>
[Amazon] 幻影師 アイゼンハイム [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

幻影師 アイゼンハイム [DVD]
幻影師 アイゼンハイム [DVD]で自分のブログにレビューを書く

幻影師 アイゼンハイム [DVD]

おすすめ!3.6 [3.6](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:112538位
  • Amazon価格:¥ 9,980
  • ユーズド価格:¥ 1,300
  • ISBN/ASIN:B001FMTY6S(東宝)
幻影師 アイゼンハイム [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.6 [3.6]

幼い頃に出会った幻影師に憧れ、奇術の腕を磨く少年エドゥアルドは貴族の令嬢ソフィと恋に落ちるが身分の差から関係を引き裂かれる。それから数年、幻影師アイゼンハイムとしてウィーンに戻ってきたエドゥアルドは… このレビューの続きを見る

 エドワード・ノートンがかっこいい、『幻影師アイゼンハイム』(2006)という映画をこれまたようやく観た。観たのはいいのだけれど、観始めた時に、あれっ、これ前もみたことあるよと思い起こした。まあいい… このレビューの続きを見る

何が現実(本当)で、何が虚構(嘘)なのか…当時の世相を背景に、奇術師である主人公が、身分の差や体制からの圧力を押しのけ、自分の奇術の腕一人で想いを遂げていく様を、実在の人物を織りまぜながら、描かれてい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画  恋愛ドラマだった。 十九世紀末のウィーンに現われたイリュージョニスト、アイゼンハイムは、大衆も貴きもとりこにするも、幼い恋の相手だった公爵令嬢に再会し、一世一代のイリュージョ… このレビューの続きを見る

■Yahoo!あらすじ 

TUTAYAで借りてきたDVD第2弾〜 ネタばれあります。 ご注意をば。 ―すべてを欺いても     手に入れたいもの、             それは君― ぶっちゃけ↑このキャッチコピーにぐっときて借り… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:洋画 映像が美しかったけど、話は私にはつまらなかったです。好みの問題かも…

JUGEMテーマ:気になる★映画&DVD つい最近、上にある"The Illusionist"という映画を観た。 ほんとに驚かされたな〜この映画には・・・ ぜひ、ほかの人にも見てもらいたい 大まかにストーリーを言うと・・・… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画) 幻影師アイゼンハイム19世紀末のウィーン。希代の幻影師「アイゼンハイム」が、繰り広げる愛の幻影を描いた映画です。皇太子と結婚するよう定められてしまった女性ソフ… このレビューの続きを見る

幻影師アイゼンハイム ★原作の脚色と、ポール・ジアマッティの好演が光る佳作 本作『幻影師アイゼンハイム』の原作は、ピューリッツァー賞作家・ミルハウザーの短編小説集『バーナム博物館』に収められた『… このレビューの続きを見る

アメリカでの劇場公開時に口コミですごい話題になって…とニュースで観て、 そんなに面白いのかと思ったものの、 いざ日本公開となったら扱いが地味で…ついついDVD化まで待ってしまいました。 DVDになってもやっぱり扱いは地味だけど、面白かった! 『SAW』を初めて観た時にちょっと近い感覚で、こうくるか!!という感じ。 時代設定が現代ならもっと入り込みやすいんだろうな。

アマゾンのレビューにもあったが「プレステージ」とかなりかぶっていた。 勿論ストーリーは違うが、19世紀ヨーロッパという時代背景。 ともに見世物がはやっていた時代だし、ステージに立つ奇術師が物は違うが、… このレビューの続きを見る

ニール・バーガー監督作品(2008)。 全体のイメージとして、『ルパン三世カリオストロの城』を思い浮かべると、どうだろう。 登場人物の役割分担的にそんな感じでどうだろう。 あと、演出的にロミジュリ効果も追加でどうだろう。 ……そんな物語って、どうだろう?

★★★★☆4点 手品とかいう次元を超えてて 途中完全にCGだしてたのにはちょっと笑った。 幻影師っつーかCGだす。 もうちょっと子供時代の二人の苦悩とかを 後半にいかすとかしてほしかったかなーとか思った。 観客同様、幻影にただまどわされすぎ。 でも流れがいいので スムーズに最後まで見ることができました。 面白かった事は面白かった。

2006 アメリカ, チェコ 洋画 ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:スゴイ 出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル オーストリア大使館後援だ… このレビューの続きを見る

『幻影師 アイゼンハイム』を観た。 面白すぎた! エドワード・ノートンの演技にしてやられました。 原作はスティーブン・ミルハウザー。 柴田元幸さんが翻訳していて、前からちょっと気になってはいたのだけど まだ手を出していない作家。 本も読んでみようっと。 JUGEMテーマ:おすすめの一本!!

関連する商品