DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]のレビュー全54件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]で自分のブログにレビューを書く

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]

おすすめ!3.9 [3.9](54件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:28770位
  • 定価:¥ 5,184
  • Amazon価格:¥ 4,800
  • ユーズド価格:¥ 2,099
  • ISBN/ASIN:B000PWQS3G(アルバトロス)
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(54件) 3.9 [3.9]

当時の東ドイツが置かれていた監視社会の実像を克明に描いています。 1984年の東ベルリン国家保安省の局員ヴィースラー大尉はある日、反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその同棲相手の舞台女優クリスタを監視… このレビューの続きを見る

昨日、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督『善き人のためのソナタ』を鑑賞しました。この映画は第79回アカデミー外国語賞受賞作で、えがちゃんが大絶賛していた映画です。1984年の東ベルリン、シュ… このレビューの続きを見る

■Yahoo!映画 あらすじ 

「HGW XX/7に捧ぐ」 旧東ドイツでの秘密警察・シュタージに関する史実に基づいた映画です。日本ではひっそりと公開されたためにあまり知られていませんが、ドイツで映画賞を総なめにしたというのも頷ける作品です… このレビューの続きを見る

 東ドイツという名称がつかわれる時、なにを指すのか。ドイツの東側、東地方、それともDDRか。恐らく時の流れに身を任せれば、後者の意味でつかわれる頻度は間違いなく減っていくだろう。国の認識はおそらく過… このレビューの続きを見る

秘密警察が蔓延していた監視社会だったころの旧東ドイツ。 一人のスパイと彼が盗聴・監視していた芸術家との物語。 主役のウルリッヒ・ミューエはこの作品がアカデミー賞を受賞した翌年に亡くなっている。実に惜し… このレビューの続きを見る

●いいところ 1984年っていう年に実際おこってたかもしれない出来事っていうリアリティ。 愛することと裏切ることの表裏一体加減。 しっかり愛ししっかり裏切るヒロインのリアリティ。 盗聴してるうちに元々… このレビューの続きを見る

先にレビューした「グッバイ、レーニン!」と同じ東西ドイツ統一の頃のお話ですが、こちらは統一前の東ドイツに重点を置いていて、今まで語られなかったシュタージ(国家保安省)による監視社会の恐ろしさについて… このレビューの続きを見る

昨年(2009年)、ベルリンの壁崩壊後まだ20年たったばかりだということに驚いたけれど、この映画はベルリンの壁が崩壊する前の東ベルリンが舞台。スパイのヴィースラーは、劇作家の反体制派の疑いがあるドラ… このレビューの続きを見る

3.9

善い話でした

00:54:By eine kleine...

  絶対間違ってるドイツ語。 それはともかくいちおドイツ文化勉強してるので ドイツの映画見たがる感じな私です。 でもあんまり見てない。。。 なぜならドイツ映画は割とマイナーなので うちの近所のビデオ… このレビューの続きを見る

3.9

映画

21:19:By opm blog

2009年最後に観たDVD。 何度も胸を締め付けられるような思いになったけど 観てよかったと思える映画でした。

JUGEMテーマ:映画 体調不良のため、実家で一人放置されていた時に 光テレビで映画を見ました。 何処で耳にしたのかわからないのですが 携帯にメモをしていたこのタイトル。 「善き人のためのソナタ」  ス… このレビューの続きを見る

 Information and Documentation Centre of the office in Charge of Stasi DocumentsJUGEMテーマ:旅行

 ホーエンシェーンハウゼン、シュタージの刑務所です。JUGEMテーマ:旅行

Stasimuseum

04:46:By London Night 〜別館〜

行ってきました。こちらが、今回のベルリンの1番の目的‘シュタージ博物館’公式サイトはこちら→JUGEMテーマ:旅行 

この作品が作られた時監督はなんと33歳だったそうです。 監視や盗聴の講義を行う主人公は国家保安省の優秀なエージェント。 与えられた任務は劇作家とその愛人を徹底的に監視するというものでした。 屋根裏で彼ら… このレビューの続きを見る

 週末に借りていたDVD5本セット  今すべて見終わりました!  衝動買いならぬ衝動借りが祟ったのか  タイトル通りの結果となり  やられてしまいました(T_T)  したがいまして・・・  お勧めのDVDがないので  かなり旧作からのお勧めを1本  “善き人のためのソナタ”  この作品は、いい意味で  やられてしまいます(^O^)/

ドイツ……! テストが終わったら、冷戦について勉強することにします。

 とにかく良い映画!!! 今の時代を生きる喜びを改めて実感させてくれる。 人を心から愛すること、 信念に正直に生きること、 今の時代でも難しい。 いや、今だからこそ難しいのかもしれない。。 けれど… このレビューの続きを見る

ベルリンの壁崩壊のほんの数年前に、こんなことがあったとは......。 知らないことの恐ろしさを実感。

33歳の若い監督が撮ったとはとても思えないくらい厚みのある映画だった。ストーリーはよどみなく流れるようにすすんでいくので、時間を気にすることなく観ることができた。 常々思うのだけれど、あからさまに感情… このレビューの続きを見る

 それにしても、最近かなりのペースで映画見てて映画の紹介なんかで釣りサイトにも関わらず更新のネタにしてるんですけど、紹介するのってむずかしいね。 このシーンがどうとか、ここが気に入ったとか、言いた… このレビューの続きを見る

東ドイツと西ドイツが互いにいがみ合っていた時代西へ東の情報が漏れることを懸念した政府は秘密警察に人気劇作家を監視させる「このソナタを聴いた人は本当の悪い人にはなれない」秘密警察のヴィースラーは寡黙に… このレビューの続きを見る

 ベルリンの壁が崩壊する前後の東ドイツ。 恋人同士の劇作家と女優が、反体制的だと言うことで 国家権力の下、盗聴され監視される。 その任務にあたった、大尉の心の変化と 権力に翻弄される二人の運命・・・・泣けた。 いい映画だった。

ああああああああ なんって良い映画なんだ ラスト。ラストがたたみかけるように、全て名シーン っていっても、ラストも勢いのあるようなものではなく、静かに、祭りの後、本当の主役にスポットがあたる、涙… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画の感想 某映画上映会のチケットが当たり、フィルムで観る事ができた。 激動の時代の中で、腐った体制の中の一部である個人がどういう行動をとればいいのか考えされられる映画でした。 ラストシーンで泣いてしまった。

2006年、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督作品。 長い間ドイツのタブーとされた秘密に関するヒューマンドラマ。 「この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない」(作中台詞) うん、ほんと、そんな話で。

JUGEMテーマ:映画 公式サイトはこちら 第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 確かに心に残る作品だと思います。

まだドイツが東と西に分かれていた時代。 社会主義であった東ドイツでは、国家保安局がのさばり 国を裏切る行為をする者とその者を密告するものが秩序の中、 抑制されて暮らしていた。 保安局でエリートとして… このレビューの続きを見る

84年11月の東ベルリン。国家保安局の秘密警察“シュタージ”の ヴィースラー大尉は、劇作家とその恋人が反体制的だという証拠を調べることに。 ところが、そんな大尉が自由主義思想や芸術に魅了されてしまい……。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 切なくなる話だった 葛藤とか 忠義心とか 少しのやさしさとか いろいろ 最後にHGW XX/7あての本が出たのはぐっときた 自分のための本 なんかすごくいい かなり抽象的な感想 もっと表現力に磨きをかけなきゃいけん

ようやく観ました、「善き人のためのソナタ」 ひと言では表せないこの感情はなんだろか・・・・。 とにかく、人間ってやっぱりいいもんだって思った。 切ないっていうとチープだし、 感動っていうとありきたり… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 国家保安省の局員ウルリッヒ・ミューエの静かなたたずまいというのがすべてでしょうね。盗聴していくウチに劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)に感情移入していく。その雰囲気という… このレビューの続きを見る

 友人たちとのGW合宿の際に鑑賞した映画。涙腺の弱い私ですが、やっぱり泣きました。一人だったらもっとだばだば泣いてたんじゃなかろうか。そういうお話です。  ネタバレ全開の感想文は続きから。できれば鑑賞済みの方のみどうぞ……観て損はない映画だと思います。

「善き人のためのソナタ」  1984年、ベルリンの壁が壊れる5年前の東ドイツの話。 国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーが、反体制的であると疑われた劇作家のドライマンの部屋を盗聴し、その証拠を見つけ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 久しぶりにDVDでも観ようと思いレンタルビデオショップで 『善き人のためのソナタ』を借りてきました。 ん〜ココロに響く良い映画でした 特に最後の方がよかったです。 自分が助けられたことを知った演出家が、助けた相手をみつけるが声を掛けない。 「HGW XX/に捧げる」 「私のための本だ」 いい〜

引き続き映画いっぱい見てます、今月。ささっとメモ。 *善き人のためのソナタ あちこちでよい評判を聞いていたのでずーっと見たいと思っていて、やっと見れた!見終わったあとしばらくぼ〜っと、余韻に浸って… このレビューの続きを見る

久しぶりに評価の別れない名作中の名作といった感じの作品。 文句をつける人がいるとすれば、ローマの休日のラストはどうしてハッピーエンドじゃないんだ金返せ!と叫ぶようなアンポンタンであるからして例外的な扱いで… このレビューの続きを見る

「この曲を真剣に聴いた人間は善人になってしまう」 本当にそうなのだろうか?主人公の心に響いたのは音楽よりもむしろ、真実だったのではないか?真実を伝えようとする人の言葉が、彼の脳には鳴り響いていたので… このレビューの続きを見る

昔はお正月映画といえば007だったり超大作パニック映画だったり「これ!」と思うものがありました。最近はどちらかと言えばDVDをレンタルする方が正しいお正月休み!という感じになっちゃいましたね。ご多分にもれ… このレビューの続きを見る

録画してあった映画「善き人のためのソナタ」を観る。 主人公・ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、反体制の人間を取り締まる国家保安局員。劇作家(セバスチャン・コッホ)と恋人である女優(マルティナ… このレビューの続きを見る

3.9

善き人のためのソナタ

23:07:By lid

善き人のためのソナタ 東ドイツ 壁が崩壊する前 保安省は西ドイツと関わりを持つ人間を徹底的に排除すべく ある作家の家に盗聴器を仕掛ける 盗聴器から聞こえてきた人間ドラマは 一人の冷酷な尋問官の心を… このレビューの続きを見る

◆Cast*ウルリッヒ・ミューエ/セバスチャン・コッホ/マルティナ・ゲデック/ウルリッヒ・トゥクール/ トマス・ティーナ/ ハンス=ウーヴェ・バウアー ◆Director:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマル… このレビューの続きを見る

静かな映画です。 主要登場人物は多くないし、主役のヴィースラーは職業柄感情を中々表に出さない。 それでも、複雑な人間の心の動きを深く丁寧に描いてくれている。 私が一番気に入ったのはラスト。「こ… このレビューの続きを見る

3.9

善き人のためのソナタ

19:27:By OKULO

 原題「Das Leben der Anderen」1984年ごろの東ドイツの監視社会を描いた映画。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラー大尉が反体制の疑いのある劇作家ドライマンの私生活を監視していく。芸術家の生活を… このレビューの続きを見る

観にいこうとおもって行けていなかったこの映画、京都みなみ会館でリバイバル上映されているのを今日観にいった(主演の俳優さんが急逝したらしい…)。 もっのすごく平たく言うとスパイが政府(旧東ドイツ)を裏切… このレビューの続きを見る

【★★★★★】 2007年のアカデミー賞外国語映画賞受賞作。 舞台はベルリンの壁崩壊直前、社会主義体制の下にある東ドイツ。 東ドイツの国家保安局のヴィースラー大尉は、劇作家・ドライマンとその恋人で舞台女… このレビューの続きを見る

なんだかぴったりくる言葉が浮かびませんが、 これは素晴らしい作品です 期待を大きく裏切ってくれた感じ。 基本的に知ってる役者はひとりも出てません。 しかしなんともいえずいい演技を見せてくれます、どのひとも。 例のごとくストーリーには全く触れませんけど。 人間の心の変化や動きが見事に描かれてます。

ベルリンの壁崩壊前の、社会主義体制下での東ドイツ。 国民を監視する団体、シュタージ(国家保安局)のヴィースラーと、 彼が監視している劇作家ドライマンとその恋人クリスタ。 告発するための監視が、いつの… このレビューの続きを見る

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより) 2007年アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドラマ。84年、東ドイツの国家保安局のヴィースラー大尉は、劇作家・ドライマンとその恋人で舞台女優のクリスタが反体制的で… このレビューの続きを見る

映画『善き人のためのソナタ』について簡単に書く。 今春、公開されたドイツ映画。 2007年度の、アカデミー賞の外国映画部門の受賞作。 1984年、東西冷戦下の東ベルリンが舞台。 反体制的とみなされる劇… このレビューの続きを見る

かつてドイツは二つに分かれ その東側では社会主義国家として 国民は保安省に監視・統制される日々を送っていた。 希望が持てない社会。 ことさら芸術家にとっては表現を制限されると言う 生殺与奪の権… このレビューの続きを見る

関連する商品