DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]のレビュー全29件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]で自分のブログにレビューを書く

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

おすすめ!3.4 [3.4](29件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:18139位
  • 定価:¥ 5,184
  • Amazon価格:¥ 1,011
  • ユーズド価格:¥ 498
  • ISBN/ASIN:B000V97JF4(VAP independent(VAP)(D))
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(29件) 3.4 [3.4]

原題: / 製作年:2007年 / 製作国:日本 / 上映時間:142分 / 日本公開日:2007年4月 / 映倫:G監督:松岡錠司 / 原作:リリー・フランキー / 脚本:松尾スズキ / 音楽:上田禎出演:オダギリジョ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画    3歳でオカンと一緒にオトンの家を出たボクは、80年代に憧れの東京に出て美大生になり、90年代に入って、イラストレーター兼コラムニストとしてようやく食えるようになる。 そんな矢先、オ… このレビューの続きを見る

 多分、スペシャルドラマも連続ドラマも観たけど、 やっぱり映画かなあ? 内田也哉子からの樹木希林へのオカンリレーも納得。 松尾スズキも映画という時間的制約のなかでよく書き上げたなあ。 やはりうまい役者さんと脚本、スタッフが揃えば、 いい作品が出来る例。 そうそう、こないだ 「色即ぜねれえしょん」の舞台挨拶で、 リリーフランキーを生で拝めて感激したなあ。

リリー・フランキー著「東京タワー」の映画版。 まだ幼いうちから別居した両親。 母親と共に暮らした学生生活。 自立し、上京してからガンと闘う母を看取るまでの親子の歴史を描く。 不思議とキキキリンと、オダ… このレビューの続きを見る

原作をずっと見たかった  ↓ なぜか家にあるのを発見、やった!  ↓ だけどやけに流行っていたので、じゃああえて見ないぞ、と思い出す (私はあまのじゃく)  ↓ こないだテレビでやってたので、つい見てし… このレビューの続きを見る

リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超 える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。主人公の “ボク”にオダギリジョー、“オカン”にベテラン女優の樹木希 林。昭和から平成を見つめて… このレビューの続きを見る

そうか、母の日なんだね〜。もうすぐ。 うちのオカンは12年前に逝っちゃいましたが、今戻ってきてくれたら、ちっとは親孝行できるのにな〜と思いながら、テレビ見てました。 時々、母ちゃんが今生きていたらど… このレビューの続きを見る

 いまさら。地上波放送やってたので。  原作は読んだことないです。ドラマはちょいちょい見てた。  もこみちのぐちゃぐちゃに泣いてる顔とかが印象にあったのでスタイリッシュなオダジョーに驚いたよね(笑… このレビューの続きを見る

オダギリジョー|樹木希林|内田也哉子|小林薫|松たか子 もうすっごいすっごい素敵な映画でした、、 母が公開中に観に行って大絶賛してたので わたしもめっちゃ期待してたんですが、 その期… このレビューの続きを見る

 Tokyo Tower     GRDIIリリーフランキーの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を観ました。で、その翌日東京タワーに昇ってみたくなり、行ってきました(←単純)東京住んでいても、一回も行ったことなかったし、思い立った時ではないと行かないだろうと思って・・・のぼってきましたよ〜 それも、階段で600段!

3.4

東京タワー

23:36:By

 東京にも♪あったんだ♪オダギリジョー、きききりんが良い演技しています。過去を回想しながら、オカンの偉大さを確かめるものがたり。東京タワーを背にしたオトンと僕は、いつもオカンに護られていた。。多少レトロなところが受けたのかな、と思った。ウォークマンで鑑賞。携帯プレーヤーに映画を入れたのは初めてだったな。こんどは大画面で見たいです。

JUGEMテーマ:映画 リリー・フランキーの大ベストセラー(といってもハハは未読・・そして、連ドラもSPドラマもみていません・・)の映画化作品。 オカンは、遊び人のオトンを捨て、ボクを連れて実家の筑豊へと引… このレビューの続きを見る

前に、ドラマだけちょこっと見たことあったけど全然興味なかった。 で、今回借りてみた。 何だろう・・・いろんなことを考えてしまった。 家族の死・・・とか、オトンのオカンへの愛・・・とか。 息子の母親への愛?と… このレビューの続きを見る

3.4

>

01:24:By harara diary

今日は「東京タワー」を観ました。 最初の方は、まぁ見てるって感じだったんですが、 後半、樹木希林とオダギリジョーのオカンとボクの親子姿に 自然と涙がこぼれるこぼれる・・・ 見終わってから、 またいろーんなことを感じさせられている私であります>

昭和の母とは、なぜか貧乏で、つつましく、日々の生活に一生懸命で 不平不満を言わず、ひたすら働き頑張るというイメージがある。 普段着るものにもかまわず、働き、ちょっとした行事には、 一張羅を着込み、丁… このレビューの続きを見る

◆あらすじ 1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)は… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 この映画で一気に樹木希林のファンになってしまいました。 タイタニック以来の泣ける映画でした。(途中からずっと号泣…) もともと「売れている!」というものに手を付けない習慣があり… このレビューの続きを見る

生物学的に、あるいは法律上「親になる」ということと 精神的に「親になる」ということがいかに違うか。 ほんものの「親の愛」というものを見ました。 子供をコントロールしようとするお仕着せの愛情と違って … このレビューの続きを見る

「親孝行したい時には親はなし」という ことわざがあるけど、この映画にそれは当てはまらない。 映画の中のリリーフランキーのようにあそこまで 自分の親を愛せるって、実はもの凄いことなんだと思う。 僕は、僕を生んでくれた両親にどんな親孝行ができるのだろう。 JUGEMテーマ:今日観た映画

あ〜〜泣きました。 連ドラのもこみち君がリリーさんを演じた方は見ていました。 あちらはどちらかというとほのぼのと穏やかに静かに終わります。 この映画版の方がもっとリアルで原作を忠実に再現しているよう… このレビューの続きを見る

松竹・2007年4月・142分 【あらすじ】 リリー・フランキーの同名小説を、オダギリジョー、樹木希林主演で映画化した、母子の絆を描いた感動作。昭和の筑豊の炭鉱町で育った主人公・ボクが、平成の東京タワーの… このレビューの続きを見る

先週火曜に見た。 なんたって、出演陣が凄いのなんので…。 小林薫、オトン役なのに何故かリリーさんに似てたしさ。 樹木希林とその娘、もこれまたいい味出してるしさ。 家族について。 上京ってどんなんな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 ひー!一生懸命書いてたのが全部消えた! なきそう! あらためて… ようやくみました。 本は読んでいないのですが、本を読んでみたくなりました。 うまくまとめたダイジェスト版、… このレビューの続きを見る

オダギリジョーが本当に恰好良かった つまらない感想でごめんなさい 東京タワーを見るまできちんとこの人が出演した作品は 見た事が無かったのですが、人気の理由がわかったというか。 かわいいなぁ(*´ェ`*)と。 まぁなんというか、泣いてばかりでした。号泣。 いいお話でしたよん。

オダギリジョーは大好きなので、以前から観ようと思っていた作品。 オダギリジョーって器用な役者で、こういうしんみりした作品から『パビリオン山椒魚』みたいなぶっ飛んだ作品までソツなくこなすとこがとても好… このレビューの続きを見る

あんまり期待せずに見たけど よかった。 オカンがオトンがお見舞いに来るときにおめかしするシーンが すごいすき。 わたしも今まで親に甘えてたぶん 働いたら少しずつ返していこうと思った。

皆様、もうみましたか?? 本当に本当にいいお話。 最後なんて、涙が止まらなくって画面が見れないくらいだった。 本も読んだけど、やっぱりよかったです。 それから、オダギリ・ジョーのファッション!! とってもオシャレ!! 是非、見てみてください

松竹・2007年4月・142分 【あらすじ】 リリー・フランキーの同名小説を、オダギリジョー、樹木希林主演で映画化した、母子の絆を描いた感動作。昭和の筑豊の炭鉱町で育った主人公・ボクが、平成の東京タワーの… このレビューの続きを見る

『東京タワーオカンとボクと、時々、オトン』 DVDでやっと観れました。 そう、劇場でも観ておらず 原作も読まないまま本当に初鑑賞です(^^ゞ 悲しいだけで終わらない、 笑いあり、涙あり。。。 心温まる… このレビューの続きを見る

関連する商品