>
[Amazon] 知的生産の技術 (岩波新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)で自分のブログにレビューを書く

知的生産の技術

おすすめ!3.7 [3.7](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:2067位
  • Amazon価格:¥ 864
  • ユーズド価格:¥ 116
  • ISBN/ASIN:4004150930(岩波書店)
知的生産の技術 (岩波新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.7 [3.7]

民俗学や比較文明論を専攻する 梅棹忠夫の名著『知的生産の技術』を読む。 くりかえしていうが、今日は情報の時代である。 <中略> 個人としても、どのようなことが必要なのか、 時代とともにくりかえし… このレビューの続きを見る

梅棹忠夫さんが亡くなりました。   →民族学者で文化勲章受章者の梅棹忠夫さん死去、90歳(朝日新聞、2010/7/6), 天声人語でも業績を称えています。「知のデパート」の静かなる閉店である。享年90。民族学者… このレビューの続きを見る

読了

06:08:By hazu blg

 2004-10-18 09:01:38

研究資料などの様々な整理方法が考察されている。日常生活で領収書や何かの取扱説明書などの整理にも十分活かせるもので、とても参考になった。

JUGEMテーマ:読書 この本が発行されたのは1969年。この本のなかで著者が指摘している問題点は情報社会と言われる現在でもまったく変わっていないのではないだろうか。これは「情報の文明学」を読んだ時にも… このレビューの続きを見る

 カードの取り方やその整理の仕方の解説。  「知的生産の自術について、一番かんじんな点はなにかといえば、おそらくは、それについて、いろいろと考えてみること、そして、それを実行してみることだろう。た… このレビューの続きを見る

PCで文書を管理する前に出版された本なので、 主に紙ベースの文書の保存方法などについて 記載されています。 1969年の本ですが、読書についての記載、 メモのとりかたなど、まだ現在でも使える部分がたく… このレビューの続きを見る

題名からして「ぐっ」とくる本だ。 中身はというと実は初版1969年。 仕事術のはしりのような本のようです。 誰かの本を読んで紹介してあったのがきっかけ(誰かわすれた)で読んでみました。 196… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 題名からして「ぐっ」とくる本だ。 中身はというと実は初版1969年。 仕事術のはしりのような本のようです。 誰かの本を読んで紹介してあったのがきっかけ(誰かわすれた)で読んで… このレビューの続きを見る

40年近く前の本だが参考になる点数多し。もちろん古くて使えない話もあるのだが、現代のものに置き換えて読むのとまた面白い。紹介されている内容が現代においてもそのまま使えるものもあるのがスゴイ。いわゆるハウツー本とは違うのだが、やはり古典とも言うべき本書は一読の価値はあるだろう。

名著とよばれ延々と版を重ねているベストセラーなので今更読むのかと躊躇していたが、しかし読むと驚くのである。 初版発行1969年といえば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/1969%E5%B9%B4 である。40年も前に… このレビューの続きを見る

のりちゃんに京大式カードのことを聞かれたときに古本屋さんで買って、そのまま放置していた一冊。卒論がリアルにのっぴきならなくなってきたので、ちょっとでもためになればと思って慌てて読んだが、著者独特の効… このレビューの続きを見る

 最近この手の本、「知的生活」についての本を大量に読んでいます。もともと僕は速読や記憶法などに興味があったのですが、最近の興味は特別な技術を得ることではなく、誰でも出来る基礎的な技術を再確認したいと… このレビューの続きを見る

関連する商品