>
[Amazon] 鴨川ホルモー

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

鴨川ホルモー
鴨川ホルモーで自分のブログにレビューを書く

鴨川ホルモー

おすすめ!3.5 [3.5](74件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:428947位
  • Amazon価格:¥ 1,296
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4916199820(産業編集センター)
鴨川ホルモーのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(74件) 3.5 [3.5]

 内容をまったく知らずに読んだので、ホルモーはただの格闘技か何かだと思ってました。まさかああいったものだとは。意外な感じでびっくりしました。 というわけで、何の前情報も無しに読むと主人公の安部くんと同じ気持ちが味わえて良いと思います(笑) 程好く恋愛要素もあるので楽しく読めます。というか始終楽しいです。続編も読みたい。(2009.4.8)

 好評いただいてます、作家別マイベストの3回目です。今回は、作品を出せばみんな映画化・ドラマ化になってる売れっ子作家の万城目学さんでいきたいと思います。一応ほぼ全ての作品を読んでるかなって思いま… このレビューの続きを見る

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの… このレビューの続きを見る

万城目さんのプリンセストヨトミが面白かったので鴨川ホルモーを読んでみた。京都の街がたくさん出てくる。関西育ちの私は大阪、神戸はスポットとスポットがつながるんだけど、京都だけはポイントだけしかわからな… このレビューの続きを見る

鴨川ホルモー

12:09:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  うわはははは、もうね、あほ。すんごい、あほらしいて尊敬に値する。 京都大学に入学を果たした主人公。ひょんなことから、勧誘された不可思議なサークルに所属した結果、飛んでもない学生時代を送ることとなり・・・・。 何から何まで、もう、あほ。笑うしかない、あほ。これはカンサイ人にしか書けない青春群像かもしれない。

出だしは ごく普通の話なんですが半分くらい読むと ずっぽり物語にハマっていることに気がつきます。 そのくらい面白い。 読んでない人は是非一読のお話です。 コミックが出ているとは思わなんだ。 JUGEMテーマ:読書 

映画があったな〜と手にとってみました。 どんな内容かまったく知らなかったので、 ちょっとびっくり。 おもしろかったデス +  +  + コーヒーオベーションが咲き始めた♪ 蕾が10個以上つきました。 楽しみ♪♪

 「ホルモォォォォォォォォォォォォォォォォォー!!!!!」 って叫びを聞いたことがありますか??わたしはまだ聞いたことがありません。しかし、現在でも我々の知らぬところで細々と語り継がれているかも… このレビューの続きを見る

読みました。がらっとかわって娯楽的小説。映画化されてるけど、映画向きっぽい感じしますね。もっとこう戦略戦術うんぬんでせめて来るかと思ったら、一致団結的なところでせめて気ましたね。ホルモー対決はいわば… このレビューの続きを見る

いま読んでます

17:11:By memo

約二週間ぶりかなー。4月まで暇になるんですけど、前言ってた片付けは手を付けてさえいないので、本当やる気のなさをどうにかしたいです。読書再開!昨日は恒川光太郎の草祭と、Dの銭湯の人魚姫と魔女の森。残りは鴨川ホルモー、吉原手引草。早く読みすすめたいんですが、雑念が多いせいかちっとも早くならないです。もっと早く…視野を広く…。

JUGEMテーマ:小説全般 いやーー、実にくだらない!!(ほめことば) おもしろかった!ホルモーやってみたい!!オニに会ってみたい!!!!  京都って本当にこういう現実なのか夢なのか分からない空気が似合… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

01:09:By SEの本棚

「鹿男あをによし」の作者、万城目学氏のデビュー作。 不思議で、お馬鹿で、ちょっぴり切ないファンタジー。 主人公の安倍は、食費節約のために出席した京大青竜会の新歓コンパで出会った早良京子に一目惚れ。彼女… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

14:32:By シコウヒン。

「 鴨川ホルモー 」 このタイトルを読んで何を想像しましたか? 私はその意味を、その答えを探るべく、手に取りました。 おそらく、 映画の方がコミカル且つ、理解しやすく、楽しめるのでは?!

JUGEMテーマ:小説全般  暑さにやられて 2冊だけ読了 映画も見てみたい・・・

鴨川ホルモー

21:39:By 受賞本

 鴨川ホルモー  著者 : 万城目学  受賞歴 : 2007年本屋大賞 6位         第4回ボイルドエッグス新人賞

JUGEMテーマ:読書  万城目学著『鴨川ホルモー』を読了。  京都大学に二浪の末入学した安倍は、葵祭でエキストラバイトをした帰り道、京大青竜会を名乗るスガ氏から、サークル勧誘のビラをもらう。胡散臭いこと… このレビューの続きを見る

鴨川ホルモー

00:12:By 雑想BOOK*

ホルモォォォォーーーッ!!!! ダメだ、とりつかれてしまった。 叫ばずにはいられない。 これがホルモーの魅力であり魔力。 恐るべしホルモー。 ここでまず言っておく。 「ホルモン」ではない。「ホルモー」と… このレビューの続きを見る

っにしても 土日はいいお天気だったなぁ。最高のお出かけ日和。 あぁ デトックス。火曜は越路姉妹 水曜は歌舞伎町 金曜はスクール フード パニッシュメント土曜はブギウギ 日曜はゲロンリョリ!こぅいぅ予定… このレビューの続きを見る

3.5

9冊目。

20:57:By ただの日記

 

謎のサークル京大青竜会の新歓コンパで俺は一目ぼれをした。 早良京子に。むしろその鼻の美しさに。 野外レクリエーションに勤しんでいた京大青竜会は 7月についにその活動内容を新入生に明らかにした。 鬼語… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

11:49:By memo

もっと早く読めばよかった。。。

3.5

鴨川ホルモー

21:55:By 読書LOG

 

 鹿男あおによし作者のデビュー作。 デビュー作にして、代表作じゃないかしら??と思うほどに、愉快痛快感心乱心!? 恋にライバル、自傷行為につけるは ホルモー。 絞り顔の式神(鬼)を使って 戦国武将さ… このレビューの続きを見る

万城目学のデビュー作。すげえおもしろかった!

 オニを使役し戦う謎の競技・ホルモーと、そのホルモーを戦い抜くこととなる青年たちのお話。コミックを読む前に原作を読んでおこうと思って読み始めたのだけど、文章が密な箇所と簡素な箇所の配分が独特で(全体… このレビューの続きを見る

このごろ都にはやるもの、 勧誘、貧乏、一目ぼれ。 葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。 腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、 出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。 このごろ都… このレビューの続きを見る

鴨川ホルモー

21:35:By TOY×CHILDREN

 「鹿男あをによし」の方なのか。

3.5

鴨川ホルモー

20:33:By こなちび

JUGEMテーマ:読書 ホルモーってだから一体何?!と半分くらいまでわからずもやもやしながら読みました。 なるほろ。なんてゆーかユニーク。イカキョー(いかにも京大生)って・・・。 奇抜なアイディアで面白い、そして読ませます。

3.5

鴨川ホルモー

20:23:By sweet smoke moc

ほるもぉぉぉぉぉぉぉ 絞りがあってきゅうきゅうゆう 鬼 レーズンをすぽんっ 京大は舞台映えする なんでもかんでも映画化

3.5

鴨川ホルモー

00:32:By Love Books

JUGEMテーマ:読書  内容(「BOOK」データベースより) このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。 葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。 腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、 出向い… このレビューの続きを見る

タイトルも、表紙も、怪しい。 前半のぐだぐだ感で挫折しかけたが、 後半、怒濤の展開でラストまで読み進みました。 終わってみれば、魅力的なキャラだし、 甘酸っぱい青春ストーリーで、 好みのストーリーでした。 映画にも期待。

鴨川ホルモー +books+

07:17:By arabesque

万城目さんの小説は前段が長い気がする。。 後半もりあがるというより、前が長い。 知識が多いからかな?

「鴨川ホルモー」(万城目学) さて、「ホルモー」とは何か。 それは大学生達が鬼語を操り、武装した式神(オニ)を使役して対戦する由緒正しき(?)遊戯のことである。 遊戯に負けたものは、自分の意思に関わらず、… このレビューの続きを見る

図書館でうろうろしていて「おお!森見さんのお友達!」と目に留まったので借りてみた本。 森見さんのブログに、よくお名前出てるんだよね。 常々何者だろう……とは思っていたのだけど、とりあえず「森見さんのお… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  初万城目さんです。    以前から、読書ブロガーさまの間では、「森見派か万城目派か。」 なんて話題がよく登場していますが、流行りものにはうといので、 森見さんはアンソ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ―前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり!!― いやぁ! たのしいっすね!! さくっと読んでしまいました、鴨川ホルモー!! 楽しい、楽しい、もう楽し… このレビューの続きを見る

『鴨川ホルモー』 万城目学

3.5

鴨川ホルモー

13:14:By nhosan's works

「万城目 学」 最初はこの姓を読めなかった(^^; 『鹿男あをによし』をドラマにて見始めて それを追いかけ(ドラマを数話見たところで)て 原作に手をつけずにはいられず。。。 その原作を手につけよう… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

23:03:By As You Like It

面白いです! 『鴨川ホルモー』は、先クールドラマ化した『鹿男あをによし』の原作者さんのデビュー作なんですが、デビュー作でこの面白さってスゴイ 一気にマキメ氏のファンになってしまいました。 今は図書館… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

10:50:By 備忘録

京都に住んでると、重ねて思えるところもあり、とても面白い。 設定もおかしくて一気に読んでしまいました。 サイドスト-リーの「ホルモー六景」も思わず続けて読んでます。

3.5

鴨川ホルモー

20:40:By なかざわしき

読了。 万城目さんのデビュー作。 今度映画化するみたいですね。 同時期にデビューした森見さんも京都を舞台にしてますが こちらも舞台は京都。 そしてあのばかばかしさも込み。 こっちの方がバトル? … このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

18:02:By 蜜色日和

超馬鹿げてる話だけど(笑)私は結構好きです。 なんだよ、おい、って思いながら読み続けてしまいました。 主人公がね、笑えるんですよね。 あと、彼をとりまくひとたちにも。 この小説の続編でしょうね、ホルモー六景って出てますね。 わたくし、この鴨川ホルモーは友達に借りて読んだので 続きの本、買うのか?と言えば、否、である(笑)

内容(「BOOK」データベースより) このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(… このレビューの続きを見る

"鹿男あをによし"の作者の本。 ということを知ったのは購入後であるのは恥ずかしい話だが、ふと本屋で 気になる表紙だったので買ってみた。要は本のジャケ買い。 ところがどうしてなかなか面白い。 内容として… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今朝、読了しました。 後半になるにつれおもろくなっていったので、 次作、鹿男あをによし(ドラマ化してますね)も楽しみ。 「凡ちゃん」=楠木さん、 最高でした。 京都で青春… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 『夜は短し歩けよ乙女』の次のタイミングで読んでしまったのが『鴨川ホルモー』。「モルホー」なのか「ホルモー」なのか、未だに間違えそうになる。きっと自信がないままずっと「鴨川ホルモンみたいな名前だった本」と人に説明しそうだ…。

3.5

鴨川ホルモー

16:37:By 晴耕雨読

面白そう。

鴨川ホルモー

02:26:By 1979.9.7

読みました。 結構話題になってたし(雑誌やブログでよく紹介されていた気がする・・)、 どこの書店でも目立つ場所に陳列してたので気になってました。 だけど、ちょっとワタシ好みの話ではないのでは・・? … このレビューの続きを見る

大学入学直後の主人公は、謎のサークルに勧誘される。 そして、サークルを楽しみつつ、「オニ」を操り、 試合を行うという謎のホルモーに巻き込まれていく…。 勧められて、何の知識もないまま読んで見ましたが… このレビューの続きを見る

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2007/11/25〜2007/11/26 【ボイルドエッグズ新人賞(第4回)】謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。前代未聞の娯楽大作、ここにあり!

これを面白いと取るか馬鹿馬鹿しいと取るかはそれぞれだろうが、自分は大変に面白かった。同じ京都を舞台にした作品に『きつねのはなし』があるが、はっきり云ってホルモーの方が面白かった。 京都大学に入学した『… このレビューの続きを見る

鴨川ホルモー

02:16:By THE RED NOTEBOOK

読了

鴨川ホルモー

02:12:By THE RED NOTEBOOK

読み始める

タイトルだけで購入してしまいました。 京都グルメ系?などと勝手な想像をしつつ読み始めたら、進むこと進むこと。行きつけの喫茶店でモカ・マタリをすすりながら1時間半、家で寝っ転がりながら1時間半の計3時… このレビューの続きを見る

Y子さんちに遊びに行ったときに拝借してきた本の中から読み終わったものをひとつ。 ホルモンかとおもっていたらホルモー。 ホルモーってじゃあなに?? こんな摩訶不思議なことがあるわけない。ブッとびす… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

18:59:By The Samantha Times

あらすじ(「MARC」データベースより) 謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(… このレビューの続きを見る

こりゃまたわけのわからない話だにゃ〜 でも途中から、このくだらなさがおもしろくって、 あははあはは笑っていました こういう発想は凡人には無理だわ〜 すばらしいです

内容(「BOOK」データベースより) このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(… このレビューの続きを見る

森見まがい・・・?と思って一応まぁ読んどく感じだったが意外に楽しめた。 情けないっぽい京大生男子を主人公に、京都の地名と雰囲気を盛り沢山でお送りするファンタジー風のしょっぱい青春モノ。三大祭とか賀茂… このレビューの続きを見る

産業編集センター / 2006年4月20日初版 / 1200円 このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。 葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。 腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見… このレビューの続きを見る

万城目学 著 ・・・まず、この作者名が読めん・・・ これで、”まきめまなぶ”と読むらしい・・・・ 「鴨川ホルモー」とは、そのタイトルどおり、京大生の主人公が”鴨川ホルモー”にいかにして参加する羽目になっ… このレビューの続きを見る

ずいぶん前からあったのですが、がんばって読んでみました。 あんまりがんばらなくても普通に読めました。 おもしろかったです なんかこう、読者の好奇心をそそる展開でした。 オニがどんな姿してるのか、妄想力不足でいまいちよくわからんかったので、 月曜の七時くらいにアニメ化してほしいです 主題歌はかげやまヒロノブさん的な、正統派がいいです。

会社の人に借りて読みました。 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 王様のブランチでも、紹介されたりなど、 どうやら、流行っていたようです。 このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。 葵祭の… このレビューの続きを見る

3.5

ホルモォォーー

23:54:By LILYROSE Cafe

みなさんは「ホルモー」という言葉をご存知か。 そう、ホルモー。 いえいえ、ホルモンではなくホルモー。 *** 長い長い歴史を持つ謎に溢れた競技:ホルモー。 ひょんなことから競技参加を余儀なくされたひ… このレビューの続きを見る

先日の南日本新聞の書評記事の中にも、この本と著者のことが少し書かれていました。本の帯にも「この「おもしろさ、エネルギー」とありますが、文章に勢いのある作家ですね〜。思わず、読み始めたら、最後まで読ま… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー。

18:18:By 市松箱兎

パソコンの一発変換で「鴨川ホルモー」と出ないのがもどかしい。 そんな小説です。 多分表紙だけを見て「鴨川ホルモー」とは何なのか、を悟れる人はいないと思います(いたらすげぇー・・・)。 とにかく笑… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

22:55:By day to day

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの… このレビューの続きを見る

二浪の末に京都大学に入学した主人公・安倍は葵祭りの夜に「京大青竜会」というサークルから勧誘のチラシを受け取る。 何の気なしに参加した新歓コンパで知り合った早良京子に一目惚れした安倍は、彼女会いたさ… このレビューの続きを見る

このごろ京都にはやるもの…。京都の大学生たちの巻き起こす、式をつかった陰陽道の戦い!その名もホルモー! 某書で、「夜は短し…」とセットで紹介されていたので、そういうものか?と思って読みましたが、全然… このレビューの続きを見る

3.5

鴨川ホルモー

09:47:By 本と株を少々

ホルモーとは何かという期待が大きすぎたのか、ホルモーについては多少?だが、大学時代を京都で過ごしたので懐かしく思い出してしまった。 設定は魅力的だが、たぶんこうなるとだろうと予想ができる、メガネを取ったら美人だの、実はすごい才能があったりとありきたりな展開が残念だった。

3.5

鴨川ホルモー

20:20:By ぼちぼち

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの… このレビューの続きを見る

関連する商品