DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]のレビュー全21件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]
笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]で自分のブログにレビューを書く

笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]

おすすめ!3.4 [3.4](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:47841位
  • 定価:¥ 4,104
  • Amazon価格:¥ 2,196
  • ユーズド価格:¥ 100
  • ISBN/ASIN:B0007OE0YG(東宝)
笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.4 [3.4]

3.4

笑いの大学

10:00:By 柴犬Diary

JUGEMテーマ:邦画 ほんとは 水曜日ならお得に見れるけど なかなか スケジュールがあわず 今日に。。 もうじき冬休みだし あとは 来週 「ターミナル」を見たら 今年は … このレビューの続きを見る

笑の大学

08:01:By 黒猫の闇鍋

JUGEMテーマ:映画 昭和15年の東京。 戦争のただ中にあるこの時代、娯楽やニュースといったものはすべて検閲にかけられ、許されたものしか民衆は目にすることが出来なかった。 そんな中、劇団「笑の大学」の座… このレビューの続きを見る

三谷幸喜脚本の舞台劇を役所広司・稲垣吾郎共演で映画化。密室劇が得意の三谷脚本らしく、ほぼ一つの部屋を舞台にしていながらも言葉に言葉を重ねるスタイルで物語をグイグイ引っ張って行きます。が、やはり映画と… このレビューの続きを見る

やっとこさ、2本目に突入(笑) まず、始めに言っておきましょう。演劇好きな人は一度観る価値はありますよ。朗読劇や二人芝居で有名な『笑の大学』ですが、映画という、違うメディアでもその存在は充分でした。 ラストシーンの感想もありますので、ネタばれ注意で。

JUGEMテーマ:映画TV ☆☆☆☆★昭和15年。日本が戦争の泥沼へ進み始めた頃、国民の娯楽である演劇は検閲を受け、それに通らなければ上演できなかった。新しい検閲官向坂は、生まれてから一度も心の底から笑ったこと… このレビューの続きを見る

3.4

笑の大学

02:07:By infinity

三谷幸喜脚本原作の映画ならおもしろいこと間違いなしだろうという単純な思いだけで、この作品を借りてみた。前回見たマジックアワーが思いのほか面白かった影響もあっただろう。しかし、今回の作品はまた違ったテ… このレビューの続きを見る

センスのある笑いがある映画です。話の構成も人に解りやすく楽しませてくれる シンプルっていいなと思った同じ関西人と出会うと安心感や親近感あるように邦画をみるとほっとするな〜日本人でよかった

2004 日本 邦画 コメディ ドラマ 作品のイメージ:ほのぼの 出演:役所広司、稲垣吾郎 そもそも密室劇というのが、あまり映画には向かないのではないか。舞台用の脚本といった印象。本作は、映画版や… このレビューの続きを見る

笑の大学

00:31:By :13

戦時下の昭和15年の東京。検閲官・向坂は劇団「笑の大学」の座付き作家・椿に次々と無理難題をふっかけ、直せなければ上演中止だと脚本の書き直しを迫る。が、椿はその要求を聞いてさらに素晴らしい脚本を作りあげていく。そんな2人が、ガチンコ対決を通して次第に不思議なきずなを芽生えさせていく様を描く。

ストーリー:三谷幸喜が手掛けた舞台劇を役所広司と稲垣吾郎共演で映画化。戦争色の濃い昭和15年、庶民の娯楽が規制される中で劇団“笑の大学”の上演を望む座付作家・椿と検閲官・向坂は反発し合いながら次第に友情… このレビューの続きを見る

笑の大学

23:12:By 日記

JUGEMテーマ:映画 舞台の方もDVDが発売されていて、そちらの方を購入。 はるか以前にNHKのBSで放送したときにも見たのだけれど、 今回改めて鑑賞しても、面白く感心した。 実際の舞台で観たら感動的な面白さ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 感想。

3.4

笑の大学

07:36:By 映画覚え書き

■2007/日付不明 鑑賞

笑の大学

18:08:By Eeny, meeny, miny, moe!

役所広司が好きなので鑑賞。 舞台のような形式のままの演出が楽しかったです。

「笑の大学」

18:32:By ザラメバ

喜劇にハマっていく笑わない検閲官。戦時中のこと。 上演許可をとるために台本がどう変わっていくのかわくわくでした。 検閲官が椿作家の一番のファンなんだね。 ほとんどがひと部屋での役所さんと吾郎さんの二人芝居で、こういう映画って見たことなかったです。じわじわ面白かった!

3.4

笑の大学

20:39:By yeplog

戦時中の喜劇作家と国の検閲官との物語。映画の前に、ラジオドラマ、舞台で好評を博していた。 映画化については、、脚本の三谷幸喜が星護が監督をするならならということで実現したらしいが、やはり映画化はやめ… このレビューの続きを見る

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより) 実在の喜劇作家・菊谷栄をモデルに三谷幸喜が手掛けた舞台劇を役所広司と稲垣吾郎共演で映画化。戦争色の濃い昭和15年、庶民の娯楽が規制される中で劇団“笑の大学”の上… このレビューの続きを見る

昭和15年秋の浅草。 舞台つきの脚本家たちが警視庁の検閲係に、脚本を見せに来る。 今回、とりわけ厳しい意見をもった人間が、検閲係を担当することになり、 次々とだめだしをする。 これに対し、脚本家の一… このレビューの続きを見る

3.4

笑の大学

01:37:By **movies**

役所広司に脱帽。 やっぱ、うまいわー! 時代は戦時中。今まで一度も笑ったことのない男が検閲官になり、 喜劇作家の脚本を検分。「上演できるかできないか」の許可を出す。 そんな笑わない役を役所広司、… このレビューの続きを見る

3.4

「笑の大学」

22:17:By YamaRan's

ホントはWOWOWで夕方やってた舞台版が観たかったんだけど、すっかり忘れてた。なので夜やってた映画版を観る。 役所広司でもってる、って感じだね。 結局、最後まで観ても稲垣吾郎のしっくりこない感じは見慣れることがなかった。 せっかく面白い話なのに、それだけが残念。 やっぱり舞台版も観なきゃな。

笑の大学

22:15:By アミニ ズム

最初からくすくすきてたけど、段々面白さがわいてくる。 三谷幸喜さんの作品は、面白いっていうのは絶対あるんだけど、 観ていて楽しいっていう要素がいっぱいつまってる。 エンドロールがいつもお洒落だなあって思います。 通いたい、笑の大学。編入できるもんなら是非したい。

関連する商品