>
[Amazon] 真夜中クロニクル (リリ文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

真夜中クロニクル (リリ文庫)
真夜中クロニクル (リリ文庫)で自分のブログにレビューを書く

真夜中クロニクル

おすすめ!3.5 [3.5](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:546874位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:490483528X(大誠社)
真夜中クロニクル (リリ文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.5 [3.5]

 光線過敏症で、紫外線に当たると皮膚が火傷状になってしまう津田新名(ニーナ)は、病気のせいで学校でいじめに遭い、小5から不登校になって引きこもっている18歳。 真下陽光はテレビにはたまに出るけどあ… このレビューの続きを見る

太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。 そんなニーナが夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。 どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、ニーナは次第に心を詳していく… このレビューの続きを見る

凪良ゆう「真夜中クロニクル」 太陽の光に当たれない病気のニーナは、ある夜公園で小学生の陽光と出会う。あからさまに冷たくしても気にした様子もなく懐いてくる陽光にペースを崩されつつも、拒みきれないニーナ。… このレビューの続きを見る

 上から目線で申し訳ないが(…)、久々に凪良さんの良さが前面に出た作品という感じ。 私の中では『恋愛犯』以来のヒット。 読み始めてすぐ、小学生攻…?!と戦慄したけど(それはもうショタが苦手で)、この… このレビューの続きを見る

今回は、色々なところで評判が良かった凪良ゆうさんの本です。凪良ゆうさんの本を読むのは3冊目。1冊目は「散る散る、満ちる」、2冊目は「夜明けには優しいキスを」。「散る散る〜」の方は、泣きたくなるぐらい… このレビューの続きを見る

【あらすじ】とある病気を持つニーナが、7つ年下の陽光と出会う。変化に呑まれ、成長していく二人が辿り着いた先とは?   【感想】すごく素敵な作品でした。 心の描写が丁寧にされているし、主人公が病気を… このレビューの続きを見る

太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。そんなニーナが、夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、ニーナは次第に心を詳していく… このレビューの続きを見る

はー…もうなんて言っていいかわからないです。 素晴らしくよかった、もう素晴らしく好きでした、泣きました。 もうほんとどう感想書いていいか全然わからない。 表紙とかタイトルとか見ても…主人公の名前見ても、… このレビューの続きを見る

関連する商品