>
[Amazon] あずみ スタンダード・エディション [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

あずみ スタンダード・エディション [DVD]
あずみ スタンダード・エディション [DVD]で自分のブログにレビューを書く

あずみ スタンダード・エディション [DVD]

3.1 [3.1](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:39434位
  • 定価:¥ 5,184
  • Amazon価格:¥ 1,900
  • ユーズド価格:¥ 595
  • ISBN/ASIN:B0000C0SXM(アミューズソフトエンタテインメント)
あずみ スタンダード・エディション [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.1 [3.1]

原題: / 製作年:2003年 / 製作国:日本 / 上映時間:142分 / 日本公開日:2003年5月 / 映倫:PG12監督:北村龍平 / 原作:小山ゆう / 脚本:水島力也、桐山勲 / 音楽:出演:上戸彩、原田芳雄、… このレビューの続きを見る

この映画は役者がかなり豪華。 しかもこの映画のすごい所は豪華な人もちょい役で惜しげもなく使う所。 瑛太や小栗旬が登場するけど結構早い段階で、、、 それに私の好きなりょうさんが出てきたけどびっくりするくら… このレビューの続きを見る

あずみ

12:02:By ことのは綴り

内容的に、アニメ化ならカッコいいだろうが映画化だと演じてるふうになってしまわないだろうかと思ったのだが、思った以上にカッコ良く仕上がってて良かった。本人も痣だらけで殺陣を練習したそうだが、つまるとこ… このレビューの続きを見る

東宝・2003年5月・142分 【あらすじ】 小山ゆうの人気コミックを原作に、『太陽を盗んだ男』のプロデューサー山本又一朗が『VERSUS』の新鋭・北村龍平監督を大抜擢してお届けするアクション時代劇大作。徳川家… このレビューの続きを見る

あずみ

20:34:By acorn box

途中まで原作を読んでたので、ずっと気になってた作品。起きたらちょうどWOWOWでやってた。らっきー。 最初に上戸彩主演で映画化が決まった時は、うわ〜上戸彩か〜って思ってたんだけど(あまり好きじゃなかった)… このレビューの続きを見る

3.1

あずみ

14:13:By もののもののめも

原作は全然知らないんだけど、気楽に観れて良かったかも。 各キャラが描き分けられているし、アクションも スピード感もあって最後まで飽きずに面白かった。 上戸彩ちゃんの凛々しい表情も◎ 敵キャラの変態っ… このレビューの続きを見る

東宝・2003年5月・142分 【あらすじ】 小山ゆうの人気コミックを原作に、『太陽を盗んだ男』のプロデューサー山本又一朗が『VERSUS』の新鋭・北村龍平監督を大抜擢してお届けするアクション時代劇大作。徳川家… このレビューの続きを見る

あずみ

17:24:By エンタのメモ帳

製作年:2003年 製作国:日本 ジャンル:時代劇 アクション 監督:北村龍平 出演:上戸彩 原田芳雄 小栗旬 成宮寛貴 オダギリジョー 評価:★★☆☆☆ 血に咲く。 最初の使命は、愛する友を殺すこと。 … このレビューの続きを見る

血の苦手な方はご用心 この前久しぶりに観てんけど 何回見ても オダギリさんの演技最高!! なんとも言えない あの感じがすごぃ なかなかの豪華キャストで 展開も速くて結構楽しぃ けど・・・ 血とか死体とか苦手な人は 止めといた方がいいかも・・・・

去年録画してHDDに入れっぱなしだった「あずみ」を鑑賞しました。 血たくさん。若手たくさん。大御所もそれなりに。けど、出番少ないし(笑) 今ではドラマなどで主役はったり、準主役やるような子が序盤からバンバ… このレビューの続きを見る

東宝・2003年5月・142分 【あらすじ】 小山ゆうの人気コミックを原作に、『太陽を盗んだ男』のプロデューサー山本又一朗が『VERSUS』の新鋭・北村龍平監督を大抜擢してお届けするアクション時代劇大作。徳川家… このレビューの続きを見る

3.1

あずみ

21:33:By 快天MOVIE

監督 : 北村龍平 出演 : 上戸彩 / 原田芳雄 アクション・シーンが見事。殺陣に加えて、ワイヤー・アクション、カメラ・ワークのテンポと、迫力のある映像になっている。ドラマ部分が弱く、終盤に向かうほど面白味がなくなっていく。若い俳優陣は頑張っているが、主人公あずみのキャラクターが薄い。

あずみ

16:42:By どっぷり動画生活

徳川家康が幕府が開いた1600年代初頭、刺客として育てられた10人の若者たちは、爺の命令でまず仲間同士で殺し合いを強いられ、勝ち残ったあずみら5人は、徳川に反旗をひるがそうと企む浅野長政や加藤清正の暗殺の任を受けるが…。

先日テレビで放送されていた映画「あずみ」について雑感。 爺こと小幡月斎弱すぎ。 あずみたちと最終決戦に臨む際「行くぞ」と前に出たそばから鉄砲で撃たれて「うっ」だって。 そんな無用心な「刺客」がいるわ… このレビューの続きを見る

関連する商品