>
[Amazon] ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]で自分のブログにレビューを書く

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

おすすめ!3.5 [3.5](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:24403位
  • 定価:¥ 3,024
  • Amazon価格:¥ 2,849
  • ユーズド価格:¥ 439
  • ISBN/ASIN:B000BN9ADO(東宝)
ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.5 [3.5]

原題: / 製作年:1997年 / 製作国:日本 / 上映時間:103分 / 日本公開日:1997年11月 / 映倫:G監督:三谷幸喜 / 原作:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ / 脚本: / 音楽:服部隆之出演:唐… このレビューの続きを見る

脚本と監督、三谷幸喜5本めの作品。 韓流ゴリ押しで顰蹙買ったフジテレビですが、一時期はこの映画のプッシュもそらスゴイものがありましたよね。ホンの何秒のCMにまで、監督自ら登場して「ステキな金縛り」って… このレビューの続きを見る

人気脚本家・三谷幸喜が初監督を務めた群像コメディがトールサイズで登場。主婦・みや子はラジオドラマの脚本コンクールに出品した作品が採用される。だが、生放送の本番直前に主演女優が不満を言い始め、シナリ… このレビューの続きを見る

3.5

「ラヂオの時間」

19:58:By 未来報

JUGEMテーマ:映画 TSUTAYAから届いていた、一本無料で借りられるDMを持って出かけ、「魚影の群れ」を借りようと思ったら、貸出中だったので、迷った末、友人におもしろいと聞いていたのを思い出し、「ラヂオ… このレビューの続きを見る

ラヂオ

10:19:By あ行

ラジオも「地デジ」化 見えぬ具体像、業界に不協和音も http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY200809080285.html >通勤途中、携帯電話機でラジオを聴くと、ビートルズ専門局から懐かしい曲が流れて… このレビューの続きを見る

東宝・1997年11月・104分 【あらすじ】 ラジオ・ドラマ放送中のスタジオという限られた空間で起きるさまざまな出来事を、笑いで包んだシチュエーション・ドラマ。鈴木京香が演じる主役のみや子は、ラジオドラマ… このレビューの続きを見る

3.5

ラヂオの時間

07:41:By 映画覚え書き

■日付不明 鑑賞

JUGEMテーマ:映画 最高に面白い! 次から次へと問題が 生じてくるのを なんとか解決していく様は 「総理と呼ばないで」にも 通じるところがあって楽しい。 情報わんこそばトップページへ

ラヂオの時間

16:01:By Junk Movie

★★★ (★1pt/ ☆ 0.5pt / max:5pt) 三谷幸喜のギャグセンスにやられた…。 井上順バンザイ!

結構面白かったです! 生ラジオの放送と、人間模様が描かれてました。 生ラジオでながす色々な効果音が面白かったのと、 ラジオで流すストーリーが行き当たりばったりになってしまい、うまくつなげようと必死な所とか面白かった。

ラヂオの時間

21:25:By Drop of Rain

ナレーター役の並樹史朗のアドリブが素敵だ。おお?おお!!と拳握り締め、身を乗り出し、最後まで見入ってしまう。藤村俊二の作る効果音には素直に感動した。50円玉と雑誌か… 三谷幸喜の映画って、ごく限られた場… このレビューの続きを見る

これは久々に面白かった。 笑いました。 ラジオドラマを放送中のスタジオの中を舞台として、 ドタバタ劇が始まります。 鈴木京香さん演じる「みやこ」さんが、ラジオドラマのコンクールで選ばれて、 それを… このレビューの続きを見る

生放送のラジオドラマをめぐるドタバタコメディ。生放送という特異な条件の中、役者の身勝手から始まる騒動は、はじめの台本をあらぬ方向へと変えていく… 三谷幸喜はやっぱ脚本がうまいね。彼の映画は中だる… このレビューの続きを見る

3.5

ラヂオの時間

15:46:By Movie Review:)

これいい!! みんな好き勝手やってて「オイオイ・・・」てなる所もあるんだけど、 ちゃんと最後に感動してくれる人がいるのが救いだよね(ぇ 擬音の作り方とかも素晴らしいな(笑

例によって例の如くの三谷幸喜です。 何も考えないで見られますので、ホントにエンタテインメント。 何度かラジオドラマ収録現場に制作側として立ち会ったことはありますが、リアリティありまくりです。

関連する商品