGEMテーマ:読書 ビロードでできたうさぎ。

4.3

ビロードのうさぎ

08:17:By 白い本棚

この絵本は絵がきれいです。 絵を描いた酒井駒子さんは、 数々の賞をとっています。 筆、クレパスなどいろいろな画材を使って描いています。 うさぎと木馬の絵が出てくるので、 木馬好きの私は手元に置きたい本です… このレビューの続きを見る

絵本3冊

18:33:By 読めば読むほど

従妹の娘へのクリスマスプレゼント用に3冊購入 うさぎもろばもほんわか泣ける話だわ。 がいこつはベッドに刻まれた文字がグーでした。

毎年恒例の従妹の娘たちに本を贈る時期がやってきました。 下の子が小学校に入学するまでは続けようかなと思ってます。 来年幼稚園って言ってたからあと2年かな。 上2冊は本屋で立ち読みしていいなと思ったもの。 … このレビューの続きを見る

 甥っ子ちゃんにプレゼントする本を探しに本屋さんへ行ってきた。絵本のコーナーで上の2冊+何冊かを立ち読みした。本屋で泣いてしまったよ。いい話でね。いやほんと。特に「おれはティラノサウルスだ」は、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:育児 「この作品は有名な原作があり、既に何点も翻訳書が出たり絵本化されていたりするようですね。 それらを知らなかったボクは、酒井さんの絵本を通し、初めて「The Velveteen Rabbit」に 出会… このレビューの続きを見る

4.3

!ビロードのうさぎ

12:47:By しっぽ

絵本ですー^^ もうちょうかわいかった!!!!! 絵がツボです、つぼ 芸大の先生が描いてるんだよねー、絵!たぶん母と同い年くらいの! ほんとかわいいです。 キャンパス黒に塗ってから描いてるのかなあ。 絵がほんとうにすてき!うさぎ、かわゆすぎる…!!!!! お話もおもしろくてすてきです、ぜひ!

4.3

ビロードのうさぎ

20:37:By *Days

■抄訳ですが、酒井駒子さんの絵に惹かれて購入してしまいました。 な、泣ける…「ぼくのうさぎ」が健気で切なくて(TxT) 思わずアズサを思い出してしまった…うるり…。 今度は全訳も読んでみようと思います。

本屋さんで見かけた時びっくりしました。もしやあのビロードうさぎでは? 私は昭和56年文研出版の「ビロードうさぎのなみだ」を持っているのです。(私のは3版57年です) ストーリーは・・・ クリスマスに男… このレビューの続きを見る

子供に読み聞かせながら、鼻の奥がつんとしてきました。 暖かい気持ちや、切ない気持ちが次々と沸いてきて ・・・泣けます。 「こころから たいせつに だいじにおもわれた   おもちゃは ほんとうのものになる。」 そんな子供部屋の魔法に打たれた一冊でした。

関連する商品